就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1時間でママチャリが走れる距離は?電動子乗せ自転車のスペック比較

1時間でママチャリが走れる距離は?電動子乗せ自転車のスペック比較

都市部など、車での移動が不便な土地では、子どもとの移動に子乗せ自転車が欠かせませんよね。子乗せ自転車では1時間でどのくらいの距離が走れるのでしょうか。この記事では、子乗せ自転車は電動タイプをおすすめする理由と、電動子乗せ自転車で走れるスピードや距離、長距離向けの電動自転車3選を紹介します。

ママチャリは電動タイプがおすすめな理由

こぎ出しがふらつきにくく安定感がある

子乗せ自転車を選ぶにあたって、電動か非電動かで悩む方も多いのではないでしょうか。電動と非電動とではかなりの価格差があり、「電動は高くて贅沢かも」と考えてしまうママもいるかもしれませんね。

周りのママに聞いてみると「子乗せなら電動タイプがおすすめ」という声が多数でした。非電動から電動に買い替えたママは、こぎ出しのスムーズさに驚いたといっていましたよ。

子どもの体重が軽いうちは、非電動でも充分かもしれません。でも、子どもが重くなったり、きょうだいが増えて前後に子どもを乗せるようになったりすると、こぎ出しや狭い道でスピードを落としたときなどにふらついてしまいます。

電動ならこぎ出しでアシストがかかるため、ふらつきにくくなります。

楽に移動できるから行動範囲が広がる

電動自転車の最大のメリットは、移動が楽になることでしょう。非電動の場合、後ろに幼児を乗せていると、ちょっとの坂道でも登るのが大変になってしまいます。友人ママは、発進時や坂道ではいつも立ちこぎしているといっていました。

その点、電動ならば急な坂道でもストレスなく登ることができます。移動が楽になることで、行動範囲が広がりますよね。

徒歩では行きにくい少し遠くの公園や、普段ならバスや電車を使っていた街まで自転車で出かけることができるようになり、お出かけが少し楽しくなりますよ。

小さな子どもを連れてバスや電車に乗るのはストレスになることもありますよね。自転車なら、自分たちのペースで移動ができるので気楽に感じられるはずです。

車や公共交通機関を利用するよりもお得

自転車での移動は、金銭的にお得だというメリットもあります。たとえば、3km先の場所まで電車やバスで出かけると、片道およそ150~200円、往復で300~400円くらいはかかるのではないでしょうか。車で出かけると、ガソリン代と場所によっては駐車場代もかかってきますよね。

電動自転車なら、充電時の電気代数円と、場所によっては100円程度の駐輪場代がかかるものの、電車やバス、車に比べれば少額ですみます。

車での移動だと、車を停められる場所が限られてきますし、電車やバスだと、駅やバス停から目的地まで歩かなければなりません。一方、自転車なら目的地まで直接行くことができ、出かけるのがおっくうでなくなりますよ。

電動子乗せ自転車で走れるスピードや距離

子乗せ自転車は1時間で約12km走れる

町なかでは、1時間で子乗せ自転車が走れる距離は約12kmといわれています。1時間のお出かけで12kmも?と驚いてしまうママもいるかもしれませんね。

でも、電動自転車なら坂道や発進時の負担が少ないため、案外楽に移動できてしまうものです。往復で12kmと考えて、片道6kmの範囲を地図で見てみましょう。

これまで行きにくかった公園や、ショッピングモールなどが見つかるのではないでしょうか。片道30分、ママのちょっとした運動もかねて子どもと一緒にお出かけしてみてもよいかもしれませんよ。

ただし、電動自転車で遠くに出かけるときにはバッテリーが途中でなくならないよう注意しましょう。自転車を選ぶときに、走行距離の目安を確認するとよいですね。

充電1回の走行距離はバッテリー容量で決まる

1回の充電でどのくらいの距離を走れるかは、バッテリー容量で決まります。電動自転車を選ぶときには、バッテリーの容量を確認するようにしましょう。

2018年時点で発売されている大手メーカーの子乗せ電動自転車では、バッテリー容量が12~20Ah程度が主流になっています。1Ahで走行距離はおおよそ3~4km程度といわれていますので、12Ahで1日8km程度走行するなら6日に1度充電が必要となりますね。

普段自転車メインの生活であれば、なるべくバッテリー容量の大きいものを選んだほうが、充電の手間が減り、ママのストレスも少なくなることでしょう。毎日の移動距離とバッテリー容量とを比較してみてくださいね。

12Ahのバッテリーなら約50km走れる

12Ahのバッテリーの場合、約50km走れるとされています。ただし、多くのメーカーで、走行モードが3段階ほど用意されており、走行モードや走行する道に坂道が多いか少ないかなどにより、走行距離は変わってきますので、あくまで目安と考えましょう。

12Ahのバッテリーを搭載したある車種では、アシスト力が強いがバッテリーの減りが早いモードの場合は約45km、標準モードの場合は約52km、アシスト力が弱い代わりにバッテリーの消耗を抑えるモードの場合は約72kmとなっています。モードによってだいぶ走行距離が変わるようですね。

自宅近辺の坂道の多さ・移動距離などから必要となるバッテリー容量を見極めてくださいね。

ママにぴったりな長距離向け電動自転車3選

走行安全性を重視「ビッケモブdd」

大手メーカーから発売されている子乗せ電動自転車の中から、長距離に向く3車種を紹介しましょう。

まず一つめは、ブリヂストン「ビッケモブdd」です。

こちらの最大の特徴は、両輪駆動であること。アシスト力が強く安定感のある乗り心地だそうです。モーターブレーキがかかり、下り坂などでスピードが出にくい安全設計となっているそうですよ。

また、坂道などで前輪ブレーキをかけると充電される仕組みになっているので、バッテリーが長持ちするという利点もあります。フレームが低い位置にあり、小柄な人でも乗り降りしやすいそうですよ。

バッテリー:14.3Ah+回復充電、重量:34.4kg、シフト:3段(走行距離:強42km、標準58km、エコ82km)

大容量バッテリー「ギュットアニーズKE」

次に紹介するのが、Panasonic「ギュット・アニーズ・KE」です。

こちらは、業界最大容量とされる20Ahのバッテリーを搭載しており、長距離を走る方や、充電の手間に煩わされたくない方にぴったりのモデルとなっています。キーをカバンに入れたままでも開錠することができる「ラクイック」機能も便利だと評判です。

また、オプションパーツであるフロントシートが、先に紹介したブリヂストンのビッケのもの(1~3歳未満)よりも1年長く乗れる設計になっているため、子ども2人を乗せる予定のある方には嬉しいポイントかもしれませんね。

バッテリー:20.0Ah、重量:35.1kg、シフト:3段(走行距離:強63km、標準76km、エコ100km)

扱いやすくてパワフル「パスバビーアン」

最後に紹介するのが、ヤマハ「パスバビーアン」です。

こちらは、軽さと取り回しのしやすさにこだわって設計されているのがポイントです。子乗せ電動自転車は車体が重く、せまい駐輪場ではひと苦労…という方も多いですよね。そんな負担が少しでも軽くなるよう細かな工夫がされているそうですよ。

また、ヤマハ独自のなめらかでパワフルなアシストが特徴で、こぎ出しや坂道・平地・荷物の多いときなど、さまざまな状況に応じた違和感の少ない乗り心地が評価されているとのことです。

バッテリー:12.3Ah、重量30.8kg(リアチャイルドシート標準装備モデル)、シフト:3段(走行距離:強40km、標準50km、エコ58km)

まとめ

子乗せ電動自転車について紹介してきましたが参考になりましたでしょうか。ここに紹介した3車種以外にもたくさんのラインナップがあり、いざ選ぶとなるといろいろと悩んでしまいますよね。

知り合いの自転車屋さんがいっていましたが、主要メーカーの子乗せ自転車はどれもよく考えられて作ってあり、どれを選んでもハズレはないのだそうです。自転車の利用シーンを考えつつ、できれば試乗もしてみて、気に入る自転車が見つけられるとよいですね。

自転車に乗って、子どもと一緒に快適なお出かけを楽しんでくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018