就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳は食べ方が汚い子が多い時期!発達の様子と食事の工夫や対策

2歳は食べ方が汚い子が多い時期!発達の様子と食事の工夫や対策

子どもが2歳になり、その食べ方が汚くて気になるというママもいるかもしれません。そこで今回は、2歳児の手先の発達と食べ方の特徴、食べ方が汚い理由とその対策、きれいに食べられるようになるための工夫や対策などについてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2歳児の手先の発達と食べ方の特徴

スプーンやフォークを使えるようになる

一般的に、2歳になると手先が器用になってくるので、スプーンやフォークを上手に操って食事をすることができるようになります。しかし子どもの成長には個人差があるので、まだわが子が上手にできないからといって心配する必要はありません。

子どもは自分でスプーンで食べ物をすくって口に運ぶことができるようになると、嬉しくて自力で食べるようになってきます。ママとしてはその成長が嬉しい反面、食べこぼしが気になることでしょう。

スプーンやフォークが使えるようになっても、バランスを崩してこぼしてしまったり、フォークやスプーンを落としてしまったりということが日常茶飯事に起こります。その度にママはため息をつきたくなるかもしれませんが、できるだけ優しく見守りたいですね。

ムラ食いや好き嫌いが出てくる

この年齢になると、自己主張が出てきて食べ物の好き嫌いもはっきりとしてくるので、子どものムラ食いや好き嫌いに悩まされるママも少なくありません。なるべく色々な食材を食べさせたいと思っても、「嫌だ、これ食べたくない」と拒否されることも珍しくないでしょう。

食わず嫌いも多く見られるので、ママが工夫して味見させることも大切です。しかし、どうしても子どもが嫌がる場合は、あまり無理強いすると余計に食べなくなることもあるので気をつけたいですね。

毎食きちんと食べさせようとすると、ママがストレスを感じてしまうので、1日のうち1回でもそれなりに食べられていれば心配する必要はありません。子どもの食事に対して、ママが神経質になりすぎないことも大事です。

食事中にじっと座っていられない

わが子が食事中、ずっと座っていられないので、どうしたらよいのだろうと悩んでいるママもいるかもしれません。しかしこの年齢の子どもにはありがちなことなので、「私のしつけのせいかも」と自分を追い詰めないようにしてくださいね。

食事中に動いてしまう主な理由としては、もっと遊びたいから座っていたくない、お腹が空いていない、座るのが退屈だからなどが挙げられます。どうしてじっと座っていられないのかという理由を見つけて、対策をとるのもよいでしょう。

成長とともに食欲がわき、食事に興味を持つようになれば、自然と座っていられるようになるので、ママは寛容な心でこの時期の子どもの食事に対応していくことも大切ですよ。

2歳児の食べ方が汚い理由と対応策

自我の芽生えと好奇心の発達

「お口に入れてあげようとすると嫌がって食べないし、ごはんを手で触ろうとすることもあるし、食事が大変すぎる」と嘆いているママも珍しくないことでしょう。この時期は自我の芽生えとともに好奇心も発達してくるので、食事は子どもにとって楽しい発見の時間でもあります。

手先を器用に動かせるようになっているので、たとえばカレーの中に手を入れてニンジンなどをつかもうとすることがあるかもしれません。手で触って確かめたいという好奇心がある証なのです。

「ママにしてもらうよりも、自分でやってみたい」という気持ちから、ママがスプーンで口に食べ物を運ぶことを嫌がり、自分でスプーンやフォークを握って食べようとすることも多く見られます。

食べ方の汚さのピークは2歳

この時期の子どもは、決してきれいな食べ方をするとはいえないので、それに頭を抱えてしまうママもいますよね。できるだけ汚さないで食べてほしいと思っても、2歳児には難しいので神経質になりすぎないようにしましょう。

ごはんをスープの中に入れてぐちゃぐちゃとかき回したり、食べ物を手掴みしたりなど、「いい加減にしなさい」と叫びたくなることもあると思いますが、ママは深呼吸をして気持ちを落ち着けるようにしたいですね。

食事のたびにママが叱ると、食事の時間が楽しくないと感じ、子どもはますます食事に集中しなくなります。食べ方の汚さのピークは2歳といわれているので、この大変さも一時的なものだと言い聞かせ、穏やかな気持ちで見守るようにしましょう。

ママは温かく見守って片付けやすい工夫を

子どもが食事のたびに食卓テーブルや床の上などを汚すのが気になる場合は、食後に片付けやすい工夫をしてみるのも一案です。工夫次第で、ママのストレスを減らすことができますよ。

たとえば、床に食べこぼしをすると拭き掃除が大変ですよね。特にごはん粒が床に張り付くと、掃除も面倒になりがちです。少しでも片付けが楽になるように、子どものイスの下に新聞紙を敷いておくのもよいですね。

食後は新聞紙を丸めて捨てるだけで済むので、雑巾で拭き掃除をする手間が省けて便利ですよ。子どもの食事を直接テーブルの上に並べるよりも、お盆の上に並べれば食後はお盆を丸洗いするだけで済みます。

もしくは布製でなくプラスチック製のランチョンマットの上に並べるのもよいですね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND