就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬あせも対策をしよう!原因と対策、ケアアイテムのご紹介

赤ちゃんの冬あせも対策をしよう!原因と対策、ケアアイテムのご紹介

赤ちゃんはとても汗っかき。冬にできる冬あせもの原因や、皮膚トラブルを防ぐためにはどうしたらよいのか、気をつけておきたい注意点やポイントなどを詳しく紹介しています。赤ちゃんにぴったり、冬に使ってみたいおすすめのケアアイテムも紹介していますのでぜひ、参考にしてください。

赤ちゃんにできる「冬あせも」の原因とは?

赤ちゃんはとても汗っかき!

「赤ちゃんが寒いかも」と大人と同じ感覚で洋服を着せたり、エアコンで部屋を暖めたり、大人が快適な環境で過ごしていたら赤ちゃんが汗だくになっていた…そんな声をよく聞きますよね。

赤ちゃんはとても汗っかき!大人と比べてたくさんの汗をかきます。そして小さな体には大人と同じ数の汗腺が存在します。ただでさえ汗っかきの赤ちゃん、密集している汗腺から汗をかき、気づけば着ているお洋服がベタベタになってしまうことがあります。

そして汗といえば、あせも。あせもは皮膚の柔らかい部分にできやすく、赤ちゃんは体全体の皮膚が柔らかいのであせもも全身にできてしまいます。汗で濡れてふやけてしまった皮膚が洋服にこすれ、さらには炎症になってしまう場合もあります。

設定室温が赤ちゃんにとっては暑いことも

大人にとっては快適な室温も、汗っかきな赤ちゃんには暑すぎてしまいます。赤ちゃんの快適な室温は夏場26~28℃、冬場22~23℃、湿度40~60%程といわれてます。

暖房器具を使い、赤ちゃんに直接風が当たらないように注意しながら、外気温との差を5℃程度を目安に部屋を快適に保ってあげましょう。熱や湿気がこもらないように、2~3時間おきの換気も忘れずにおこないましょうね。

冬は窓やドアを開けないために湿気がどうしてもこもりやすく、汗が蒸発せずに皮膚に溜まってしまいます。厚着のまま暖房の効いた部屋にいると、気づけば赤ちゃんの服の中は蒸れて汗だくになっていることも。汗をかいたらすぐに拭き取ってあげてくださいね。

保湿ケアのやりすぎは肌トラブルの引き金に

赤ちゃん皮膚はとても薄いので刺激を受けやすく、とても傷つきやすくなっています。なるべく保湿を心がけてつるつるすべすべを保ってあげたいですよね。しかし、保湿のやりすぎが逆に肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

一般的に汗の出口がホコリや汚れで塞がり、汗が行き場を無くし、通り道で炎症を起こすことによりあせもになります。しかし、肌の弱い赤ちゃんは保湿クリームを塗り過ぎることでも汗腺が塞がれ炎症が起こり、あせもができてしまうことがあるのです。肌トラブルを防ぐためにおこなっていたことが、反対に肌トラブルを引き起こしてしまうことも。

保湿をすることはとても大事です。塗り過ぎに気をつけ赤ちゃんの肌の様子を見ながら上手に保湿ケアをしてあげたいですね。

赤ちゃんに冬あせもができる前に対策しよう

赤ちゃんに適した室温と湿度を

赤ちゃんはまだまだ発達の途中、体温調整が上手にできません。基礎代謝量はとても高く、じっとしていてもエネルギーを消耗します。さらによく動きまわるので大人が思う以上にたくさん汗をかきます。

冬の時期、部屋の温度は大人が少し肌寒いと感じる位が赤ちゃんにとっては快適な温度になります。室温20~23℃、湿度40~60%が暑がりな赤ちゃんにとってもっとも過ごしやすい室温湿度です。

室温が高いと赤ちゃんはすぐに汗をかき、あせもの原因となってしまいます。暑がりの赤ちゃんには、必要以上に厚着をさせたり靴下をはかせたりしないようにしましょうね。赤ちゃんは自分で服を脱ぐことも話すこともできません。大人がしっかりと様子を見てあげましょう。

布団はかけすぎず、スリーパーで寝冷え対応

冬の布団も、大人と同じように毛布と厚手の掛け布団をかけると赤ちゃんにとっては暑すぎてしまいます。はじめは薄手の布団にし、寒いようなら増やしてあげるのがよいですよ。

敷きパッドもモコモコの起毛素材は通気性が悪く、汗を吸わないためあせもができやすくなります。敷きパッドを敷く場合は通気性のよいガーゼ素材の敷きパッドを使うのがよいですね。同じく毛布も起毛の毛布は避け、綿素材を選ぶと赤ちゃんは快適に眠れます。

