就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園の保護者会が自分に合わない!理由や乗り切るためにできること

保育園の保護者会が自分に合わない!理由や乗り切るためにできること

保育園で子どもが過ごす様子がみられる保育参観とは異なり、保護者同士の交流がメインとなる保護者会が年に数回開催されますが、居心地の悪さなどを感じるママもいますよね。保護者会が合わないと感じる理由や、合わないときにどのように乗り切ればよいのかをご紹介します。無理をせずお休みすることもときにはよいですよ。

保育園の保護者会がどんなものか知りたい

年に数回のみ開催される保護者会

保育園では年に数回、保育園の保育者と一緒に園で過ごす子どもの保護者とが顔を合わせて話し合いを行う保護者会が開催されます。幼稚園では学期に1度ほど開催されることが多いようですが、保育園では年に1~2回ほど開催されることが多いようですよ。

保護者会が開催されるのは、働いている保護者が多いこともあり土日の午前中や、平日なら18時ごろなどの夜間が多いようです。中には年度始まりである入園式や進級式が終わった後に、その流れで保護者会が開かれる保育園もあります。

子どもの保育中に行われることが多い幼稚園の保護者会に対し、保育園では少しでも保護者に負担が少なく、さらに多くの保護者が参加できるような日程を組んで保護者会が開催されるようですね。

保育園や保護者同士の交流がメイン

保護者会の内容は、主に保育園から保護者に対しての連絡事項や、保護者同士の交流がメインとなります。保育園からの連絡は保護者会が開催される時期によっても違いますが、年度初めなら保育方針や行事予定を、年度終わりなら1年間の成長の様子などが伝えられます。

また、普段なかなか顔を合わせる機会がない同じクラスの保護者同士が、顔を合わせて情報交換を行うことも多くあります。子育て中のママならではの共通の悩みや子育て情報の交換なども、保護者会で行われることがありますよ。

子どもの話題だけではなく、ほかのママの時短家事のアイデアや子どもが苦手な食材を食べやすく調理する工夫など、ママが参考にできる話題なども保護者会で聞けることもあります。

子どもたちの環境をよりよくするためのもの

保護者会が開催される目的にはママ同士の顔合わせや情報交換などもありますが、子どもたちの環境をよりよくするというものもあります。

例えば保育園と家庭での保育方針が違うと、子どもはその都度環境によって違う対応に変える必要になります。ですが、保育園と家庭で同じ保育方針で過ごせれば、子どもはスムーズに日常生活が送れますよね。保育園とママが、お互いに園や家庭での各過ごし方についての情報を交換し、共有できる保護者会があることで、共通の方針が作りやすくなりますよね。

このようにスムーズな日常生活を送ることにより、子どもはのびのびと安心して過ごせるようになります。保護者会を通じて、子どもの保育環境がよりよくなるのはうれしいですね。

ゆっくり英語を馴染ませる「スカイガーデンプリスクール」の園生活

PR

小学校の英語教育が始まるとともに、子どもに小さな頃から英語を習わせたいと、習い事や園を考える方も多いと思います。今回、英語中心の園生活を通じて、子どもが英語を身につけることができる「インターナショナルプリスクール」の一つを取材してきました。

保護者会が合わないと感じる理由とは

話すのが苦手で知り合いもいないから

保護者会は保育園や保護者同士の情報交換の場でもあるため自己紹介を行ったり、時には自分の意見を求められたりすることもあります。ですが、中には人見知りで話すのが苦手というママや、初めての保育園で知り合いがいないために孤独を感じるママもいます。

すでに上の子が保育園に通っているママ同士のグループがあると、そのグループが中心となり会話が進んでいくケースもあり、仲間に入りづらく疎外感を持つママもいます。

保育園も入園後数年すると、お迎え時間が共通するママたちの仲良しグループが自然にできている場合もあります。人見知りのママの場合は保育園に通う年数を重ねるほどにそのアウェイ感が強くなり、苦手意識が強くなることもありますよね。

ママ同士の派閥やもめごとが面倒だから

ママの中にも色々なタイプの人がいます。自然とリーダーになるような社交的なママは、だいたいどの保育園でも数人いますよね。

そのママを中心にグループが形成され、派閥ができることもあります。派閥同士仲良くしてくれればよいのですが、派閥による対立が起こることがあります。また、仲のよいママ同士であっても、些細なことからもめごとが起こってしまうケースもあるようです。

保護者会でこのような派閥の対立やもめごとが起こることもあるため、それがイヤというママも少なくはありません。子ども同士の仲がよかったのに、ママ同士の対立の影響で子ども同士の関係性までおかしくなってしまう、という本末転倒な現象が起こってしまうこともありますよね。

保護者会が作るグループラインが疲れるから

現代ならではの悩みの一つが、グループラインです。保護者同士の連絡手段としてラインが活用されることも増え、保護者会のライングループが形成されて参加がほぼ強要されることも少なくありません。

仲がよいママに対して送るつもりだったトークを誤ってグループラインに投稿してしまい、その内容がほかのママに対する不満だったような場合は、深刻なトラブルにまで発展する可能性がでてきます。

ほかにも、グループ内の人数が増え頻繁に通知がきてうんざりしてしまったり、非通知にしたら「返事がない」とクレームを言われた、という経験を持つママもいます。ライングループに参加しないと行事の連絡が来なかったり仲間外れにされたりと、不都合になるケースもあり疲れるというママもいますよ。

保護者会をうまく乗り切るためのコツ

メリットを知って会を上手に活用しよう

保護者会は面倒だし苦手というママも、保護者会のメリットを知り「保護者会を活用する」と考えると気持ちの切り替えができるかもしれません。

保護者会に参加する最大のメリットは、保育園での子どもの様子が分かるという点です。保育園が主体で開催する保護者会ならば、必ずといってよいほど保育園での子どもの様子の連絡があります。ビデオやスライドなどで普段の保育園での生活を紹介してくれる園もありますよ。

ほかのママと知り合えるのも保護者会のメリットです。子ども同士の些細なトラブルも、ママ同士が知り合いになっているとフォローしやすく、円満な解決に向かいやすくなります。保育園からの連絡漏れなども、ママ同士のネットワークで分かるケースもありますよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事