就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

くしゃみで赤ちゃんが笑うのはなぜ?笑う理由ともっと笑顔になる遊び

くしゃみで赤ちゃんが笑うのはなぜ?笑う理由ともっと笑顔になる遊び

パパやママがくしゃみをしただけなのにゲラゲラ笑う赤ちゃん。大人からすると何がそんなに面白いのか不思議ですよね。楽しいだけではなく大変な育児を乗り越えられるのは、赤ちゃんの笑顔に癒されるからというパパやママも多いのではないでしょうか。ここでは赤ちゃんがもっと笑顔になる遊びを紹介します。

赤ちゃんが声を出して笑う理由とは?

パパやママの真似をしている

赤ちゃんは生後1カ月の頃から笑いはじめます。しかしこれは何かに反応しているのではなく、生理的に微笑んでいます。

生後2カ月を過ぎた辺りから赤ちゃんは周りの世界を認識しはじめ、生後3カ月を過ぎるとパパやママの顔も分かるようになってくるといわれています。

まだ話すことのできない赤ちゃんは、パパやママの表情を真似することでコミュニケーションを取ろうとしているのです。パパやママが普段から笑いかけて赤ちゃんに接していると、「話す相手とは笑顔で接するんだ」と真似して笑顔を見せてくれます。

この時期にパパやママが赤ちゃんに接する表情は、赤ちゃんの感情の成長にとってとても大切なので、ぜひたくさんの笑顔で語りかけてください。

楽しいからもっと一緒に遊んでほしい

まだ言葉を話すことができない赤ちゃんも、頭の中ではいろいろなことを考えて、しっかりとした意思を持っています。パパやママが笑いかけてくれると、赤ちゃんも自然に笑顔でのコミュニケーションをとるようになります。

パパやママが赤ちゃんと遊んでいるときに、反応が何もないよりも、赤ちゃんが楽しそうに笑っているときの方が、もっと遊んであげたいと感じませんか。これは赤ちゃんも同じで、赤ちゃんは自分が笑うことで、パパやママがもっと遊んでくれるということを学んでいるのです。

赤ちゃんにとって、パパやママと遊ぶ時間はとても楽しく、嬉しいものです。赤ちゃんは笑顔をパパやママに向けて反応することで、その時間が少しでも長く続くように願っているのです。

くしゃみなどの意外な声や音が楽しい

赤ちゃんはよく「ビュー」や「バッ」など何とも文字では表現できない言葉を発していませんか。これは、赤ちゃんが言葉を覚える前に、まず自分の体から声や音を出す練習をしているのです。

その何ともいえない音は、人間のくしゃみや、おならの音によく似ています。大好きなパパやママが自分と似たような音を発していることが嬉しくて赤ちゃんは笑います。大人でいうと、海外に行って言葉が通じずにいたところに、同じ母国語を話す人がいてくれた喜びに近いものがあります。

本当のくしゃみやおならの音ではなく、少し大げさに口でいってあげるだけでも赤ちゃんはゲラゲラ笑います。赤ちゃんの好む音の傾向として、低音よりも高音の方がより楽しいようです。

赤ちゃんがはまると笑う声や音を探そう

くしゃみ以外にも!赤ちゃんが笑う音

編集者の先輩ママたちに赤ちゃんがよく笑った音を聞いてきました。その中でも共通で笑っていた音をご紹介します。

まずは、新聞紙などの紙をビリビリ破る音です。一気にビリビリ破るよりも、ゆっくり破いたり、急に速くしたり、緩急をつけることで、赤ちゃんはゲラゲラ楽しそうに笑うようです。

そして、風船の空気が抜けていく音です。膨らませた風船を縛らずに手を離すと抜けていく空気の音が、赤ちゃんにとって楽しいようです。お座りができるようになった頃の赤ちゃんには、風船の空気の抜ける部分を赤ちゃんのお腹や体に向けて空気を当てるとさらに面白がるそうです。

そのほかにも、カメラのシャッター音や、鼻をかむ音なども人気なようですので、試してみてください。

赤ちゃんの体を使って出す音

赤ちゃんはパパやママに出された音を聞くだけでも喜びますが、赤ちゃんの体を使って音を出すこともとても大好きです。特に赤ちゃんに喜ばれるのは、赤ちゃんのお腹にパパやママの口を当てて「ブーッ」っと息を吹きかけることです。

お腹に「ブーッ」は洋服の上からでも十分に赤ちゃんは喜びますが、裸のときにやってあげるとさらに声を出して大喜びします。これは単に音を楽しむということだけでなく、大好きなパパやママとのコミュニケーションになり、赤ちゃんの感情を豊かに育むことができます。

また、赤ちゃんの顔に息を「プーッ」といいながら吹きかけることも赤ちゃんは笑います。息がおでこに当たる感覚と「プーッ」とおでこから音がなっているように感じ、面白いようです。

パパやママの本気の笑い声

赤ちゃんはパパやママの笑った顔が大好きです。パパやママが笑顔だと自然に赤ちゃんも笑顔になります。

それと同じように、パパやママが本当に楽しそうにゲラゲラ笑っていると、赤ちゃんもゲラゲラ笑います。特に何がおかしいとか赤ちゃんは理解していませんが、大好きなパパやママがゲラゲラ笑っていることが面白く感じるようです。

これは大人でも、内容がわかっていなくても隣にいた人たちが楽しそうに笑っていると、つられてこちらも笑顔になってしまうことがありますよね。赤ちゃんも同じように、その楽しそうな空間の雰囲気を読み取り、自然に笑顔になるのです。

普段からパパやママが笑顔でいることが、赤ちゃんが笑う一番の環境といえそうですね。

もっと笑って!赤ちゃんが笑顔になる遊び

期待感でわくわくする「いないいないばあ」

生後6カ月頃になってくると、赤ちゃんは記憶をすることができるようになります。ただ音が出ることが楽しいということから、少し進んだ遊びができるようになります。

「いないいないばあ」は赤ちゃんが大喜びする定番の遊びです。なぜ定番なのかというと、赤ちゃんの記憶力の成長が関係しているからです。

大好きなパパやママの顔が「いないいない」で隠れてしまうと、赤ちゃんはとても不安になります。そして「ばあ」とパパやママの顔が出てくることで、安心し、緊張感から解放されて笑います。

しばらく繰り返すと、赤ちゃんは「いないいない」といなくなっても「ばあ」と出てきてくれることを記憶します。その記憶どおりに遊びが進むことでとても喜びます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC