就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【イヤイヤ期体験談】魔の2歳児にイライラ。でも育児の喜びもある!

【イヤイヤ期体験談】魔の2歳児にイライラ。でも育児の喜びもある!

2歳になると、子どもの自我が芽生え、いわゆる「イヤイヤ期」が始まります。あれもイヤこれもイヤ、もしくはママじゃないとダメ、と強いこだわりを見せてくるわが子にイライラしてしまうママも少なくありません。そこで今回はイヤイヤ期体験談とイヤイヤ期はなぜ起こるのか、乗り越えるコツなどについてご紹介します。

これが2歳児のイヤイヤ期?ママの体験談

ママはベビーカー専用

  • 体験者:K.Nさん(30代後半)会社員
  • 子ども:2歳(男の子)
息子が2歳で一般的なイヤイヤ期を迎えた頃、ほかのお子さんのように洋服やおもちゃ、食べ物にはこだわりはあまりありませんでした。

でも、お出かけに関しては強いポリシーがあり、とにかくベビーカーが好き。雨でもベビーカー!(レインカバーは面倒だし、傘を差してベビーカーはちょっと大変)、車で出かけるのにベビーカー!(ベビーカーを使うほど歩かないのに)、保育園に行くにもベビーカー!(置き場所が狭いからママは抱っこで歩きたい)と、ママの気持ちを無視してイヤイヤを言い放題。

中でも『ベビーカーを押す人』へのこだわりが強く、いつもクルッと振り向いて「ママじゃなきゃイヤ!」と言いまくり、ベビーカーを押す人の確認を怠りませんでした。

おかげでパパはもちろん、母や義母、義姉も気分を害し、私に向かって大クレーム!そのうち誰もベビーカーを押す手伝いをしてくれなくなり、私は完全に息子の運転手でした。

■編集部コメント

これじゃなきゃダメ、ママじゃなきゃダメ、といった強いこだわりを持つ行動もイヤイヤ期に多くみられます。頭を抱えてしまうママも多いかもしれませんが、ほんの一時期のことなので悩みすぎないようにしたいですね。

ママに甘えたいんだもん!

  • 体験者:めりーさん(40代前半)パート・アルバイト
  • 子ども:2歳(男の子)
ご機嫌で車で出かけたのに、駐車場に着いたら降りたくないとグズグズしだしました。お友達と待ち合わせをしていたので「じゃ、お家に帰ろう」という作戦もできず、最初は優しくなだめていたものの、だんだんイライラした口調になり、息子も激しく泣き出してしまいました。

私はアメリカに住んでいて、激しく泣いている子どもを車から引きずり出すという行為は幼児虐待にあたり通報されてしまうことも。

困っていると、男性が声をかけてくれ事情を説明すると「ママ困らせちゃだめだぞー」と声をかけてくれました。そのとたんにピタっと泣き止んだ息子。「イヤイヤもママにだからするんだよね」と思ったら、イライラしてキツいことを言ってしまったことを反省しました。

■編集部コメント

どうして今!というときに限って、子どもがぐずり困ってしまう経験をしたママも多いと思います。ママはイライラしながらなだめ疲れてしまうと思いますが、大好きなママにだからこそ子どもは甘えてぐずってしまうのです。

イヤイヤ期の対処法はイヤイヤ期に学ぶ

  • 体験者:S.Aさん(30代前半)パート・アルバイト
  • 子ども:2歳(双子・2人とも女の子)
2歳の双子の女の子がいます。日々の忙しい生活の中でイヤイヤが発揮されると、こちらもきー!となってしまうことがあります。

おだててみたり、叱ってみたり…正解はなく、うまくいっても次はうまくいかなかったりと、試行錯誤の毎日です。ただ、双子のどちらかが親に対してではなく、相方にイヤイヤを発動することがあります。

さっきは赤がいいといってどうぞをしたのに、次にはその青をくれ!と言ってくるのです。その時、不思議と二人してイヤイヤすることはなく、「うん」と言って全部受け入れるのです。

するとイヤイヤしていた方もすんなりと次に動けます。「甘やかしたらだめ」とか「腹が立つ」などは一旦置いておいて、受容することの大切さを痛感しています。

■編集部コメント


ママとしては子どものしつけに一生懸命になるあまり、こうしなくては!という意識から行動してしまいがちですが、状況によっては子どもの主張を受け入れてみると、また違った対応の仕方が見つかるかもしれませんね。

2人目が産まれた後のイヤイヤ期体験談

2人目でつまづく育児!これがイヤイヤ期?

  • 体験者:S.Aさん(30代前半)パート・アルバイト
  • 子ども:2歳(女の子)上の子は4歳(女の子)
1人目の時はそれなりに育児の悩みはありましたが特にイヤイヤ期というものがなく2歳3歳とマイペースに成長してきました。

2人目もよく寝る子で泣き止まない経験もなく、また寝返りやつかまり立ち、歩くのも言葉も早く、姉妹そろってあまり手のかからない育児をしていましたが、1歳10か月頃から世間でよく聞くイヤイヤ期の様な事が起き始めました。

「服を着替えようね~」に対しても「いやだ!」おでかけやお風呂におやすみの時間のお誘いも全てに「いやだ!」で返してき始めたのです。

はじめは、好きなおやつや玩具で気分を乗せてあげたり、気分転換になるようなことをしたりしてましたが、それも数日たつともう効果なし!

私の場合今まで大きな育児の壁にぶつかった事がなく、娘のちょっとした事でひっくり返って泣き出したりに対処する方法がわからずイライラした日々を過ごしていました。

周りのお母さんに話を聞いて貰ったこともありましたが、やはりいやいや期は成長過程の一つなので解決方法はなさそうでした。ただ、経験したお母さんの「わかるー!ホントに大変だよね!」の言葉に支えられてました。

1カ月ぐらい経ってくると、私も場合によってはうまく受け流せるようになり、またお姉ちゃんが「今は〇〇する時なんだよ!」と言い聞かせてくれるようになり、なんだかそのやりとりが可愛くて、もっとイヤイヤって言ってもいいんだよ~と前より大きな心でイヤイヤを受け入れてあげれる様になっていました。

イヤイヤ期、まだ続いてて大変ですが、本当に子供たちに成長させてもらっているなと思います。

■編集部コメント

1人目では悩まなかったことも2人目では悩んだり、育児の悩みは子どもによっても変わってきます。悩んだときは、経験者のママに話を聞いてもらうだけで気持ちがすっきりすることも。上の子が協力してくれると助かりますよね。

第2子出産と同時に来たイヤイヤ期

  • 体験者:S.Nさん(20代後半)パート・アルバイト
  • 子ども:2歳(男の子)下の子は0歳(男の子)
長男が2歳になる2週間前に次男を出産しました。赤ちゃん返りというよりはまだ赤ちゃんな長男、とても心配でした。8か月ごろから夜の授乳も卒業し夜は起きない子でしたが、妊娠中突然夜泣きが始まり、2カ月ほど続きました。

産後すぐは、1回の授乳とミルクで約40分が1日6・7回、その時間次男にかかりきりになるのでとても不機嫌。ちょうどその頃お気に入りで履いていたアンパンマンの靴が切れてしまい、手近で新しい靴を買ったら、「アンパンマンじゃない、違う」と放り投げられてしまい、新品の靴はそのまま押し入れへ。

ネットでの靴の購入はサイズの心配でできず、産後間もないときでしたががんばって買いに行きました。産後とイヤイヤ期と嫉妬が重なり大変だったと思います。

■編集部コメント

子どもの年齢差が少ない場合、下の子のお世話をしながら上の子の相手をするのは大変です。特にイヤイヤ期と下の子への嫉妬が重なると手を焼いてしまうことも。ママに甘えたい上の子の気持ちも受け止めてあげたいですね。

何故だかイヤイヤ期はなかった

  • 体験者:N.Yさん(30代後半)専業主婦
  • 子ども:2歳(女の子)上の子は5歳(女の子)
娘を2人育てております。2歳児の頃は好奇心が旺盛で、親が困ることも多々あります。お互いにこうしたい、ああしたいとバッティングしてしまう時期ので、親も辛抱の時期…ですよね。

大人だからとはいっても、親歴2年。中々難しいです。 そんな堪忍袋の緒が切れそうな時、よくやっていたのが、リビングの隣のパウダールームのドアを閉め、鍵を閉め、ママを100だけ一人にしてくれる?といった提案でした。私は頭がクールダウンしたらリビングに戻るといった感じです。

ついつい感情的になってしまいがちな子育てですが、ドア一枚を隔てて少し時間を設けるだけで、親子の空気は穏やかなものになりました。我が家にイヤイヤ期がなかったのは、こんなテクニックが功を奏したからではないかと思っています。

■編集部コメント

イヤイヤ期の子どもと一日中一緒にいると、ママのイライラが溜まってしまうことも。感情のコントロールをするために、ときには深呼吸するように心がけましょう。できるだけ穏やかな気持ちで子どもに向き合いたいですね。

苦あれば喜びあり!イヤイヤ期は成長の証

イヤイヤ期は子どもが成長している証拠

今まで大人しい赤ちゃんだったのに、2歳前後になり急にイヤイヤ期の始まる子どもも多いことでしょう。だんだん自分でできることも増えてくるとともに、子どもの自我も成長してきます。

簡単な言葉やゼスチャーとともに自己主張することを覚え、子どもなりのこだわりを周りに示し始めます。しかし自己主張はするものの、どうしてそれがしたいのか、それではだめなのかは子ども自身まだよくわかっていないため、叱ってもあまり意味がありません。

ママが説明しても、この時期の子どもはまだ理解することも難しいでしょう。イヤイヤ期は子どもと長い時間を一緒に過ごすママにとっては辛い時期だと思いますが、広い心で子どもの成長を見守ることが大切です。

魔の2歳児と呼ばれる由縁は?

子どもは大人になるまでに2回の反抗期を経て成長するといわれています。その1回目の反抗期に当たるのが2歳前後から始まり4歳前後で落ち着くイヤイヤ期です。

2歳前後になると、ママの力を借りずにひとりでやってみたいという自立心があるものの、まだ上手にすることができず、子どもの中に不満が溜まってしまいます。さらに自分の気持ちやしたいことをママに伝えようとしても、ボキャブラリーが不足しているためうまく言葉で伝えることができません。

その葛藤から子どもはイライラしてぐずってしまうので「魔の2歳児」と呼ばれるのです。子どもの「したいこと」と「できること」のギャップからうまれる反抗的な態度。その葛藤を理解してあげたいですね。

イライラせずに子どもを見守るコツ

魔の2歳児真っ盛りの子どもと1日中2人きりで過ごしていると、ママのストレスも溜まり、つい頭ごなしに叱ってしまったりイライラしたりすることもあると思います。たまにはパパや実家、もしくは地域のファミリーサポートに子どもを預けて、ママの気分転換することも必要です。

預けるのが難しい場合は、子どもが昼寝をしている間に家事の手を休め、ママの好きなことに熱中する時間を持つのもオススメです。育児から離れた時間を持つことによって、ママも新しい気持ちで子どもに向き合うことができます。

魔の2歳児も4歳になると落ち着いてきます。長い育児の過程でのほんの一時的なものだと割り切って、子どもの気持ちを受け止めてあげるように心がけたいですね。

まとめ

今回は、魔の2歳児、イヤイヤ期の体験談についてのお話でしたが、いかがでしたか?わが子のイヤイヤに疲れ果てているママも多いと思います。

アメリカでも「terrible two」と呼ばれるように、日本のママだけでなく世界のママが頭を悩ませるこの時期。渦中にいる時は辛く感じてしまうこともあると思いますが、ほとんどのママが体験することだと割り切って、気持ちを明るく前向きに保つようにしてくださいね。

この時期を過ぎると子どももぐんと成長するので、育児が少し楽になってくるはずです。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018