就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

水耕栽培のコスパが気になる!新鮮な野菜を高コスパで育てる方法

水耕栽培のコスパが気になる!新鮮な野菜を高コスパで育てる方法

キットを利用せず自作で水耕栽培をする方法

100均やペットボトルなどで高コスパ栽培

多少手間がかかってもよいから、できるだけ安く水耕栽培をやってみたい!というママは、身近なものを利用して自作してみてはいかがでしょうか。100円均一で売られているグッズを組み合わせるだけで、水耕栽培を体験できますよ。

一番お手軽なのはペットボトルを利用した作り方です。ペットボトルの上部を切り離し、注ぎ口が付いたほうを逆さまにしてペットボトルの下半分にはめ込こんだら、容器全体を100均のアルミシートで覆います。

注ぎ口の部分に小さくカットして切り込みを入れたスポンジを置き、野菜などの差し芽を挟み込んだら装置のできあがりです。あとはペットボトルの容器部分に、液体肥料を溶かした水を満たし、日なたに置けば完成です。

工夫を凝らして自作を楽しんでみよう

ペットボトル以外にも、プラスチック製のごみ箱と水切り籠で作る方法もあります。水耕栽培を自作で行う場合必要なのが
・溶液を入れる容器
・種を植え付けるための穴開き容器
・遮光性のあるシート
に、植え付けをする
・スポンジ
・植物の種
・液体肥料
です。

溶液部分に光が当たると、藻が発生して水が汚れてしまうため、遮光が大切なポイントになります。逆にいえばそこさえ押さえてしまえば、容器などはいろいろなもので代用が可能ということです。

装置の仕組みを理解していれば、工夫次第で大型のものから卓上サイズまで思いのままの規模で栽培することができます。ただし陽当たりや水の管理など、市販のキットに比べてお世話の手間が増えることは覚えておきましょう。

自作したほうがコスパが高くなる

容器を自作する場合、液体肥料以外のものはすべて100均で揃えることができます。液体肥料は濃縮タイプのものが多く、1回の栽培で使用する量も少量なので頻繁に買う必要はありません。

種も100均で買うことができるので、容器代や液体肥料の代金を含めても、初期費用を2,000円程度まで抑えることができます。自作の容器でも繰り返し栽培することが可能なので、市販の栽培キットを使うよりもコスパが高くお得です。

容器の製作にも栽培にも、多少の手間が必要ですが、コスパを重視する方にはおすすめです。うまくいけば100均で買える種1袋で、数十株の収穫が見込めるので、栽培を数回くり返すだけで簡単に元をとることができるでしょう。

まとめ

水耕栽培は、いつでも新鮮で安全な野菜が食べられるとても便利な栽培方法です。市販のキットにも自作の容器にも、それぞれメリットとデメリットがあるので、ライフスタイルや予算に合わせて選びましょう。

おしゃれなデザインの栽培キットはインテリアとしても使うことができますし、忙しいママでも手軽に家庭菜園を体験することができます。自作容器ならば出費を最小限に抑えるだけでなく、自分なりの工夫をすることもできます。

コスパのみを追求するのではなく、栽培や収穫の楽しさを感じながら育ててみてはいかがでしょうか。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND