就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦に適した靴と靴下は?選び方のポイントとシーン別のおすすめ

妊婦に適した靴と靴下は?選び方のポイントとシーン別のおすすめ

妊娠したら今までのようなヒールの高い靴や、素足でサンダル履きなどは控えるようにいわれることがあります。では、どのような靴を選び、どのような靴下を履けばよいのでしょうか。妊婦さんでもおしゃれに決まるブランドやシーン別のおすすめシューズをご紹介します。

妊婦の靴選びで押さえたい三つのポイント

転びにくい、脱げにくいなどの安全性

妊娠すると、婦人科での最初の診察時に「自転車には乗らない」「重たいものは持たない」などいくつか注意点が伝えられることがあります。その中に「足元は冷やさない」や「ヒールの高い靴は履かない」がありますね。

妊娠初期はつわりもあり、めまいや立ち眩みなどが起こる可能性があります。ちょっとした段差でもつまずけば転倒し、流産など最悪の事態も考えられます。

また、これからお腹が大きくなれば足元が見えづらくなり、身体のバランスが変わるので、よりつまずいたり、転んだりしないように気を付ける必要があります。妊娠期間中は靴底が滑らないように工夫された靴、足元をしっかり包み安定して脱げにくい靴などを選ぶようにしましょう。

歩きやすく足腰に負担の少ない素材や形

歩くのに適した靴といえば軽い素材のスニーカーやスリッポンなどのフラットシューズですね。とくにランニング用のスニーカーは靴底に適度なクッション性があるものが多いので、脚に負担がかからず楽に歩けるという特徴があります。

デザイン性を重視するなら、バレエシューズのようなヒールの低い靴を探してみましょう。柔らかい革やスエード、ストレッチ素材の靴なら足を締め付けず楽ですね。

「高いヒールはNG」とよくいわれますが、実は足腰の負担が最も少ないのはぺったんこよりも3cm以下のヒールがある靴だそうです。フラットシューズを履くと腰やふくらはぎが痛くなるという人は、3cm以下のヒールを目安に靴選びをしてみましょう。

脱ぎ履きのしやすさとゆとり

妊娠時のトラブルとして、「むくみ」が気になる妊婦さんも多いのではないでしょうか。妊娠時には足にもむくみが出るので、同じサイズの靴でも朝夕でフィット感が違うことがよくあります。

そのため、靴の先が細いタイプや、幅の狭い靴は窮屈に感じる場合がありますので、ゆとりのあるデザインや伸縮性のある素材でできた靴を選ぶようにしましょう。また、お腹が大きくなるにつれて、しゃがむことや前かがみになることが難しくなってきます。

靴ひも付きや金具止めの靴、ファスナー付きのブーツなどは徐々に履くのが大変になりますので注意しましょう。脱ぎやすく履きやすい靴に引っかけるだけのサンダルもありますが、意図せず脱げてしまうこともあるので安全面では控えた方がよいですね。

シーン別に見る妊婦に適した靴とは

普段使いの鉄板はスニーカーやスリッポン

お散歩やお買い物など日常の生活では履きやすさ、歩きやすさを重視しましょう。やはり鉄板は足を入れただけでサッと外出できるスリッポンです。

スリッポンとは、靴ひもや金具がない靴の総称で、カジュアルでシンプル、さまざまなカラー、デザインがあるので、いくつかそろえておくと気分も変わって外出が楽しくなりそうですね。とくに妊娠中期からはお腹が大きくなるので、足元に手を伸ばさないでも履けるスリッポンタイプの靴は手放せなくなります。

よく歩くママや体重管理としてウォーキングを楽しみたいなら、軽くて靴ひものないスニーカーもおすすめです。どちらも、妊娠中だけでなく産後も赤ちゃんを連れて外出するのに大活躍しますので、自分に合った靴を揃えておきましょう。

仕事やフォーマルにはローヒールパンプスを

職場やかしこまったシーンでは、妊娠中でも靴はそれなりのものを履きたいですね。ローヒールパンプスはヒールこそ低いですが、そのほかの部分でポイントを押さえれば仕事で履いていても差し支えない靴といえます。

先の丸いラウンドトウよりも、少し先の尖ったポインテッドトウの方が大人の雰囲気が出ますし、カラフルな色合いではなく、黒や茶色などのベーシックなカラーを選べば落ち着いた印象でスーツにも合います。

素材も柔らかいものであれば革やスエード、エナメルなどが選べます。かかとから脱げてしまわないように、ベルトやストラップ付きのパンプスを選ぶと安心して歩けますね。

パーティーや結婚式であれば、華やかな色やデザインのものを選んでも足元が明るくなりますね。

秋冬はボアモカシンやブーツで温かく

冷えは妊婦の最大の敵。とくに足元は暖かくしておきたいですね。

秋冬の定番アイテムといえばブーツです。ローヒールであればショート、ミディアムなど長さが選べてデザインのバリエーションも豊富です。ただ、あまりスリムなシルエットのものを選ぶとふくらはぎがきつく感じることもあるので、履き口がゆったりしたものがおすすめです。

