就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋の公園は赤ちゃんも大好き!お出かけの注意点と冷え対策アイテム

秋の公園は赤ちゃんも大好き!お出かけの注意点と冷え対策アイテム

涼しく過ごしやすい秋、赤ちゃんと一緒に秋の自然をめいっぱい楽しめる公園へお出かけしたくなりますよね。秋は過ごしやすい一方で気温差がはげしく、赤ちゃんとお出かけするには注意が必要です。ここでは、赤ちゃんと一緒に秋の公園へお出かけするときの注意点と、あると便利なお役立ちアイテムを紹介します。

赤ちゃんも喜ぶ!秋は公園にぴったりの季節

空気が澄んで涼しく過ごしやすい

暑さがやわらぎ、少しずつ涼しさが増していく秋。空気も澄んで、公園へお出かけするのにぴったりのさわやかな季節です。

家でずっと赤ちゃんと2人で過ごしていると、一日がとても長く感じ、息がつまってついイライラしてしまうこともありますよね。そんなときは、赤ちゃんと一緒に公園に出かけてみましょう。

秋のさわやかな風を感じ、草花や石、水の流れなどいろいろな自然のものを見たり触れたりするだけでも、赤ちゃんにとっては刺激がいっぱい。ママの気分のリフレッシュにもなるはずですよ。

はりきって特別な場所へ出かける必要はありません。近所の公園へ出かけて、赤ちゃんとパパやママの興味のおもむくままお散歩してみましょう。

落ち葉や木の実など秋の自然を楽しめる

秋の公園は、子どもが大好きなものの宝庫です。色とりどりの落ち葉やどんぐり、真っ赤な木の実など、見つけては拾い集める子も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんと公園にお出かけしたら、ぜひそういった自然物を触らせてあげてみてください。あんよを始めた赤ちゃんなら、きれいな葉っぱやどんぐりなどに興味津々で向かっていくかもしれませんね。全身、汚してもいい服を着せて気のむくままお散歩してみましょう。

まだあんよのできない赤ちゃんには、パパやママが拾って近くで見せてあげましょう。持たせて触感を楽しんでもいいですね。大きな落ち葉に穴をあけてお面をつくり、パパやママがいないいないばあをしてあげると喜んでくれるかもしれませんよ。

外遊びが増えると食欲も出る!

外には家の中にはない刺激がいっぱい。外遊びをすることで、生活リズムが整い、食欲も出て、心身ともに健康に過ごす土台が作られやすいといわれています。

赤ちゃんのうちから、家の中にこもりきりならないよう外に出かける習慣をつけておくといいかもしれませんね。昼間に日光を浴びることで、夜はしっかりと眠れるメラトニンというホルモンが分泌されます。しっかり食べて眠ることで免疫力も高まり、強い体が育っていくそうですよ。

外で体を動かして遊ぶと、エネルギーを使うためしっかりと空腹を感じることができ、次の食事をおいしく食べられます。秋は外遊びに適した季節です。たくさん外で遊んで、たくさん食べて、心身ともに健やかに成長していってほしいものですね。

秋の公園、どんなことに気をけたらいい?

出かける時間帯に合わせて服を選ぶ

秋になると朝夕と昼間の気温差が激しくなってきます。昼間は汗がにじむほどであっても、夕方になるとぐっと冷え込み、肌寒くなることもありますよね。公園へお出かけするときには天気予報などをチェックして、気候に合った服装で出かけるようにしましょう。

薄着で過ごすと、免疫力や体力がつきやすいといわれていますよね。赤ちゃんは、大人の服装マイナス1枚を目安にするとよい、などともいわれます。昼間の暖かい時間帯に出かけるなら、半袖にするなど薄着を心がけましょう。

大人に比べて赤ちゃんは暑がりで汗かき。汗をびっしょりかいて、気温が下がってきたときに体が冷えてしまうこともあります。出かけるときには着替えを用意しておくとよいですね。

体温調整のしやすい重ね着がおすすめ

一日の中でも気温差が激しくなってくる秋の公園へのお出かけは、体温調節をしやすいよう重ね着でお出かけするとよいでしょう。基本は肌着+ロンパースなどのアウターですが、そこに、肌寒くなったときに着せる薄手のアウターを用意しておくとよいですね。なるべく上に上に、と重ねておくと、暑くなったときに脱がせやすく、体温調節がしやすいですよ。

