就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳の男の子におすすめの遊び。屋内と屋外別のおもちゃをご紹介

6歳の男の子におすすめの遊び。屋内と屋外別のおもちゃをご紹介

6歳にもなると1人でできることが増えて、手もかからなくなってくるころですが、まだまだママと遊びたい年ごろです。6歳はどんな時期なのかを踏まえ、今回は男の子のおすすめの遊びやおもちゃを屋内・屋外別に紹介します。遊びで困っているママ必見ですよ!

6歳の男の子はさまざまなことを覚える時期

生活面において1人でできることが増える

6歳になると小学校へ入学し新しい生活や挑戦が始まりますよね。小学校での新たな集団生活で勉強のほかにも人間関係など、さまざまなことを学び成長していきます。

6歳になると、子どもとしての基礎ができてくる時期といわれています。早寝早起きや学校の準備など、生活面において1人でできることが増えてくるので、ママも子育てが楽になってくる時期かもしれませんね。

学校生活での集団生活やマナーやルールなども理解できるようになるので、この時期に身につけさせることが大事ですよ。小学校での生活が心配なママもいるかと思いますが、子どもは親の心配をよそに順応していきます。小学生らしく成長していく姿を見守っていてあげましょう。

ひらがなや数字の読み書きを学ぶようになる

ひらがなや数字の読み書きは小学校に入学してから勉強をするものですが、最近では保育園や幼稚園でひらがなや数字を学ぶことも多いですよね。小学校によっては「入学までに自分の名前を書けるようにしておくこと」となっているところもあるそうです。

それにより、6歳の時期はひらがなや数字の読み書きを学ぶようになり、興味が出てくる時期なのだそうです。自分で本が読めたり、数字が書けるようになったり、簡単な足し算や引き算ができるようになったりする子どもが増えているので、子どもが興味を持ち始めたら家庭でも簡単なワークなどを取り入れてみてもよいかと思いますよ。

ワークは100円ショップで売っているものでも活用できます。お手軽に学ぶ楽しさを家庭で教えてあげられたらよいですね。

好きなことに集中して取り組むようになる

6歳は集中力が向上する時期です。今まですぐに飽きてしまっていた子どもでも好きなことには集中して取り組むことができるようになる傾向にあります。

この成長の機会に勉強をすることの楽しさなどを教えておくと、小学校の45分授業も集中して取り組めるようになるでしょう。子どもが興味を持ったことを積極的にやらせてあげるようにし、得意なものを見つけ、伸ばすことで子どもの自信にもつなげることができますね。

気をつけたいのは、パパやママの希望でやらせたいものを子どもに押しつけること。子どもは無理にやらされている気持ちになってしまいます。それにより親子関係が崩れてしまう可能性もあるので、やらせたいと思ったものは子どもに相談してから行うようにしましょう。

室内遊びで楽しく学べるおもちゃ

考えるトレーニングにもなるパズル

パズルは完成した絵を想像したり、どのピースがどの場所に入るのかを予測したりと想像力を必要とするおもちゃです。また、たくさんあるピースをじっくりと見極めて選び出す行動で観察力が身につき、ピースの形や色を見てすぐに選ぶことができる行動は直観力に結びつき養うことができますよ。

パズルの遊び方を教えることは大変ですが、枠から作ることやピースごとに色分けすることなど、工夫するようアドバイスをしてあげましょう。パズルの作り方を試行錯誤していくことで思考能力がアップし、集中して取り組むことで記憶力が向上していきます。

何度もつまずきながら完成させることで達成感を得ることができ、今後の意欲になることでしょう。

トランプは遊びながらルール性が身につく

子どもが集中して行う遊びの一つとしてトランプがあります。家族みんなで楽しめるトランプは遊びながらルール性を身につけることができます。

トランプはいろいろなゲームがありますが、6歳の子どもがやると盛り上がるのが「ババ抜き」です。ババ抜きは同じカードがあったら捨てる、最後までババを持っている人が負けと、ルールが簡単。同じ数字がないか探すなど、集中力や数字の勉強にもなりますよね。

