就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ファーストシューズはいつから必要?用意するベストなタイミング

ファーストシューズはいつから必要?用意するベストなタイミング

赤ちゃんがつかまり立ちやつたい歩きをし始めたら、ファーストシューズについて考える方もいるのではないでしょうか。デリケートな赤ちゃんの足のためにも、納得のいく一足を選んであげたいですよね。そんなときにぜひ押さえておきたい大事なポイントをまとめてみました。

ファーストシューズの役割やタイミング

足の成長をサポートさせる

赤ちゃんにとっての靴は、外を歩くときに地面から足を守るのはもちろんですが、もう一つ大切な役割があります。まだ柔らかい足の骨や筋肉などの成長をサポートしてくれるのです。

赤ちゃんの足の骨はまだ軟骨でできており、成長するにしたがってしっかりした骨になっていきます。今の柔らかい骨は形が変わりやすく、足に合わない靴や硬く履きづらい靴を履き続けていると、足の骨から体全体まで歪んでしまう恐れがあります。

また、将来足や腰の病気を引き起こすリスクが高まる可能性も出てくるので注意が必要ですね。赤ちゃんのためにもファーストシューズはぜひフィッティングをして、赤ちゃんの柔らかい足にちょうどよいものを選んであげてください。

つたい歩きが始まれば靴選びの準備

つかまり立ちやつたい歩きをするようになったら、赤ちゃんのファーストシューズを選ぶ準備に入ってもよい頃です。サイズが合っていることはいうまでもありませんが、靴底が木や硬い素材ではなくラバーゴムなどやわらかい素材でできており、赤ちゃんの足を優しく包み込んでくれるものがよいでしょう。

しかしどんなに赤ちゃんにぴったりのものを選んだとしても、靴を履くという、慣れない感覚に嫌がる赤ちゃんも少なくありません。始めはちょっと嫌がっていたとしても、何度か履いてもらっていればだんだん慣れていきます。

赤ちゃんがつかまり立ちやつたい歩きをはじめて靴を履くことにも慣れてきたら、一緒にお散歩や公園遊びをするのも楽しみですね。

最初の10歩を目安にファーストシューズを

ファーストシューズは、あくまでも赤ちゃんの成長に合わせて履き始める準備をしていくものです。月齢に関わらず、5~10歩程度歩けるようになったら準備するパパ、ママが多いのではないでしょうか。

また赤ちゃんの足のためには負担の少ない素足で歩くことも大切ですが、外では足のケガを防ぐためにも靴を履かなければなりませんよね。靴を選ぶときはなるべく裸足の状態に近い、柔らかくしっかりした作りのものを選ぶようにしましょう。

それから、同じ月齢のお友達が履いているからといって焦らなくても大丈夫です。赤ちゃんの成長には個人差があります。靴を履くのは裸足で室内を歩けるようになってからでも遅くないので、赤ちゃんの成長に合わせてあげてくださいね。

ファーストシューズはいつから用意するべき?

8カ月から1歳前後が平均的な時期

赤ちゃんにいつからファーストシューズを履かせるかは、その赤ちゃんによっても差があります。
早ければ8カ月頃、一般的には1歳前後の歩き始めた時期から履かせるご家庭が多いのではないでしょうか。

履かせるタイミングは自由なので、赤ちゃんが嫌がらなかったり靴に慣れさせることを目的とするのであれば、早い時期に履かせてあげてもよいかもしれませんね。

しかし赤ちゃんの成長は早いものなので、つかまり立ちを始めてすぐの頃に靴を買ってしまうと外で履く前にサイズアウトしてしまう可能性もあります。室内用の靴であれば問題ないですが、外で履くことを目的としている靴の場合はしっかりと歩き始めてから購入を考えても遅くはないでしょう。

よちよち歩き始めは室内用シューズ

まだ歩き始めたばかりの赤ちゃんには、全体的に柔らかい素材で作られている室内練習用のファーストシューズを選んであげるとよいでしょう。まれにつま先部分や足首の辺りが硬い素材のものもありますが、こういったものはできるだけ避けてあげるのが望ましいです。

