就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳女の子の特徴と好きなこと!コミュニケーションのコツを知ろう

6歳女の子の特徴と好きなこと!コミュニケーションのコツを知ろう

娘がそろそろ6歳になるけれど、6歳になると発達にどんな特徴がみられるのか、気になって検索しているママがいることでしょう。そこで今回は、6歳の女の子の発達の目安やできること、上手にコミュニケーションを取るコツや6歳の女の子にありがちなトラブルと解決方法などについてお話しします。

6歳女の子の発達の目安やできること

平均身長と体重は月齢差も大きい

6歳の女の子の身長や体重はどれぐらい成長するのか知りたいママもいることでしょう。この時期の女の子の平均身長と体重は月齢差が大きいので、事前に洋服を購入してストックしておく場合はサイズに要注意です。

6歳になったばかりの頃の平均身長は112.7cm、平均体重は19.6kgなのですが、6歳6カ月になると平均身長は115.8cm、平均体重は21.3kgまで増えます。半年で身長は約3cm、体重は1.7kgも成長することにびっくりするママもいるかもしれませんね。

さらに7歳直前の6歳11カ月になると、平均身長は118.3cm、平均体重は22.3kgとなっています。1年間で身長は5.6cm、体重は2.7kg増えるようです。

友だちとのコミュニケーションがうまくなる

6歳になると、肉体面だけでなくコミュニケーション面でもぐんぐんと成長していきます。たくさんの友だちと一緒に仲よく遊ぶこともできますし、限られた仲よしの友だちとだけ遊ぶこともあります。いずれにしても、友だちの気持ちを考えたコミュニケーションが取れるようになるのが特徴です。

今までは、自分の話したいことだけを一方的に話すことが多かった子どもも、この時期になると相手の様子を見ながら話す内容を選んだり、話の長さを調節したりすることが可能です。

話しているときに友だちがつまらなさそうにしたら、友だちの好きそうな話題に変えたり、話を手短に済ませて「じゃ、あれして遊ぼう」と場の空気を変えようとしたりなど、臨機応変に対応することができるようになります。

自分のことは自分でできるようになる

6歳になると、朝起きてから夜寝るまで、身の周りのことは一通り自分でできるようになってきます。小学校に通い始めると、学校生活において自分のことは自分でするのが基本となってくるので、就学前に子どもが自力ですべてすることができるかどうか、再度チェックしてみると安心ですね。

まず朝起きてから歯磨きや洗顔はもちろんのこと、着替えをしたら脱いだものをきちんと畳めるか、トイレに行ったあとズボンやスカートを正しく履けているか、使った道具を元の位置に片づけることができるかなどチェックしてみましょう。

子どもと一緒にリストにしてチェックしてみるのもよいですね。小学校生活で子どもが困らないように就学前から準備しておくと安心です。

6歳女の子とコミュニケーションを取るコツ

6歳女の子は想像力を生かした遊びが好き

6歳の女の子は、想像力を生かした遊びが好きです。今までと同じく、おままごともお気に入りの遊びの一つです。今までに比べ、人物設定や状況設定が現実味を帯びてくるので、見ていると面白いですよ。

たとえばレストランごっこをした場合、ウェイター、お客さん以外に調理場で料理をする人など、役割も豊富になってきます。料理やメニュー表など小物が足りない場合は、自分で絵を描いて色を塗り、ハサミで切り取ってままごとに使うなど、想像力を生かして自分で作るようになります。

また、ママの真似をして人形にメイクをして遊んだり、美容院ごっこと称して髪の毛をいじったりなど、見ていると思わずママがほほ笑んでしまうような遊びも増えていきます。

おしゃべりにはしっかり付き合おう

女の子は基本的におしゃべりが大好きです。どんなに忙しくても、子どものおしゃべりにはしっかりと付き合うようにしましょう。

きちんと顔を見て子どもの話を聞くことにより、「ママは私の話をちゃんと聞いてくれる、ママは私の味方だ」と認識するようになります。こうして幼少期から子どもとの信頼関係を築いておくと、思春期になっても比較的よい親子関係を保つことができるはずです。

