就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもにつけたい冬の名前!冬を感じさせる人気の名前を知ろう

子どもにつけたい冬の名前!冬を感じさせる人気の名前を知ろう

我が子には、素敵な名前をつけたいと思いますね。パパやママの名前にちなんだものや好きなもの、こんな人に育って欲しいという願いを込めたものなどさまざまです。その中で、生まれた季節感を取り入れた名前をつけることもあります。そこで、今回は冬生まれの赤ちゃんの名前をご紹介したいと思います。

寒い冬にも素敵なイメージがたくさん

澄んだ空気と純白の雪が美しい季節

冬といえば、雪の白さと寒さ、澄んだ空気などが思い浮かぶのではないでしょうか。雪・クリスマス・お正月・雪だるま・節分・柚子・りんごなどさまざまな言葉や光景が浮かぶでしょう。

クリスマスやお正月などそのままの言葉を名前としてつけることはしませんが、それにちなんだり、連想したりできる漢字や言葉などを名前の一文字に使うことはよくあるのではないでしょうか。

12月は、クリスマスのイメージから雪や聖夜、凛とした雰囲気の名前、1月は、新年のおめでたいイメージを膨らませた名前、2月は、初旬だと厳冬の中でも清く強く生きていくイメージと、下旬では春に向かう様子なども思い浮かぶでしょう。

冬といっても何月かによってイメージは変わってくるものですね。

12月は聖なる夜をイメージさせる

12月といえば、クリスマスの季節です。クリスマスで連想される漢字には、聖・雪・柊などがあります。12月全体に広げると、深・冬・白・晶・静などもあげられるでしょう。

また俳句で使う12月の季語には、神楽・冬紅葉・山茶花・千鳥・白鳥・枇杷の花・雪蛍・冬茜・冬陽・空風・冬龍・冬桜・葛湯・冬の夕・寒桜・雪の精・鷹・寒緋桜・冬至梅・聖夜・蜜柑などがあります。この中にも名前に使えそうな漢字がありますね。

名前のイメージや性別によっても、使う漢字や名前の響きが違ってきます。クリスマスにちなんだ漢字を使うと、名前を見ただけで「もしかすると12月生まれかな?」と思いますし、冬らしい文字や響きなら「冬生まれの子かな?」と想像しますね。

おめでたい雰囲気に包まれる1月

1月は一年の始まりですね。お正月もあり、おめでたい月でもあります。1月は「睦月」ともいい、1月生まれの赤ちゃんに「睦月」とそのままつけるパパやママもいます。お正月に関連した漢字には、正・寿・初・新・春・七・福・明・慶・喜などがあります。

1月の俳句の季語は、元旦・元朝・正月・初明かり・新年・明けの春・御慶・初晴・初空・初春・初茜・七福神詣・福笑・初景色・初夢・富士山・羽子板・初星・歌留多・迎春・雪・冬椿・冬薔薇・冬早・冬芽・落葉・風花・冬菫・寒紅などがあります。

1月はおめでたい言葉が多いですね。この中から赤ちゃんの名前に使いたいものを探してみると、赤ちゃん誕生の喜びと、新年のおめでたさの両方が表現できるかもしれませんね。

冬を連想する人気の漢字はこれ!

12月はクリスマスが代表的「聖」

「聖」は、「聖夜」のイメージからクリスマスっぽい漢字の代表ですよね。漢字の意味としては、「知や徳の高い人」「聖人」「その道で特に優れた技量があり、模範とされる人」「清らかで尊いこと」「美しく穢れがない」の意味があります。

読み方や名乗りは、「せい」「しょう」「ひじり」「あき」「あきら」「きよ」「きよし」「さと」「さとし」「さとる」「たから」「とし」「ひと」「まさ」「よし」などがあります。

<男の子の名前の例>
・聖(あきら・きよし・さとし・たかし) 
・聖人(きよと・まさと・まさひと・せいと)
・聖也(きよなり・しょうや・せいや・まさや)

<女の子の名前の例>
・聖(ひじり) 
・聖子(しょうこ・せいこ) 
・聖良(せいら・きよら)

清らかで純白のイメージ「雪」

新雪や真っ白な雪は、穢れなき純真なイメージがあります。「雪」には、雪そのものの意味以外に「白い」「洗い清める」「すすぐ」「そそぐ」の意味があります。

名前に込める想いには、純粋で清らかな心の人や素直な人、清楚な人になって欲しいなどの願いがあります。雪を名前につけるパパやママの中には、雪国出身、ウインタースポーツが好き、子どもが生まれた日に雪が降っていたなどもあるようです。

読みと名乗りは、「ゆき」「すすぐ」「そそぐ」「せつ」「せち」「きよ」「きよみ」「きよむ」です。

<男の子の名前の例>
・聖雪(きよゆき) 
・智雪(ともゆき) 
・雪翔・雪斗(ゆきと)

<女の子の名前の例>
・恋雪(こゆき) 
・紗雪(さゆき) 
・深雪(みゆき)

直接名前にいれてもかわいい「冬」

「冬」の漢字は、厳しい寒さを乗り越えるように忍耐力がある子、澄み切った空気のような子、透明感がある子、清らかな心の子になるようになどの意味を込めて使われるようです。「冬」の読み方と名乗りには、「ふゆ」「とう」「かず」「とし」などがあります。この漢字があると、一目で冬生まれと想像できますね。

<男の子の名前の例>
・冬馬(とうま)
・冬吾、冬悟(とうご)
・冬也・冬哉(とうや)
・叶冬(かなと)
・冬一郎、冬一朗(とういちろう)
・冬臣(ふゆおみ)
・和冬(かずと)

<女の子の名前の例>
・冬紗(かずさ)
・小冬(こふゆ)
・美冬、深冬(みふゆ)
・沙冬、紗冬(さと)
・冬愛(とあ)
・冬萌(ともえ・とも)
・冬和、冬羽(とわ)

男の子、女の子につけたい冬の名前

男の子に人気の冬の名前

男の子に使われることが多い、冬の漢字を使った名前をご紹介します。

優雪(ゆうき):白い雪のように清い心と優しさをもった子になってほしいとの願いが込められています。

蒼澄(あおと):空の青さと、冬の澄んだ空をイメージした名前です。

勝璃・翔璃(しょうり):12月の誕生石であるラピスラズリ(瑠璃石)の漢字を使った名前です。

澄哉(とうや・すみや):冬の澄み渡った大空をイメージした名前です。

優聖(ゆうせい):聖なる人、賢い人と優しいを組み合わせた名前です。

冬璃(とうり):瑠璃石の漢字と冬生まれの冬を組み合わせています。

壱聖(いっせい):聖人やクリスマスのイメージと一番になれるように、または1日生まれの男の子に名付けるようです。

冬聖(とうせい):冬そのものと知徳の高い人を組み合わせています。

悠澄(ゆうと):冬の澄んだ空気とゆったりと大きな様子を組み合わせた名前です。

冬真(とうま):冬という漢字で忍耐、真の漢字で真っすぐ、真実、真面目など忍耐力があり実直なイメージの名前です。

女の子に人気の冬の名前

女の子に使われることが多い、冬の漢字を使った名前をご紹介します。

瑠璃(るり)、璃子(りこ)、瑠美(るみ):12月の誕生石の瑠璃石の漢字を使っています。

聖(ひじり)、聖子(せいこ・しょうこ)、聖花(みか)、聖美(きよみ)、聖良(せいら):「聖」の漢字の聖なる人、賢い人などの意味から名付けられています。

鈴音(すずね)、鈴香(すずか)、鈴乃(すずの)、美鈴(みすず):クリスマスのベルなど静かな夜に鳴り響く鈴の音をイメージした名前です。

初音(はつね)、結(ゆい)、寿々(すず):お正月などの初春をイメージした名前です。

柚月・柚希(ゆづき)、柚羽・柚葉(ゆずは)、美柚(みゆ):果物の柚子から漢字をとっています。

小雪(こゆき)、紗雪・沙雪(さゆき)、雪菜・雪奈(ゆきな)、美雪・深雪(みゆき)、雪音(ゆきね)、雪乃(ゆきの):雪の白さや純真なイメージの名前です。

明澄(あすみ・あずみ)、香澄・歌澄・花澄(かすみ)、澄香・澄佳・澄歌・澄美花・澄美歌(すみか)、澄乃(すみの)、羽澄・葉澄(はすみ):澄んだ冬の空気をイメージしています。

まとめ

冬にはたくさんの行事がありますよね。12月はクリスマス・冬至・大晦日、1月はお正月・七草の日・成人の日・十日戎(とおかえびす)・鏡開き・小寒・大寒・小正月、2月は節分・建国記念の日・雨水の日などです。

冬全体のイメージは、寒さ、澄んだ空気、白い雪などがあります。冬生まれだからこの漢字を使うというだけでなく、生まれてきた子どもがどんな未来を歩んでほしいか、どんな人に育ってほしいかなどを考えてさまざまな名前を考えてみましょう。

子どものことを想いながら考える名前は、素敵なものとなるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018