就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママは毎日化粧をする?する派しない派の意見や時短メイクのポイント

ママは毎日化粧をする?する派しない派の意見や時短メイクのポイント

育児や家事で毎日あわただしく、自分のことはつい後回しになりがちですよね。キレイに化粧をしているママを見て自分と比べてあせったり、気落ちしたりしてしまうこともあるかもしれません。化粧のメリット、ノーメイクのメリットと、時短メイクのコツなど、忙しいママならではのメイクのお悩みについて、ご紹介します。

毎日化粧を【する】ママたちの意見

化粧は女性の身だしなみの一つ

近所のスーパーや児童館、幼稚園の送り迎えなどで、しっかり化粧をしているママに出会ったとき「いつもこんなにキレイにしているの?」とあせった経験があるママもいると思います。

ワーキングマザーも含めたママへのアンケートでは、およそ36%が「毎日メイクをする」、約21%が「週5~6はメイクをする」と回答しています。多少なりとも化粧をしているママが多いようです。

毎日化粧を【する】というママからは「すっぴんで知り合いに会うのが恥ずかしい」「化粧は大人の女性のマナーと聞いた」という意見がありました。朝、パジャマから洋服に着替える感覚で化粧をしているというママが多いようです。化粧を女性の身だしなみの一つとしてとらえているのです。

化粧をすると気持ちが引き締まる

「化粧療法」という言葉をご存知でしょうか。メイクをしたり、身だしなみを整えたりすることで、自分に自信が持てて前向きな気持ちになり、意欲的になれるといわれており、抑うつ気分解消の一つの療法として注目されています。

化粧療法は、高齢者介護施設などでも取り入れられており、「人との交流や積極的に外出することに前向きになった」いう結果が出ています。その結果を裏付けるかのように、実際、化粧を【する】派のママからも「メイクをすることで気合が入る」「1日のスイッチがONになる」という意見が聞かれます。

一部のママにとっては、化粧をする時間は自分と向き合う時間であり、気持ちを切り替えたり、気分を上げたりする効果があるというのです。

子どもも大事だけど自分もキレイでいたい

毎日子どものことが優先!だけれども、パパや子ども、ママ友から「キレイだね」「かわいいね」といわれると、うれしいものです。キレイでいたいという気持ちから化粧を【する】ママは、日焼け止めを塗る、定期的にパックをするなど、スキンケアに力を入れている方が多いという傾向も見られます。

また、30~40代のママからは「年齢的にメイクをしないと老けて見える」という意見も聞かれます。出産直後には余裕がなくて化粧をしないことが多かったものの、ふと年齢を重ねた自分の姿を鏡で見てショックを受け「若々しくありたい!」という気持ちから化粧をはじめたというママも多いようです。

いくつになっても、ママになっても、キレイでいたいという女心を尊重したいですね。

毎日化粧を【しない】ママたちの意見

化粧をするのが面倒くさい

一方で、毎日化粧を【しない】ママからは「化粧をするのが面倒くさい」という意見があがります。

しっかり化粧をするとなると、下地、コンシーラー、ファンデーション、パウダー、アイシャドウ、ビューラー、アイライナー、マスカラ、アイブロウ、チーク、口紅と非常に行程も多いですよね。さらにスキンケアも含めると、もっと増えます。メイク好きのママでなければ、忙しい中で毎日この行程をこなすことに面倒くささを感じても当然です。

化粧を【する】ママも、「下地やコンシーラーにもなるオールインワンファンデーションやBBクリームを使う」「アイライナーやチークを省略する」となどと行程を減らして必要最低限の化粧にし、面倒くささをカバーする工夫をしているようです。

子どもの肌や服に化粧品がつくのがイヤ

子どもが小さいうちは、お世話やスキンシップで肌と肌とが触れ合う場面が多くあります。デリケートな赤ちゃんのほっぺにファンデーションや口紅が付くことで肌荒れを起こさないか、自分の顔に触れた手を口に入れないかと心配なので、化粧を【しない】というママたちの意見も聞かれます。

特に抱っこが多い低年齢の子どものママや、アレルギーやアトピーなど肌が弱い子どものママに多く見られます。また、この点は、化粧を【する】ママの中にも気になっている人が多いようです。