ママが家事をしているときに子どもが話しかけてくると、つい面倒になり「今忙しいから」と話を遮ってしまったり、顔を見ずに「はいはい」と空返事したりすることもあるでしょう。

どうしても手が離せないときは「後でちゃんと聞くからちょっと待ってね」と時間を貰い、後にきちんと話を聞いてあげたいですね。

言葉使いのお手本になろう

6歳ぐらいになると言葉が達者になってくるので、子どもの発言に思わずママがかちんときてしまうことも少なくないことでしょう。子どもと会話をしているときに、思わず「生意気な話し方して!」と腹が立つシーンも増えてくると思います。

しかし女の子の場合、その話し方はママのそれを真似していることがほとんどです。子どもに口答えされたときに、その言葉使いにイライラしないためにも、普段からママが言葉使いのお手本になることが大切ですよ。

普段からできるだけきれいな言葉使いを心がけ、子どもがそれを真似して外で発言することがあっても恥ずかしくないように気をつけましょう。その子の言葉使いによって、他者からの印象も変わってくるので注意したいですね。

6歳女の子にありがちなトラブルと解決方法

中間反抗期は会話を大切にしよう

5歳前後から小学生あたりの時期に現れる反抗期を中間反抗期と呼びます。中間反抗期に入ると、ママの言うことをわざと無視したり、話の揚げ足をとるようなことを言ったりなどの言動が見られることがあります。

中間反抗期になるとママも子どもの扱いに困り、思わず距離をおきたくなることもあるでしょう。しかしこの時期にこそ、子どもときちんと会話をすることが重要です。

子どもとの会話では、まず子どもの話を聞き、その気持ちをしっかりと受け止めましょう。「それはちょっと違うな」と感じたら、子どもの言い分を聞き終えてから、冷静にママの考えを説明することが大切です。このとき、注意や命令はできるだけしないように心がけたいですね。

おませさん発言にイライラしない

6歳の女の子は、おませな発言が増えてくることでも知られています。特に同性であるママのことをライバル的に見てしまうことも多いので、これは仕方がないのかもしれません。

たとえば公園に行く前に、ママが子どもに「早く靴履いて」と言うと「今から履こうと思ってたのに先に言わないで」と返事が返ってきたり、「ママが洋服着るのに時間かかったから出るの遅くなっちゃったでしょ」と言ったりなど、一瞬子どもとは思えないような発言がでてくることもあります。

子どものおませさん発言にはイライラせず「こんなことが言えるまでに成長したのね」と穏やかな気持ちで聞き流せるようにしたいですね。毎回イライラしていると、ママが疲れてしまいますよ。

同性でも個性があることを尊重しよう

子どもが女の子の場合、ママと同性なのでついママの好みを押し付けてしまうことがあるかもしれません。たとえばママがフリルのついた洋服が好きな場合、子どもにもそういったデザインの洋服を着せることもあるでしょう。

しかしママが好きなものを子どもが好きだとは限りません。6歳になると子どもも自分の好みがはっきりとしてくるので、ママとは違うスタイルの洋服を好むこともあります。この場合、できればママの好みを押し付けるのではなく、子どもの選ぶものを優先してあげるようにしたいですね。

ママは娘を自分のミニチュアのように意識してしまいがちですが、子どもはママとは別人格で違った感性を持つ人間です。子どもの個性を尊重しながら育てるようにしましょう。

まとめ

今回は、6歳の女の子の発達の目安やできること、6歳の女の子と上手にコミュニケーションを取るコツや、ありがちなトラブルと解決方法などについてお話ししましたが、いかがでしたか?

6歳になると自分の身の回りのことはひととおり自力でできるようになりますし、友だちとのコミュニケーションも上手になり、大きな成長を感じることでしょう。言葉が達者な女の子の場合、ときにはその発言にママがいら立ちを感じることもあるかもしれませんが、上手にかわしながら、おおらかな心で大切に育てていきたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj