就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの歌がうるさく感じる。大きな声で歌う原因と対応法

子どもの歌がうるさく感じる。大きな声で歌う原因と対応法

うるさい声を上手にコントロールする方法

騒音問題がないフィンランドの保育園

寒いフィンランドの建物は、一般の家屋でも厚い壁と二重窓を使用しているので、防音効果も高くなっています。日本は寒さより暑さ対策が重要で二重窓の家が少ないため、音が聞こえやすいのです。

また、フィンランドの子どもは静かだといわれています。フィンランド人は「子どもはシャイでよい」といい、そこに住む日本人は「子どもに覇気がない」と感じるそうです。

フィンランドの親は、家で子どもが大声を出すと叱りますし、遊んでテンションが上がってくると「寝つきが悪くなる」と静かな遊びに切り替えます。保育士は、子どもが大声を出すと、近所への配慮ではなく自分が不快に感じて注意するのです。

日本で「子どもはうるさいもの」だという認識なのは、元気な子どもを育てている証拠なのです。

声の大きさを数字などの目安で伝える

場に合わない大きさの声を出してしまう子どもに「うるさい」といっても、今どのくらいの大きさなのか、どこまで声を下げたらよいのかが分からないものです。

そこで、声の大きさの目安が分かるように数字やもので例えると、子どもが理解しやすくなることがあります。

声は5段階くらいに分けるのがおすすめです。数字が分かる子や数字が好きな子には「1の声」から「5の声」と教えるのもよいですし、子どもの好きな動物を例にして「ねずみさんの声」から「ぞうさんの声」までと分けるのもよいでしょう。子どもの興味に合わせて考えるのも楽しいのではないでしょうか。

また、ママが手で大きさを表現する方法もあります。見た目で分かるので子どもが理解しやすいですよね。

ルール作りと大声の原因にあった対処

大声を出さないようにといっても我慢しすぎるのはよくありません。ルールを作り、大声を出す機会を作ってあげることも大切です。大声を出してしまう「とき」「場所」「理由」を知り、それに合った対処をしましょう。

「建物の外に出てから声を出そうね」「大きな声は公園に着いてからね」「電車から降りたら声を出していいよ」など、シチュエーションにあった約束が効果的です。

また、大声を出さない時間を作って練習するのもよいですよ。短時間で終わりが分かるように「朝の会だけ」「トイレに入ってる間だけ」などから始めて、少しずつ回数や時間を増やしていきましょう。

また「我慢できたらカラオケに連れて行ってあげる」と約束してうまくいったという話もありますよ。

まとめ

子どもが大声で歌う理由と対処法について紹介しました。

子どもが大声を出すには理由があります。大声を出してしまう状況を知り、それに合った対処をするようにしましょう。大切なのは、大声を出すときと出さないときを教え、大声を出す機会も作ってあげることです。

もしも自閉症などの発達障害を疑う場合、自己診断は禁物です。

乳幼児健診では、一定の発達が見られないことがあると、保健師との定期的な面談や専門医の紹介をしてくれます。ママが不安に思う場合は、まずは自治体や病院で相談してくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND