就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

水耕栽培のコスパが気になる!新鮮な野菜を高コスパで育てる方法

水耕栽培のコスパが気になる!新鮮な野菜を高コスパで育てる方法

水耕栽培はお手軽な家庭菜園の一つとして最近注目されていますが、具体的にどのような栽培方法なのかご存知でしょうか。今回は水耕栽培のメリットやデメリット、市販のキットを利用する場合の注意点や、自作容器での栽培方法をご紹介します。家庭で水耕栽培に挑戦してみたいママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

水耕栽培とはどういったものなの?

水耕栽培をするメリット

水耕栽培とは、土を使わずに栄養を溶かした水のみで野菜などを栽培する方法です。庭や広いベランダが無い家でも、野菜を育てて収穫することができます。

水耕栽培をするメリットですが、一番はなんといっても土を使わないことによって虫の発生を抑えることができるところです。ほかにも土に栄養を取られないぶん、成長が早まったり収穫量が増えたりすることもメリットといえるでしょう。

虫が発生する確率を下げられるので、無農薬で野菜を栽培することも可能です。自分で育てた野菜ならば、安心して食べることができますね。

また収穫も簡単に行えるので、子どもと一緒に作業するのもよいでしょう。食育になるばかりでなく、好き嫌い克服のきっかけになってくれるかもしれません。

水耕栽培をするデメリット

水耕栽培のデメリットとして、一番大きいのはやはり初期費用の高さが挙げられます。水耕栽培キットの値段はピンキリですが、ある程度の機能を備えたものなら1~3万円ほどかかり、定期的に液体肥料の購入も必要になります。

ほとんどのキットは水を循環させるつくりのため、循環装置を動かすための電気代が1日中かかります。照明が付いているものにはさらに電気代がかかってしまいますが、LED照明のものを選べばコストを抑えることも可能です。

土を使用しないため、根菜の栽培が非常に難しいこともデメリットといえます。家庭での使用頻度が高い、タマネギやニンジンなどを育てることはほぼ不可能です。そのほかにも、常に水をキレイに保つ必要があることも覚えておきましょう。

水耕栽培に適した植物

果物や花も種類によっては栽培することができますが、やはり一番適しているのは葉物の野菜でしょう。サラダによく使用するリーフレタスやロメインレタスを始め、パセリやベビーリーフなども水耕栽培に適しています。

タイムやバジルといったハーブ類も、水耕栽培に向いている植物です。室内で栽培して、お料理のときに摘みたてをすぐに使うことができて便利です。

お花ならばペチュニアやマリーゴールドなどがおすすめです。家庭菜園で人気のミニトマトも育てやすい品種といえます。

基本的に水耕栽培は根菜の栽培に向いていませんが、陽当たりなどに気を配ればラディッシュなども育てることができます。難易度は高めなので、ラディッシュ専用の栽培キットを使うほうがよいでしょう。

キットを利用して水耕栽培をする方法

初心者でも安心して栽培ができる

水耕栽培のキットは、お手軽な初心者向けのものから、多機能な本格派まで種類がたくさんあります。なるべく手間を減らして、効率よく栽培したいのならば、循環ポンプやLED照明の付いたものを選びましょう。

水耕栽培キットには必要な物が一式揃っているので、自分であれこれ考えて揃える必要がありません。説明書も付いているので、初めての方でも失敗することなく安心して栽培することができます。

どんな植物を育て、部屋のどの場所に設置するのかによって、必要な機能が変わってきます。液体肥料が切れかけたときにアラームを鳴らしてくれたり、自動で補充してくれるものなどもあるので、自分のライフスタイルにあったキットを選ぶようにしましょう。

キットを購入するために初期費用がかかる

キットを使用するときに、一番のネックになるのはやはり価格ではないでしょうか。栽培キットの値段は3,000円程度のものから数万円するものまで、種類がたくさんあります。

まずは省スペースで始められる手軽なものを選び、本格的にできそうならば多機能なものを検討するというのも一つの方法です。最初から本格的なキットを購入するのなら、自分にとって必要な機能が備わっているかを必ずチェックしましょう。

