就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬生まれの赤ちゃんに必要な短肌着は?肌着の種類と必要な準備

冬生まれの赤ちゃんに必要な短肌着は?肌着の種類と必要な準備

半袖の肌着は夏に活躍するものと思われがちですが、赤ちゃん用の短肌着は冬の寒い時期にも必要な肌着です。生まれたばかりの小さな赤ちゃんにとって、必需品ともいえる短肌着の役割や着せ方を知り、寒い時期でも赤ちゃんが快適に過ごせるよう、出産準備をすすめていきましょう。

赤ちゃんが着る短肌着の役割と着せ方

短肌着は汗取りや体温調節の役割がある

短肌着は、丈が赤ちゃんの腰くらいで、袖は半袖丈という丈の短いタイプの肌着のことです。通気性がよく、赤ちゃんの肌を優しく包んでくれるだけでなく、汗っかきの赤ちゃんの汗取りをしてくれる役割があります。

また、短肌着は体温調節を助けてくれる役割もあります。赤ちゃんは、自分で体温調節ができません。肌着を重ねて着せることで、体温を調節する手助けをしてくれます。

単なる肌着と思われがちですが、短肌着はこのように、赤ちゃんが快適に過ごすための大切な役割を担っているのです。

季節によって使い分けられるよう、生地の厚さもいろいろあります。冬生まれの赤ちゃんには、寒い日でも暖かく過ごせるようなものを選んであげたいですね。

短肌着はコンビ肌着などの下に着せる

赤ちゃん用の肌着には、短肌着以外にも、長肌着、コンビ肌着などいくつか種類があります。赤ちゃんの成長に合わせて、肌着の着せ方も少しずつ変化しますが、生まれたばかりの赤ちゃんには、短肌着を長肌着やコンビ肌着と合わせて着せる方法をおすすめします。

着せ方は、最初に短肌着を着せて、その上に長肌着かコンビ肌着を重ねて着せます。2枚重ねで着せることで、汗取りと体温調節の効果もさらに期待できますし、丈の長い肌着のおかげで、お腹が冷える心配もなくなります。

コンビ肌着を重ねて着せる場合は、そのままアウターとしても使えます。しかし、寒い日には別のベビー服をもう1枚上に着せたり、暖かいおくるみを使ったりして、保温効果をアップさせるとよいでしょう。

短肌着は生後6カ月頃まで使う赤ちゃんも

短肌着は、生まれてすぐの赤ちゃんにも着せることができます。

いつまで着せるかについては、とくに決まりがありません。しかし、短肌着は赤ちゃんが寝ている状態で着替えさせることを考えて作られており、サイズも小さいものが多いことから、寝かせたままの着替えが難しくなってくるタイミングで卒業させるママが多いようです。

時期としては、首がしっかりすわり、寝返りができるようになる4~6カ月頃。

寝返りができるようになると、着替えさせようと仰向けに寝かせても、すぐに寝返りしてしまい着せにくくなったり、寝ている間に、赤ちゃんが動き回って紐がほどけてしまったりするので、それを目安にロンパースや、かぶるタイプの肌着に変更するとよいでしょう。

冬生まれの赤ちゃんに必要な短肌着の選び方

吸湿性の高い綿素材の短肌着が好ましい

体温調節が苦手な赤ちゃんですが、体温調節を助ける役割をしてくれるのが短肌着です。選ぶ際には、汗をよく吸い取り、余分な熱を外に逃がし、寒いときには保温してくれるということを効率よくしてくれるものを選びたいですよね。

選ぶときのポイントは素材です。綿100%の短肌着なら、通気性、保温性、吸湿性に優れており、デリケートな赤ちゃんの肌を、優しく包んでくれます。

同じ綿100%でも、編み方によっていろいろな素材があるので、季節や気候に合わせて、最適なものを選ぶことができます。寒い時期には、保温性が高くてふんわりしている「ニットガーゼ」素材や、1年を通して使えるやわらかい「フライス」素材などがおすすめです。

縫い目やタグが表側にある短肌着を選ぶ

大人は気にすることがほとんどない、縫い目やタグといったちょっとしたものでも、皮膚の厚さが大人の半分から1/3程度といわれている赤ちゃんの肌にとっては、大きな刺激になることがあります。とくに、敏感肌・乾燥肌、アトピーのある赤ちゃんは、ほんの少しの刺激でも症状を悪化させる危険性があるので、注意が必要なのです。

赤ちゃんのために作られている短肌着ですから、その多くは縫い目やタグが表側についています。しかし、なかには肌に直接触れる作りになっているものもあります。

どんなにデザインが可愛いものだったとしても、赤ちゃんの着心地が悪ければ元も子もありません。購入する際には、縫い目やタグが表側にあるかどうかを確認するようにしましょう。

新生児期は紐で結ぶタイプの短肌着が便利

短肌着には、主に紐、スナップボタン、面ファスナーの三つのタイプがあります。新生児期には、着替えさせやすく、体のサイズに合わせて調整しやすい、紐で結ぶタイプの短肌着が便利です。

この時期は、最も体の成長が大きい時期です。紐で結ぶタイプなら、日に日に成長する赤ちゃんの体に合わせて、着せることができます。

スナップボタンや面ファスナーのものは、首がすわって動きが活発になってくる頃から使用するのがよいでしょう。

紐で結ぶタイプの短肌着には、「結び間違えてしまう」というような意見もあるようですが、最近では新米ママやパパが結び方を間違えないよう、内側と外側で紐の色を変えるというような工夫がされている短肌着も増えています。

冬生まれの赤ちゃんのための短肌着の買い方

出産準備では60cmまでの短肌着の購入を

短肌着は、赤ちゃんが生まれてすぐの頃から、寝返りができるようになる頃までに活躍する肌着です。そのため、お店で扱っているものも、50cmや60cmの小さいサイズのものが多いです。

メーカーによっては、もう少し大きいサイズのものもありますが、最初からあまり大きいサイズのものを購入すると、かえって着せにくかったり、おむつ交換の際に邪魔になってしまったりするので、出産準備では60cmまでの短肌着を購入するとよいでしょう。

赤ちゃんの成長が早く、すぐに60cmの短肌着がサイズアウトしてしまうことももちろんありますが、そのようなときには、その段階で新たに大きいサイズのものを購入することをおすすめします。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事