就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の爪の切り方のポイントは?うまく切るコツと困りごとの対処法

幼児の爪の切り方のポイントは?うまく切るコツと困りごとの対処法

ママがこまめな爪切りを心がけていても、子どもの爪はすぐに伸びてきてしまうものですよね。とくに、幼児期には爪切りを嫌がる子も多いですから、爪がうまく切れなくてお困りのママもいるのではないでしょうか。今回は、幼児期の子ども爪の特徴や、正しい爪の切り方、また爪を上手に切るコツなどをご紹介します。

幼児期の爪は弱い!特徴と爪切りの必要性

幼児期に起こりやすい爪の症状

幼児の爪は柔らかく薄いため、ちょっとしたことでトラブルを抱えてしまいます。幼児期に起こりやすい爪の症状を見てみましょう。

〇スプーンネイル
爪の角が反り返った状態のもの。手足の指に力を入れることで、爪に負荷がかかり、爪が反りやすくなる。とくに1〜3歳くらいの子どもに多く見られる。

〇巻き爪
爪の両端の先端部分が、内側に向かって巻き込んだ状態のもの。爪の切りすぎなどによる深爪が、主な原因だとされる。巻き爪が進行すると、爪の角が周りの皮膚に刺さって炎症を起こす、陥入爪(かんにゅうそう)になることも。

〇爪周囲炎(そうしゅういえん)
爪の間に雑菌が入ることで、爪の周りが炎症を起こし、赤く腫れたり痛みを生じたりする。

〇咬爪症(こうそうしょう)
爪を噛む癖のこと。爪の噛みすぎで先端がギザギザになっていたり、表面がデコボコしていたりする。

このほかにも、「欠けやすい」「薄くはがれている」など、さまざまな症状があるようです。子どもが成長するにつれ、自然と改善されるケースが多いものですが、症状が悪化している場合は、早めに皮膚科に連れていきましょう。

こまめにチェック!伸びすぎはけがの原因に

ママはいつもどれくらいの頻度で子どもの爪を切っていますか?幼い子どもの場合は、爪切りがスムーズにいかないことも多いですから、「爪を切るのはまた今度にしよう…」という風に、ついつい先延ばしにしてしまいがちですよね。

しかし、子どもの爪が伸びすぎていると、思わぬけがを引き起こす原因になることもあります。

例えば…
・爪がなにかに引っかかって、割れたり、はがれたりする。
・遊んでいるときに、お友だちをひっかいてけがをさせてしまう。
・顔や体がかゆいときに、爪でかいた部分を傷つけてしまう。

爪が伸びすぎていれば、砂遊びや粘土遊びなどの後にも、爪の中に汚れが溜まりやすくなります。また幼児期には指しゃぶりや、爪を噛む癖のある子も多いので、手を汚れたままにしておくと、ばい菌を直接取り込みやすくなってしまいます。子どもの安全や衛生のためにも、爪をきちんと切ることが大切ですね。

爪切りの頻度は、1週間に1回くらいが目安になりますが、爪の伸びるスピードには、個人差があります。日頃から、こまめに爪の長さをチェックしておくようにしましょうね。

幼児の爪切りのポイントとうまく切るコツ

爪の長さは白い部分を少し残して切る

爪に汚れが残らないようにと、ママが必要以上に子どもの爪を切りすぎることがありますよね。深爪すると、ネイルヘッド(爪のピンク色の部分)や指先の皮膚が露出した状態になるため、指先の機能が低下したり、巻き爪になったりしやすくなります。

スクエアカット(爪を四角い形に切る切り方)なら、巻き爪にもなりにくく、ネイルヘッドを美しく保つことができます。

〈スクエアカットのやり方〉
1)ネイルヘッドの先端にある、白い部分を1~2mmほど少し残し、爪の角は切らずに端から直線的に切る。
2)残した角をやすりで少し丸く整える。

爪の先端の白い部分がなくなるまで切ると深爪になりますので、注意しましょう。正しい爪の切り方で、健康的な爪を育ててあげたいですね。

幼児を膝にのせて姿勢を安定させる

幼い子どもは、爪を切る間にもじっとしていないことが多いですね。ただ、爪切りの最中に子どもが動いてしまうと、ケガをしたり、深爪したりするリスクが高まります。爪を切る際は、子どもを自分の膝の上に座らせるなどして、安定した姿勢を保つように心がけましょう。

爪を切るときには…
・手の爪…子どもの手全体を、動かないように自分の手で押さえ、爪を切る指を自分の親指でしっかりと押さえながら切る。
・足の爪…自分の手のひらで、子どもの足の裏全体を押さえ、爪を切る指を自分の手の親指でしっかりと押さえてから切る。

もし、子どもが動いてしまう場合は、パパにも協力してもらいましょう。パパが抱っこしている間に、ママが爪を切るなどして二人で行えば、爪切りもスムーズにできますよ。

足の爪はスクエア型に整えて巻爪防止

足の爪を切るときに、手の爪と同じように丸っぽい形に切っていませんか?実は、この切り方だと、巻き爪を引き起こしやすくなってしまうんです。

足の爪は、体重などの衝撃が加わりやすい部分ですから、とくに強度の高い爪の形に整えておく必要があります。足の指の形に合わせたスクエア型の爪なら、丸く切るよりも面積が広いので、衝撃にも強く、巻き爪になりにくくなります。

また、一般的に多く使われているグリップタイプの爪切りは、爪がよく切れる構造になっていますが、その分、爪にかかる負担も大きくなります。爪への負担は、爪のトラブルの原因となってしまいますから、子どもの爪を切るときは、爪への負担の少ないはさみタイプの爪切りか、ニッパータイプの爪切りを使用するとよいでしょう。

幼児の爪切りの注意点と困りごとの対処法

お風呂上がりは柔らかいので切りすぎに注意

子どもの爪を切るタイミングで、できるだけ避けてあげたいのがお風呂上がりです。

大人の場合は、入浴後に爪を切るのがちょうどよいともいわれていますが、幼児の場合は、爪が水分を含むことで、いつもよりさらに柔らかくなっています。爪が切れやすくなることで、深爪させたり、爪の周りの皮膚まで一緒に切ったりしてしまうかもしれません。

爪切りは、できるだけ入浴前か、入浴直後を避けて行うようにしましょう。もし、入浴直後のタイミングしかないという場合には、切りすぎないように細心の注意を払ってあげてくださいね。

深爪や割れるなどトラブルのときの対処法

幼児の爪は伸びるのも早いので、爪が少し欠けていたり、爪の先端が薄くはがれていたりしているくらいであれば、さほど気にすることもないようです。やすりで爪を整えながら様子を見ましょう。

ただ、ひどい深爪や、爪が割れるなどした場合には、傷口からばい菌が入りやすくなります。流水で指先を洗って、その上からばんそうこうで爪をカバーしてあげてください。

爪がはがれてしまった場合は、患部を流水で洗い、はがれた爪を元に戻して乗せ、ガーゼや包帯などで固定します。その後すぐに、皮膚科、または整形外科か外科を受診するようにしましょう。

爪切りを嫌がるときは紙やすりがおすすめ

ママがうっかり子どもの爪を切りすぎて、深爪させた場合などは、子どもも痛がって、爪切りを嫌がるようになってしまうものですよね。

無理やり爪を切ると、子どもはますます爪を触らせてくれなくなります。どうしても子どもが爪切りを嫌がる場合は、爪用の紙やすりで爪をこすってあげるとよいでしょう。1日のうちに、子どもの爪をそれぞれ数回こするだけでも、適切な長さを保つことができます。

この方法なら、子どもが急に動いてもけがをする心配がありません。短時間で済むので、子どもも慣れやすいそうですよ。

爪切りが嫌いな子には遊び感覚で少しずつ

爪を切られるのを怖いと感じていたり、まだまだ遊んでいたい気分だったり…。子どもが爪切りを嫌がる理由も、きっと色々あるでしょう。爪切りがスムーズに行えるように、子どもの爪切りに対するイメージを楽しいものに変えてあげましょう。

まずは、親が楽しそうに爪を切っているところを見せてあげるとよいですね。爪を切るたびに、「わ!飛んで行った!」「ほら!切れたよ!」などとオーバーにして見せれば、子どもも真似したがるかもしれません。遊び感覚で少しずつ行うことが大切です。嫌がる場合には、無理して切らず、数日に分けて切りましょうね。

まとめ

幼い子どもは、爪をすんなり切らせてくれませんから、爪を切るときにはママも毎回大変な思いをしてしまいますよね。でも、子どもの爪切りは、ママの膝の上にのせて抱っこしたり、小さな手を握ったりと、親子が触れ合える大切なひとときでもあります。子どもとのコミュニケーションを楽しみながら、無理せず、少しずつ行うようにしてくださいね。

手の爪にも、足の爪にも、それぞれ重要な役割があります。正しい爪の切り方で、子どもの爪をトラブルから守ってあげましょうね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018