全体が柔らかく作られた靴を始めに履かせてあげると、硬い靴に比べて履いたときに窮屈さや痛みを感じにくく、違和感も少ないので赤ちゃんにとっても歩きやすいですよ。

一番初めに履かせてあげるもので痛みや違和感を感じてしまうと、その後靴を履くこと自体を嫌がってしまうことにも繋がりかねません。なるべく柔らかく、赤ちゃんにフィットするものを選んであげてくださいね。

すたすた歩く子には室外用シューズ

歩くことに慣れて、一人ですたすたと歩けるようになった赤ちゃんには、ぜひ室外用の靴を履かせてあげましょう。室内用では柔らかい素材でできていた靴底ですが、屋外で履く場合には樹脂などでできたしっかりしたものを選んであげてください。

しかしファーストシューズは赤ちゃんの足を守るために、足首の周りまでカバーされている作りとなっていることが多いです。そのため赤ちゃんが歩く際に何度もこすれてしまい、硬い素材が使われていると傷になってしまうこともありますので、この部分は柔らかく優しい素材でできているかどうかも確認しましょう。

このように室内用と室外用はいくつか違いがあり、衛生的な問題もあるので、外を歩かせてあげたいと思ったときには室外用を用意してあげてくださいね。

迷った時はこれ。人気の靴ブランド

ベビー用品ブランドのミキハウス

ミキハウスのファーストシューズは5,000円~10,000円ぐらいと少々高価で手が出しにくいですが、その品質の高さから人気があります。デザインもシンプルで愛らしく、どんな服にも合わせやすいところも魅力的です。

また履き口が広く開くので履かせやすく、自分で靴の脱ぎ履きができるようになったお子さんも履きやすいような作りになっているのも嬉しいポイントですよね。

そのほかにも、ミキハウスの靴は質が良く長持ちすることでも知られています。ファーストシューズではあまり気にならないかもしれませんが、後々お子さんが成長して外でたくさん遊べるようになると、丈夫で長持ちすることはコストパフォーマンスにもつながってくるので、重視したいところではないでしょうか。

スポーツブランドのナイキ

スポーティで大人顔負けのデザインで人気なのは、ナイキのファーストシューズ。価格も3,000円代~と比較的リーズナブルなのも、手に取りやすくてよいですよね。

スポーツシューズのブランドということで、安定感があり赤ちゃんの筋力の発達を促してくれる靴の作りになっていますよ。軽量で履きやすいデザインのものも多く、歩くのに慣れてきた赤ちゃんにもおすすめできます。

また、「ワッフル 1 iD」というデザインを自分好みにカスタマイズできるサービスもあります。素材からロゴのカラーまで選べるうえに、メンズやウィメンズも同様にオーダーできるので、パパ、ママや兄弟みんなでお揃いのシューズを作ることもできますよ。

靴専門ブランドのイフミー

イフミーはベビー用品店でもよく見かけるシューズです。価格帯も3,000円前後とお財布に優しく、数カ月で履けなくなってしまうのに高価格なものが多いファーストシューズとしては手に取りやすい値段ですよね。

値段が安いと品質もよくないのでは…と考えてしまいがちですが、早稲田大学のスポーツ科学と共同開発した靴は赤ちゃんの足の成長のことが考えられており、靴底が柔らかく、広く履きやすい履き口の作りになっています。パパママのことも考えて履かせやすい構造になっているのもおすすめポイントの一つです。

デザインは子どもらしいカラフルでポップなものが多く、赤ちゃんも靴を履くたびにわくわくした気持ちになってくれるかもしれませんね。

まとめ

赤ちゃんの成長のスピードはそれぞれ赤ちゃんによって違います。特に歩く時期は赤ちゃんによって差が大きいことが多いので、同じ月齢の子が靴を履いていても焦らなくて大丈夫です。自分の赤ちゃんの様子を見て進めてあげられるとよいですね。

また足の形によってサイズやメーカーも変わってきます。靴を選ぶときはぜひフィッティングをしてあげましょう。

赤ちゃんにぴったりの素敵な一足を選んで、一緒にお出かけやお散歩を楽しんでみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018