やわらかい、もちもちほっぺをスリスリできる時期は、子どもが小さいうちだけ。自分の化粧が気になってしまって、子どもとのスキンシップを思う存分できないのがイヤ!というママの意見もうなずけますよね。

時間がなく、自分のことは後回しだから

気が付いたら子どもが飲み物をこぼしていたり、着替えたあとにうんちをしたりと、ハプニング続きで自分の支度は不十分のまま家を出る…。お風呂のあとは子どもに保湿剤を塗って、急いで服を着せて、気が付いたら自分は裸のままで顔もカサカサ…。自分のことに時間が持てなくても当然ですよね。

ときには自分のことができずにストレスを感じるかもしれません。ですが、子どもが笑顔だったらそれでよい!と気持ちを転換できると素敵ですよね。

子どもは成長するにつれ自分でできることが増えていきます。例えば「子どもがトイレに行っている間に化粧水をつける」「子どもが着替えている間に化粧をする」など、少しずつ自分の支度にかける時間も取れるようになりますよ。

知りたい!時短で化粧をするポイント

寝起きに貼るだけ、オールインワンマスク

美意識の高い女性が高確率で取り入れているのが「シートマスク」です。顔に貼りさえすれば、両手があけられ、家事や子どものお世話ができますね。化粧水が浸透するようにとコットンでパッティングする必要もありません。

なかでも、朝、寝起きに貼るだけのオールインワンマスク、その名も『サボリーノ』が人気です。スキンケア、化粧下地だけでなく、なんと洗顔まで省略できてしまうとのこと。特に忙しい朝には助かりますよね。

『LuLuLun』などの箱タイプのシートマスクも人気です。友人ママは、開封が面倒くさくて個装のシートマスクは持続できなかったけれど、ティッシュのように簡単に引き出せる箱タイプに替えてから、毎日続けられるようになったと話していました。

1アイテムを複数使って時短メイク

化粧をするにせよ、何分も時間をかけられないのが現実です。子どもの支度が優先で気が付いたら「まだ化粧していないのにもう出る時間!」ということもよくありますよね。

簡単に時短できるコツは、一つで何役もこなせるアイテムを使うこと。「下地、コンシーラー、ファンデーション、日焼け止めをBBクリーム一つでまかなう」「ブラウン系のアイブロウをアイシャドウとしても使用する」など、行程を減らすことでメイク時間を短縮できます。

アイライナーとアイブロウが一体化しているアイテムや、リップとしても使えるクリームチークなどもおすすめです。ぜひ化粧品売り場をチェックしてみてくださいね。また、マツエクは仕上がりもキレイな上にビューラーの時間を短縮できますよ。

時短スキンケアだけでも印象は変わる

すっぴんがキレイだといわれる芸能人はスキンケアに時間をかけているそうです。しかし、育児や家事で忙しい中でなるべく時間はかけたくないですよね。

「化粧をしっかり落とす」「洗顔・お風呂のあとは保湿する」といった基本的なスキンケアをほんの少し心がけるだけで、お肌の印象は変わるものです。両手があけられるシートマスクは家事や子どものお世話を中断しなくてよい上に、しっかり保湿ができておすすめですよ。

お風呂あがり、子どもに保湿剤を塗った手でそのまま自分の体にも塗るのもよいでしょう。最近は、子どもによく処方される保湿剤『ヒルドイド』が美容効果も高いと話題になりました。

時短スキンケアを意識して、ファンデーションいらずのキレイな肌を目指しましょう。

まとめ

化粧【する】派のママの意見やキレイでいたいという女性としての思いも、【しない】派のママの意見や子どもを優先したいというママとしての思いも、どちらも尊重すべきものです。

結婚式など、TPOに応じ多少の化粧が必要な場合もあるかもしれません。ですが「化粧が負担」「子どもへの影響が不安」ということならば、普段はノーメイクで過ごす、気負わない程度の化粧で過ごせばよいでしょう。ママの気持ちが一番大切です。

なにより、化粧の有無にかかわらず、ママを一番輝かせるのは「笑顔」であることを忘れないでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018