「山善(YAMAZEN)畑deおやさい YVP-40」や「ゼンポー水畑ミニ」は価格もお手軽で、スポンジの交換をすれば何度も繰り返して使用することができるのでおすすめです。サラダ菜などの野菜はカットしてもすぐに伸びてくるので、お得感もあります。

コスパは低いので節約のためには向かない

水耕栽培キットを使用する場合、初期費用がかかってしまうため節約には不向きだといえます。キットでの栽培だけで普段食べる野菜すべてをまかなうことは難しいですし、元を取ろうと思えば長い目で見る必要があります。

栽培スポンジや種、液体肥料などの消耗品が定期的に必要なことを考えれば、コスパは低いといえるでしょう。少しでもコスパを高くしたいのなら、値段が高騰しがちな野菜を育ててみるという手もあります。

しかし、新鮮で安全な野菜を自分の家で栽培して収穫できるのは何にもまさる魅力です。キットを利用することで、初心者でも失敗する確率を下げることができますし、自己流で買い揃えるよりも結果的に安くすむ可能性もあります。

キットを利用せず自作で水耕栽培をする方法

100均やペットボトルなどで高コスパ栽培

多少手間がかかってもよいから、できるだけ安く水耕栽培をやってみたい!というママは、身近なものを利用して自作してみてはいかがでしょうか。100円均一で売られているグッズを組み合わせるだけで、水耕栽培を体験できますよ。

一番お手軽なのはペットボトルを利用した作り方です。ペットボトルの上部を切り離し、注ぎ口が付いたほうを逆さまにしてペットボトルの下半分にはめ込こんだら、容器全体を100均のアルミシートで覆います。

注ぎ口の部分に小さくカットして切り込みを入れたスポンジを置き、野菜などの差し芽を挟み込んだら装置のできあがりです。あとはペットボトルの容器部分に、液体肥料を溶かした水を満たし、日なたに置けば完成です。

工夫を凝らして自作を楽しんでみよう

ペットボトル以外にも、プラスチック製のごみ箱と水切り籠で作る方法もあります。水耕栽培を自作で行う場合必要なのが
・溶液を入れる容器
・種を植え付けるための穴開き容器
・遮光性のあるシート
に、植え付けをする
・スポンジ
・植物の種
・液体肥料
です。

溶液部分に光が当たると、藻が発生して水が汚れてしまうため、遮光が大切なポイントになります。逆にいえばそこさえ押さえてしまえば、容器などはいろいろなもので代用が可能ということです。

装置の仕組みを理解していれば、工夫次第で大型のものから卓上サイズまで思いのままの規模で栽培することができます。ただし陽当たりや水の管理など、市販のキットに比べてお世話の手間が増えることは覚えておきましょう。

自作したほうがコスパが高くなる

容器を自作する場合、液体肥料以外のものはすべて100均で揃えることができます。液体肥料は濃縮タイプのものが多く、1回の栽培で使用する量も少量なので頻繁に買う必要はありません。

種も100均で買うことができるので、容器代や液体肥料の代金を含めても、初期費用を2,000円程度まで抑えることができます。自作の容器でも繰り返し栽培することが可能なので、市販の栽培キットを使うよりもコスパが高くお得です。

容器の製作にも栽培にも、多少の手間が必要ですが、コスパを重視する方にはおすすめです。うまくいけば100均で買える種1袋で、数十株の収穫が見込めるので、栽培を数回くり返すだけで簡単に元をとることができるでしょう。

まとめ

水耕栽培は、いつでも新鮮で安全な野菜が食べられるとても便利な栽培方法です。市販のキットにも自作の容器にも、それぞれメリットとデメリットがあるので、ライフスタイルや予算に合わせて選びましょう。

おしゃれなデザインの栽培キットはインテリアとしても使うことができますし、忙しいママでも手軽に家庭菜園を体験することができます。自作容器ならば出費を最小限に抑えるだけでなく、自分なりの工夫をすることもできます。

コスパのみを追求するのではなく、栽培や収穫の楽しさを感じながら育ててみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018