「神経衰弱」もルールが簡単で楽しめます。ほかの人がめくったカードの場所や数字を記憶するので、文字どおり神経を使うゲームですよね。ルール性が身につくほかに、記憶力の向上になりますよ。6歳くらいの記憶力はあなどれず、パパやママが真剣にやっても普通に負けてしまうこともあります。

工作で器用さと想像力を発見

保育園や幼稚園でもトイレットペーパーの芯などを使って工作をする機会がありますよね。工作は、ハサミやのり、テープを使ったりどんなものを作るかを考えたりと、器用さと想像力の発見につながりますよ。とくに男の子は工作が大好きな子どもが多いのではないでしょうか。

材料は工作キットを買わなくても、家にある空き箱や容器などで代用できます。身近な素材でなにが作れるかチャレンジさせてみましょう。大人には想像できないものを作り上げることもあるので、できあがった作品に驚かされ子どもに感心することも。

急に「工作をしたい」といわれたときにすぐ対応できるように、工作で使えそうな材料はとっておくといつでも遊べてよいですね。

外遊びにかかせない遊び場&おもちゃ

遊び場はやっぱり定番の公園

外遊びは運動能力を向上させてくれる最高の遊びです。とくに公園は、運動能力のほかに、知的好奇心・忍耐力・コミュニケーションスキルなどを向上させるのに最適な遊び場です。

家族とだけでなく、子どもの友達と一緒に公園に出かけ、子どもたちを公園で自由に遊ばせ、親は見守っているのみ、という過ごし方が理想的といわれています。理由として、「子どもたちだけで自由に遊ぶ方が、身体を動かしている時間が長い」という結果もでており、子どもたちで考えたルールや遊びをすることで、多くの動きを経験できるのだそうです。

また、パパやママの前ではワガママをいってしまう子どもでも、友達と一緒に遊ぶことで我慢を覚えるようになるので、心の面でも成長することでしょう。

男の子のボール遊びの定番はサッカー

男の子の外遊びは、ボールを使うことも多いですよね。6歳の男の子には、ボール遊びの中でもサッカーが大人気です。公園などでは、冬でも汗をかきながら遊んでいる男の子の姿が見られますよね。

サッカーは1人で楽しむことができ、サッカーボール一つあればリフティングやドリブルの練習、壁があればパスなどの練習ができます。公園に行かなくても庭で手軽にできるのでよいですよ。

なによりも1番のメリットは体力がつくこと。リフティングやドリブルは足をあげたり走ったりと、意外と体力を使います。続けることでいつの間にか足が速くなったということも。また、友達と一緒にサッカーをすると、どうすればうまくパスができるのかなどを考えるので思考力の向上にもなるでしょう。

乗り物ではキックボードが男の子に人気

6歳の男の子となると、自転車は補助輪なしで乗れる子が増えてきます。しかし、近所を自転車で走るのはママが心配になりますよね。公園が安心ですが、遠い場合は自転車を公園まで持っていくのは大変です。

自転車以外に男の子に人気の乗り物が、キックボードやブレイブボードです。公園にも手軽に持っていくことができ、まだ自転車に乗れない子どもも楽しむことができますよ。

キックボードはバランス感覚を養うことができます。最初は曲がることが難しいかもしれませんが、1日遊んでいると徐々に乗りこなしていけるので、達成感を味わうことができるでしょう。しかし、転倒や思わぬ事故につながってしまう可能性もあるので、ヘルメットやひざあてをつけてあげて、子どもをケガから守りましょう。

まとめ

6歳という年齢は、小学校に入学し勉強するだけではなくさまざまなことを学び、ママが手助けしなくても、1人でできることも増えてきます。「子どもが少しずつ自立していくのが寂しい」と感じるママも多いですが、子どもがやる気を出しているときは優しく見守ることが大切ですよ。

また、6歳の男の子は外遊びも好きな子が多いですよね。子どもの安全を見守るだけではなく、パパやママもぜひ一緒に体を動かして楽しく遊びましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018