就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとサイクリングを楽しみたい!安全に乗るには確認と場所が肝心

子どもとサイクリングを楽しみたい!安全に乗るには確認と場所が肝心

子どもが大きくなると、一緒にサイクリングを楽しみたいと考えるママもいますよね。子どもが自転車に乗れない場合でも、安全面にさえ気をつけておけば親子でサイクリングを楽しむことは可能です。この記事では、子どもとサイクリングを楽しむための方法やおすすめの場所についてご紹介します。

サイクリング前に子どもと安全確認をしよう

安全のために子どもに合った自転車を選ぶ

子どもが自転車に乗り始める時期に明確な決まりはありませんが、一般的には2歳半ごろから可能だといわれています。一つの目安として、身長が伸びてきて三輪車が漕ぎにくくなってきたら、自転車に変える時期のサインだそうです。

自転車を選ぶときは、子どもの身長や体格に合った物を選びましょう。自転車のサイズはタイヤのサイズによって決まります。各メーカーによって多少前後はしますが、目安としては身長が83~98cmだと12インチ、92~107cmだと14インチなど決まっているので、子どもの身長に合わせて選びます。

子どもに適したサイズを見つけたら「ブレーキは握りやすいか」「ハンドルやグリップの高さは合っているか」「サドルや車体の高さは合っているか」などをチェックして、子どもにぴったりの物を選んでくださいね。

幼児用ヘルメットの用意や着用も忘れずに

サイクリングを安全に楽しむためには、幼児用ヘルメットを用意しましょう。自転車はその名のとおり、車の一種です。自転車での事故は多く、大きな怪我をして後遺症が残ってしまったり、最悪の場合は命を落としてしまったりする危険があります。

自転車事故での最も多い死因は、頭部へのダメージによるものです。ヘルメットを被っていなかったために、アスファルトや縁石、車体などに頭部を打ちつけられて亡くなることがほとんどだそうです。

このように大きな事故が起きるのを防ぐためにも、ヘルメットを被るようにしましょう。何の根拠もなく、自分の子どもだけは大丈夫と考えてはいけません。いつどこで何が起きるかは誰にも分からないので、ママやパパがしっかりと子どもの安全確認をしましょうね。

子どもに交通安全のルールを教える

自転車は免許がいらず、乗ることさえできれば誰でも自由に使用できます。そのため、車の一種だということを忘れがちですよね。自転車が原因で事故が起きる可能性もあります。自転車に乗る前には、きちんと子どもに交通安全のルールを教えましょう。

子どもは大人と比べて視野が狭く、状況判断が上手にできません。何かに夢中になると車やほかの自転車の存在が目に入らなくなってしまうため、急に道路へ飛び出したり歩道の途中で止まったりしてしまうそうです。

ママやパパが見本となって交通安全ルールを教えて、事故を予防しましょう。具体的には「自転車に乗るときはヘルメットを被る」「一時停止を見つけたら3秒停まる」「急にスピードを出したり、急に止まったりしない」などがあげられます。

おしゃれヘルメット「nicco(ニコ)」で自転車デビューはいかが?

PR

子どもの通園通学やお出かけで利用する自転車。ママの後ろに乗る小さな頃からヘルメットが必要になります。子どもの安全を守り長く使う物だからこそ、ヘルメット選びにもこだわりたいですよね。今回は豊富なカラーとおしゃれなデザインが魅力の日本製ヘルメット「nicco(ニコ)」をご紹介。自転車コーデが楽しくなりますよ!

自転車に乗れない子どもとの楽しみ方は?

ママチャリに子どもを乗せて楽しむ

体格や性格には個人差があるので、誰もが2歳ごろから自転車に乗れるわけではありません。子どもが自転車に乗れない場合は、ママチャリを利用して親子でサイクリングを楽しんではいかがでしょうか。

ママチャリとは、子ども乗せに対応している自転車です。安全基準を満たす証明となる「BAAマーク」や「SGマーク」がついている物を選びましょう。「幼児2人同乗基準適合車」と認定されている場合は、大人1人と子ども2人までの3人乗りが可能ですよ。

一般的には、1歳ごろからママチャリの子ども席に乗ることができます。このときママの後ろ側に乗せるのではなく、ママの前側の席に乗せるようにしましょう。後ろ側だと子どもが寝てしまった場合に、ぐらぐら揺れたり座席から落ちたりする危険があります。

トレーニングバイクを使ってみる

トレーニングバイクはペダルのない自転車のことです。広場などで子どもが乗っている姿を見たことがあるママもいるのではないでしょうか。ペダルがついていないので、補助輪なしの自転車に乗る練習用として使用でき、バランス感覚が養われるそうです。

対象年齢は2~6歳で、様々なメーカーから販売されています。トレーニングバイクを選ぶときは「タイヤの素材」「サドルの最低位置」「ハンドルの動作範囲 」に注目しましょう。ほかにも「ブレーキがあるかどうか」や「スタンドがあるかどうか」などもチェックするとよいでしょう。

最初は平坦な広場などで練習し、慣れてきたら少し起伏がある場所に挑戦してもよいかもしれません。トレーニングバイクでもヘルメットを忘れずに着用してくださいね。

公園やテーマパークでおもしろ自転車に乗る

自転車に乗れない子どもとサイクリングを楽しみたい場合は、「公園やテーマパークのおもしろ自転車に乗る」がおすすめです。普通の自転車とは異なり、様々な仕掛けが施されているので親子で楽しむことができますよ。

都内だと江東区立若洲公園、関西だと玉手山公園ふれあいパークや伊坂ダムサイクルパークなどが有名ではないでしょうか。どの公園でも変わった仕掛けの自転車に乗ることができますよ。動物の形をしていてハンドルを回すと動く自転車や、ペダルを漕ぐと横に走る自転車などがあります。

4人乗りの自動車の形をした自転車だと、家族で協力して漕ぐことができます。子どもはもちろん、ママやパパも童心に返って楽しむことができるのではないでしょうか。

子どもとサイクリングが楽しめる場所

自転車に乗ってもよい公園や校庭がベスト

幼児期の子どもは自転車に乗れるようになっても、スピードを出し過ぎたりブレーキが遅れたりといったことがあります。また、バランスを崩してしまったり急に転んでしまったりすることもあるでしょう。

自転車に乗り慣れていない子どもは、できるだけ公道よりも公園や校庭を使って練習する方がおすすめです。そのような場所だと車が来る心配もありません。子どものペースでのびのびと自転車に乗れるので、上達するのが早くなるかもしれませんよ。

注意していただきたいのは、サイクリングロードがある公園です。自転車での走行が可能であっても、大人向けのサイクリングコースだと子どもが練習するには不向きです。子どもがゆとりを持って練習できる、広い公園を探してみてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事