就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものお金教育は4歳から!おこづかいで金銭感覚を身につける方法

子どものお金教育は4歳から!おこづかいで金銭感覚を身につける方法

4歳の子どもはお買い物ごっこが大好きで、スーパーのレジにも興味津々…。お金や買い物に興味が出始めたので、お金教育を始めたほうがいいのかな?と悩むママもいると思います。今回は、4歳からのお金教育の方法やおこづかいなど、ママが悩みがちなポイントを中心にご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

お金教育はいつから?金銭感覚を養う方法

お金教育をはじめる時期

4歳の子どもでも、日頃ママが買い物する姿を見ていて「お金を出して品物を手に入れる」ことを知っています。しかし、当然お金の価値や適正な使い方は理解できていません。将来的に正しい金銭感覚を身につけるためには、ママやパパによる「お金教育」が必要になります。

「まだ4歳なのに、もうはじめるの?」と疑問に思うママやパパもいるかもしれません。ですが、小学校に入ると友達同士で遊びに行き、お金を使う場面が少しずつ増えていきますよね。親の目が届きやすい未就学児のうちこそ、お金の使い方や管理方法をじっくり教えられるチャンスです。

ちなみに、4歳の子どもを持つ友人ママは、お金教育をはじめてからは、むやみに「買って!」といわれることが少なくなった、と話していました。

親の金銭感覚の影響は大きい

子どもは、親の言動をよく観察して、よくも悪くもそれを真似して育ちます。お金の扱い方や使い方もちゃんと見ています。それゆえに責任は重大!ママやパパの金銭感覚が子どもにも大きく影響します。

例えば、次々と衝動的に物を買う親の姿を見れば「お金は無限にあり、欲しければすぐ買えばいいんだ」と理解します。

逆に、メモや家計簿をつけて計画的に管理していたり、予算やタイミングによって買わずに見送ったりする姿を見ると「お金は計画的に使うもので、ときには我慢も必要なのだ」ということを学びます。

お金の管理が苦手なママやパパには、耳の痛い話かもしれません。子どものお金教育をする前に、まずは親である自分自身が適正な金銭感覚であるかどうかかを見直す必要がありますね。

まずはお買いものごっこで楽しみながら

お金教育の導入としておすすめなのが、お買い物ごっこです。お客さん、店員さんのどちらも体験して、金銭授受の流れを理解してもらいましょう。

いきなり複数のお金を用いると混乱します。最初は1円玉だけ、商品の点数も一つからはじめるとわかりやすいです。少しずつ硬貨の種類や商品数を増やし、お金の種類や複数買うと合計金額が増えることを伝えましょう。

家でのごっこ遊びに慣れたら、スーパーなどで買い物を実践してみましょう。空いている時間帯にするなど、周りへの配慮を忘れないでくださいね。

金額を口に出してからカゴに入れることと、支払いまでを子どもにお願いするのがポイントです。自分で支払うことで、お金を使うことやお金が足りないと買えないものがあることを学べます。

金銭感覚が身につくおこづかいの渡し方

1日、1週間単位で少ない金額を

「まだ4歳なのにおこづかいは早いのでは?」と疑問に感じるママもいるかもしれません。ですが、未就学児のうちにおこづかいの管理ができるようになると、小学校に入ってママの目が届きにくくなっても、正しい金銭感覚で使うことができます。

自分のお金を手にすることで、限られた予算内で買い物をすることや、お金は使うとなくなってしまうことを経験できます。

まずは、ごく小額を渡すとことからはじめましょう。いきなり1カ月単位でまとまった金額を渡しても一気に使ってしまう可能性もあるため、まずは1日単位で同じ硬貨のみを渡すのがおすすめです。

何日か貯めると少しまとまった金額になるくらいの方が、やりくりすることも覚えられます。慣れてきたら、1週間単位にして様子を見ましょう。

硬貨の種類を増やして小銭で渡す

慣れてきたら、お買い物ごっこと同様、硬貨の種類を少しずつ増やしていきましょう。そのときは、「100円玉ではなく10円玉を10枚」など、なるべく細かいお金で渡すのがポイントです。

