就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

授乳中に先輩ママたちはこうしてました!十人十色の過ごし方

授乳中に先輩ママたちはこうしてました!十人十色の過ごし方

産後のママの大きな仕事に「授乳」があります。母乳のママもミルクのママも、赤ちゃんを抱っこしてゆったりした時間を過ごしますが、先輩ママはこの授乳時間をどのように過ごしていたのでしょうか。もしかしたら、この授乳時間の過ごし方で、毎日の充実度が変わるかもしれませんよ。

忙しいママもホッと一息つける時間

ゆっくりテレビを観られる

家事や育児に慌ただしく過ごすママも、授乳時間には赤ちゃんとともに座って過ごすことが多いのではないでしょうか。このときばかりは、立ったり歩いたりしないで腰かけながらテレビを観ることもできますね。

テレビの音は聞き流しているだけでもさみしさを紛らわす効果があります。産後のママは気持ちがナーバスになっていることもあるので、「無音で赤ちゃんに授乳していたら涙がこぼれてきた」などということも避けられます。

1日に何度もある授乳時間を活用して、録りためておいたドラマを観てもよいですね。ニュースやバラエティ番組を流しながら授乳中に温かいお茶を飲んでリラックスするのも、忙しいママのホッとできる時間になるでしょう。

音楽を聴いて頭の中をリフレッシュ

赤ちゃんが生まれてから、ママの好きな音楽を聴いてリフレッシュした回数はどれくらいでしょうか。もしかしたら、そんな時間もなく過ごしてきたかもしれませんね。

授乳中にママがリラックスすることで母乳の出がよくなります。赤ちゃんにもママの気持ちが伝わって安心して母乳を飲むことができますので、ママの好きな音楽を聴くことは親子にとってよい影響があります。

ただ、音楽にも種類があってリラックスするためにはゆったりした曲やクラシックがおすすめです。ママが好きであればどんな音楽でもよいですが、ハードロックなどは赤ちゃんも興奮してしまう可能性があるので、ママがイヤホンをするなど赤ちゃんのリラックスした気持ちを邪魔しないように心がけたいですね。

スマホで情報収集、SNSで外と繋がる

現代人の必需品といっても過言ではないスマホを授乳中にみていたママも多いようです。手元で簡単に操作できて、必要な情報を即座に検索できるスマホは、ちょっとした空き時間に使うのにもってこいです。

今日の夕食のレシピを確認することも、明日の天気を知ることもスマホならとても簡単です。知りたいと思っていた情報を得るだけでなく、暇つぶしとしても最適ですね。

スマホからSNSで友達の近況をチェックしたり、子どもの成長記録をアップしたりするママも多いのではないでしょうか。ただし、授乳中は親子のスキンシップの時間でもあり、ママが赤ちゃんの様子を確認することも大事です。

スマホに夢中になって赤ちゃんの存在を忘れないように気を付けてくださいね。

忙しいママだからこそ効率重視で動く

できる家事は授乳しながらこなす

最近の抱っこひもはママの負担を軽減し、新生児でも使えるものがあるなど進化していますね。赤ちゃんがしっかりホールドされるので、ママが手を放しても安心です。

抱っこひもをして家事をするのは定番ですが、そのまま授乳もしてしまう豪快なママがいます。抱っこひもで縦抱きをすると、ちょうど赤ちゃんの口元に乳首を持っていくことができるのです!

これができるためには、赤ちゃんのおおらかな性格やたくましい素質も重要です。ちょっと動いたくらいでは口から乳首を離さない力強さが必要になります。

「お腹がすいて泣く赤ちゃんを放っておけないけど、家事もしたい!」というママは、家事をしながら授乳をする裏技に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ママも赤ちゃんと一緒に食事タイム

授乳をしながらしていたことで意外と多かったのが食事です。授乳中のママはとにかくお腹がすくので、授乳しながら栄養補給したい気持ちも頷けますね。

子育て中のママはご飯をゆっくり食べることさえ難しいことがありますが、授乳中であれば赤ちゃんと一緒にママも座ってご飯が食べられます。授乳はママの栄養を赤ちゃんに奪われているのと同じですので、しっかりとエネルギーを摂取することはたっぷりと母乳を作るためにも大事なことです。

ただし、熱い食べ物やスープは赤ちゃんの顔に落としたりかかったりすると危険です。赤ちゃんを授乳中にママが食事をするときは、熱いものを避ける、赤ちゃんに授乳ケープをかけるなど配慮をしましょう。

添い乳でママは睡眠不足を解消

体力を回復するのにも、疲れを癒すのにも欠かせないのが睡眠です。ただ、その睡眠をとることが赤ちゃんを育てるうえでとても難しいことですね。

授乳中は赤ちゃんと過ごす1日の中でも、とくにゆったりと静けさを感じることのできる時間です。ママもこの時間を利用して、睡眠不足を解消しましょう。

多くのママが、赤ちゃんと一緒に横になって授乳するスタイルの添い乳でお昼寝をしています。そのまま赤ちゃんと一緒にしばらく寝てしまっても構いませんし、大人は日中に15分ほどの仮眠をとるだけでも頭がスッキリするそうです。

細切れの睡眠はつらいですが、それも赤ちゃんの成長とともに解消されます。今一緒に眠れるひとときを楽しみましょう。

ゆっくり赤ちゃんの観察ができる

一生懸命母乳を飲む姿が可愛い

授乳中は赤ちゃんの可愛さを再確認するよい機会です。授乳時間が待ち遠しく感じ、授乳中は赤ちゃんの顔を時間を忘れてみつめてしまったというママもいるようです。

授乳中の過ごし方について、助産師や産科医から授乳は親子のスキンシップの時間なのでスマホやテレビを観ないようにアドバイスされることがあります。授乳中の時間の使い方はママの自由ですが、赤ちゃんもママの優しいまなざしを感じながらおっぱいを飲めばより安心できるのかもしれません。

ママも、腕の中で一生懸命おっぱいを飲む赤ちゃんの姿に心癒されるのではないでしょうか。育児の中ではイライラしたり自分の不甲斐なさに落ち込んだりすることもありますが、こうした赤ちゃんの姿をみると「また頑張ろう」と思えますね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事