ベビーカーなら、ブランケットを用意しておくと肌寒くなったときにさっとかけられて便利です。抱っこでお出かけするときに、抱っこ紐から足がにょっきり出ていて寒そうなら、レッグウォーマーなどのアイテムも便利ですよ。

着せたり脱がせたりしやすい重ね着で、気温の差に対応できるようにしておきましょう。

赤ちゃんが寒いときのサインを知る

薄着がよい、とは聞いていても、赤ちゃんは言葉で暑さ寒さを伝えられないので調節が難しいもの。赤ちゃんが寒いと感じているサインをチェックしてみましょう。

・手足が青白くなる
赤ちゃんは手足で体温調節をしています。そのため、暑いときは手足が温かく、寒いときには手足が冷たくなりますが、手足が紫色や青白くなっているときには赤ちゃんは寒がっているはずです。

・顔から血の気がひく
気温の低い日にプールに入って体温が奪われ、唇が青くなった経験がある方もいるのではないでしょうか。赤ちゃんも寒くなると顔から血の気が引き、唇が青みを帯びてきます。

そのほか、寒いときには丸まって体を縮めるようにして泣くこともあるそうです。

赤ちゃんの冷え対策に!お役立ちアイテム

寒くなったらさっと着れる、薄手の羽織物

冷え対策の王道といえば羽織ものですよね。夏から秋への季節の変わり目には、脱ぎ着のしやすい薄手の羽織物がおすすめです。

パーカーやジャケットなどいろいろと羽織物はありますが、赤ちゃんにおすすめなのは柔らかいカーディガンです。寒くなればさっと着せることができますし、お座りが安定していない赤ちゃんでもカーディガンなら脱いだり着たりさせやすいですよね。フード付きのパーカーなどのように、ねんねのときに背中がもたつくこともありません。

肌の弱い赤ちゃんには、コットンの柔らかい素材のものを選んであげるとよいかもしれません。パイル地で着心地のよいものもありますよ。小さく折りたためてバッグに入れられるものが便利です。

優しく体を包む、ベビーブランケット

お出かけ時に大活躍なのが、ベビーブランケット。肌寒くなってきたときの風よけだけでなく、大判なものなら授乳ケープとしても使えますね。赤ちゃんが動き回るようになって出番が少なくなったおくるみも、秋のお出かけ時に再び活躍する機会が出てくるかもしれません。

いつものブランケットをさっと取り出して体を包んであげれば、赤ちゃんも安心してお出かけを楽しんでくれるかもしれませんね。

各ブランドやメーカーから素材や肌触りにこだわったものが発売されています。薄手のコットン素材のものや、多重のガーゼ素材、柔らかな綿毛布のものなどが人気で、洗うたびに柔らかくふっくらとしてくるものもあります。お気に入りのものが見つかるといいですね。

足首から膝まで保温、レッグウォーマー

肌寒くなってくる秋、お出かけ先で足元の冷えが気になることもありますよね。そんなときに活躍するのがレッグウォーマーです。

寒さ対策としての保温効果だけではありません。ハイハイを始めた赤ちゃんの、膝のサポーターとしての役割もありますし、少し日差しが厳しい日の紫外線対策にもなります。かわいい柄や色のものを選べば着こなしのアクセントにもなりますね。

暑そうであれば脱がせやすく、寒そうになってきたらすぐに履かせることができるので便利ですよ。

赤ちゃんの肌に優しいオーガニックコットン素材のものや、UVカットされているものなど、様々なものが発売されています。赤ちゃんの足にほどよくフィットし、脱げにくいものを選んであげましょう。

まとめ

赤ちゃんと一緒に秋の公園へお出かけするときの注意点や、あると便利なお役立ちアイテムを紹介してきましたがいかがでしたか。

お出かけにぴったりの秋ですが、赤ちゃんと一緒だと暑さ寒さに敏感になってしまうかもしれませんね。体温調節に便利なお役立ちアイテムをバッグに入れてお出かけしてみましょう。

ぜひ赤ちゃんと一緒に公園へ行って、澄み渡った空やカラッとしてさわやかな風、落ち葉や木の実など、秋の風情をたっぷり楽しんでみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018