4歳前後では、まだ3桁以上の数字の感覚はつかみづらいでしょう。細かいお金を渡すことによって「10円玉が〇枚で、このお菓子が買える」「10枚ある10円玉を、〇枚使えば〇枚になる」など、細かいやりくりができるようになります。

さらに段階的に5円玉や50円玉を追加すると、より複雑化して管理のレベルがあがります。また、子どものお財布を用意してあげるとさらにモチベーションがアップします。自分専用のお財布に小銭が複数枚入ることで満足感があり、そこから出すと減るという実感もわきますよ。

「ポイント制」でお手伝いの対価として

原則、お金は働いた対価として得られるもの。正しい金銭感覚を身につけるためには、労働とお金の関係を知る必要があります。

ただおこづかいを渡すのではなく、給料制にするのも工夫の一つ。「靴をそろえる」「新聞を取ってくる」など、成長や性格にあわせて、項目を一緒に考えるとよいでしょう。

一回ごとに渡すのもよいですが、ポイント制もおすすめです。一回ごとに表にポイントをつけ、週1などまとめて渡すことで、より達成感を得やすくなります。

お手伝いがお金目的になってしまうと心配するママもいるかもしれません。「お給料」を渡すときは、「手伝ってくれて助かったよ。ありがとう」と一言添えて「喜んでもらえた!」「役に立てた!」という、やりがいを感じさせてあげましょう。

おこづかいでお金教育するときのポイント

ためて使うなどお金の使い方の練習を

当然、無計画に買い物をするとあっという間にお金がなくなります。お金には限りがあり、ときには節約や我慢が必要なことも知ってもらいましょう。

そのためにはまず、物の相場観と、同じ種類のものでも金額が異なることを理解させる必要があります。買い物先で、子どもと一緒に値段をいってみましょう。例えば、「こっちのお菓子は100円だけど、こっちのお菓子は150円だね」という会話をしてみてください。

その上で、手元のおこづかいと照らし合わせて「買えるものと買えないものがある」ことを伝えてあげましょう。お金が足りないと買えないこと、足りないときは少し我慢をしてお金を貯めれば手が届くことをあわせて伝えてあげることで、お金のやりくりについて知ることができるのです。

失敗の経験も大切!アドバイスはほどほどに

ママやパパがやりがちなのが、おこづかいの使い道に口を出すこと。

つい「そんなもの買ったの?」「こっちの方がいいじゃない!」と口を挟みたくなりますが、もし子どもが目先の物欲だけでお金を使い切ってしまい、本来欲しいものが買えなくなった…なんてことがあっても、それも大切な経験の一つです。

ただし、同じ失敗を何度も繰り返したり、なぜ失敗したか子ども自身が気付いていなかったりするときは、アドバイスも必要です。その際は「こんなもの買ったからお金がなくなったんだよ!」という否定的な言葉は避けて「どうしたらこれが買えたかな?」と一緒に考えられるような言葉かけをしてみてくださいね。

また、一緒に「欲しいものリスト」を作って、お買い物計画を立ててみるもおすすめです。

おこづかいを理由にお手伝いを頼まない

「働くことでお金が手に入る」ことを教えるのは重要なことです。ですが、お手伝いをおこづかいの理由にすることは避けましょう。

例えば、「ママちょっと手が離せないから、洗濯物取り込んでくれる?50円あげるから!」などと、ママの都合や思いつきで子どもを動かしてしまうことは避けましょう。ついつい…と、繰り返すことで「お金=働く対価」というよりも「お金で人を動かすことができる」という意味合いが強くなってしまいます。

もう一つ心がけたいのが、「おこづかい帳をつける」「何に使ったか報告をさせる」など、振り返る機会を作ること。収支の振り返りをすることで、「これは無駄だったな」「今度は我慢してあれを買おう」などと、限られた範囲でやりくりするくせをつけることができます。

まとめ

幼稚園や保育園では、お金の使い方を教える機会はほぼありません。また、金銭感覚は親の影響を大きく受けるため、家庭でのお金教育が重要です。ママとパパの考え方にズレがないように、予め夫婦で方針を話し合うことも必要ですね。

4歳の今からお金教育をスタートさせても、早すぎるということはありません。難しいように思えますが、少しずつで大丈夫です。

まずはお買い物ごっこから、ご紹介した方法を段階的に取り入れて、ゆっくり丁寧に伝えていけるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018