赤ちゃんが布団を蹴ってしまい、深夜の寝冷えが心配な場合はスリーパーがおすすめです。スリーパーならば赤ちゃんが蹴り飛ばす心配もありません。スリーパーを選ぶときは、寝汗をかいても大丈夫なように通気性のよいものを選びたいですね。

脱ぎ着しやすい洋服でこまめな体温調整を

冬の服装は、ロンパースやつなぎのアウター、厚手のセーターなどは避けるのがベターです。冬の外出は屋外と屋内で温度差が激しい場合が多いので、脱ぎ着しやすい洋服を着せてあげるのがよいですね。

薄手のシャツにカーディガンやベスト、そしてアウターと脱ぎ着しやすい服を重ね着しておけば、屋外施設から屋内施設に入ったらアウターを脱がせ、それでも暑そうならベストやカーディガンも脱がせて調整することもできます。

赤ちゃんは足で温度調整をするため、靴下も屋内では脱がせてあげると蒸れずに快適に過ごせます。シャツは汗をかいても大丈夫なように肌触りがよく通気性のよいものを選び、ズボンもゆったりしたものを選ぶことで締め付けずに、体の熱を逃してくれます。

赤ちゃんの冬あせも対策用ケアアイテム4選

ふわふわムース「ファムズベビー」

「ファムズベビー」は肌のバリア機能を補い、高める日本で唯一の新発想バリアスキンケア製品です。ムース状になっていて、サラッとしたつけ心地で全身に使うことができます。

あせも以外にもよだれかぶれや、おむつかぶれ、乳児湿疹など赤ちゃんの肌トラブルに有効なので1本持っているととても便利です。

通常の保湿剤は水分と油分を肌に与えますが、ファムズベビーは保護膜を作ることによって雑菌や異物を防いで保護し、水分が流出しないように保ち肌を守ります。赤ちゃんだけでなく家族全員で使えるのもよいですね。

背中の汗を吸収「5重ガーゼ汗取りパッド」

赤ちゃんが汗をかいたらすぐに体を拭いて着替えさせてあげたいものですが、車やベビーカーでのお出かけ中など、なかなか着替えができない場合もあります。

そんなとき汗取りパッドを使えば、背中からそっと引き抜くだけなので簡単に汗のケアができます。寝入りにかいた汗にも汗取りパッドなら赤ちゃんを起こすことなく対処できて便利ですよね。

5重ガーゼの汗取りパッドは、肌触りがよく汗をたっぷりしっかりと吸ってくれます。これならば通気性もよいので蒸れずに一日快適に過ごすことができて便利ですよ。

さらさらな使い心地「オードムーゲ」

「オードムーゲ」は小林製薬から販売されている殺菌、抗炎症成分が配合された薬用ふきとり化粧水です。1953年より50年以上続く歴史があり、ニキビ肌荒れなどの皮膚トラブルに使うことができます。

赤ちゃんから大人まで使うことができ、使い心地もサラサラとしています。使い方はオードムーゲをコットンに染み込ませ、お風呂上りなどに赤ちゃんの肌をパッティングしてあげるだけです。

肌を清浄にし、整え、すこやかにうるおいを与えて保ってくれるので、あせもなどの肌荒れをケアすることができます。

肌を優しく保湿「パックスベビー」

赤ちゃんにはできるだけ肌に優しい成分でケアしてあげたいものですよね。「パックスベビーボディークリーム」は無香料、無着色で、合成界面活性剤、防腐剤などの化学物質を使わないマカデミアナッツ油を配合したベビークリームです。

ベタつかないでスッと伸びもよく、石鹸で乳化したお風呂上がりの肌によくなじみ、乾燥しやすい赤ちゃんの肌をしっかりと保湿してくれます。ワンタッチキャップのチューブタイプと片手で使えるポンプタイプがありますので、使いやすいタイプを選べますね。

まとめ

冬場も暑がりな赤ちゃんは思った以上に汗をかきます。部屋の室温や湿度、洋服などこまめにチェックしてあげるとよいですね。

未発達な赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。しっかりと冬あせも対策をして赤ちゃんの肌をすこやかに保ってあげたいものです。あせもがひどい場合などは、早めに皮膚科や小児科を受診してくださいね。

今回紹介した商品以外にも、色々な肌ケア商品があります。ママが使いやすく赤ちゃんが快適に過ごせるものを見つけて使ってあげられるのが一番です。肌トラブルに悩まない楽しい冬を過ごしたいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018