もう一つ、秋冬コーデに合わせやすいのがモカシンです。モカシンとはネイティブアメリカンのスタイルを原型とした靴で、つま先部分に施された「モカシンステッチ」が大きな特徴になっています。

冬物のモカシンには、内側に裏起毛やボアが使われているものもあり、冬の寒い日でも足元ポカポカ、散歩の足取りも軽くなりそうですね。

妊婦におすすめの靴ブランド3選

スニーカーならCONVERSE

スニーカーの定番中の定番といえば「コンバース」です。歩きやすいだけでなく、カジュアルコーデのポイントとしても使える優秀なアイテムとして世代を問わず愛されています。

カラーバリエーションも豊富で軽い履き心地なので、デザイン違いや色違いで揃えて気分によって履き替えるとおしゃれの幅が広がります。キッズサイズもたくさんあるので、産後はママと子どものリンクコーデを楽しむこともできますよ。

コンバースにもいろいろなタイプがありますが、妊婦さんにはローカットタイプが脱ぎ履きしやすくおすすめです。また、ひもで締めるタイプではなく、スリッポンを選ぶとより履きやすくなりますね。

お気に入りのコンバースをみつけて毎日の散歩を楽しくしましょう。

ローヒールパンプスならFin(フィン)

美しさと機能性を兼ね備えたシューズブランドの「Fin」。シンプルな中にも旬のエッセンスを感じさせる、さまざまなタイプのレディースシューズが揃います。

妊娠中でも歩きやすいフラットシューズやローヒールも豊富で、入園式に落ち着いた色合いのバレエシューズ、パーティーにぴったりの華やかなローヒールパンプスなどシーンによって選べるのが嬉しいですね。ほかにも、通勤に使えそうなフラットローファー、寒い季節はボアブーツ、雨の日にはレインブーツとたくさんの種類とデザインで展開されています。

取り扱い販売店も豊富なので、手に取りやすいのもポイントです。お気に入りのFinのシューズを探して、妊娠中もおしゃれな足元をキープしましょう。

かわいい靴ならオリエンタルトラフィック

個性的でかわいい靴を探すなら「オリエンタルトラフィック」はいかがでしょうか。遊び心がいっぱいのデザインで、シンプルコーデのアクセントとしても効果的です。

オリエンタルトラフィックの定番商品といえば、さまざまな素材で作られたバレエシューズ。リボンやレースがついたバレエシューズで足元にガーリーなテイストをプラスしてもよいですね。

ほかにも、ブーツやパンプス、モカシンといった豊富な靴のバリエーションがあり、どれもお手頃価格なのが最大の魅力です。また、サイズ展開も22~26cmと、むくみやすい妊婦さんでもぴったりの靴を探しやすいですね。

妊娠中でもおしゃれをあきらめないで、自分の個性を存分にアピールしたいママにおすすめです。

妊娠中の靴下やストッキングはどう選ぶ?

靴下は保温性に優れた素材のものを

冷えやすい妊婦さんの足元には夏場でも靴下が必須です。寒い季節はとくに保温性に優れた素材の靴下を数セット用意しておくと冷え対策になります。

部屋の中ではフリース素材など厚手の靴下を着用したくなりますね。その場合はフローリングで滑らないように裏に滑り止めがついているものだと安心です。

寝ているときにも冷えを感じる場合はシルク素材の靴下が保温性が高くおすすめです。むくみが気になり足がだるく感じるなら、妊娠中でも履ける着圧設計の靴下を履いてふくらはぎの血流をサポートしましょう。

靴下は妊娠してもサイズが変わらないので今までのものを使っても問題ありませんが、機能性や保温性に注目すると妊婦生活がもっと快適になるかもしれませんね。

タイツはマタニティ用かガータータイプを

通勤時に欠かせないストッキング、ワンピースやスカートとも相性がよいタイツは、妊娠するとお腹周りの締めつけが気になります。マタニティ用のストッキングやタイツであれば、お腹部分が立体的に伸び、マチ部分もたっぷりあるので苦しさを軽減して快適に着用することができます。

ウエストゴム部分がかなり上にのばせるので、胸の下からお腹をすっぽり包むことができます。それでも締めつけが気になるというママは、ガータータイプを選びましょう。

ガータータイプといっても、太ももにずり下がり防止のテープがついた「ガーターフリー」が主流です。ただ、それでもずり下がってしまうことがあるので、短時間で履きたい場合に適しています。

むくみが気になるときは着圧タイプを

長時間立ったままの仕事があるなど、ただでさえむくみやすい妊婦さんにはつらいですが着圧タイプのストッキングを使えばかなり楽に、むくみも予防することができます。マタニティ専用の着圧ストッキングはお腹周りはゆったりしていますが、足首から太ももにかけて程よい圧がかかるように設計されています。

足首に向かってだんだんと着圧が上がっていくものだと、さらにサポート力がアップしますので、むくみに悩む妊婦さんはぜひ使ってみてください。

さらにお腹を下から支えて軽く感じる「腹帯」設計、腰痛を軽減させるバックサポート、UV加工、消臭、抗菌機能などがついたストッキング、タイツ、靴下もあるので、悩みや好みに合わせて選んでみましょう。

妊娠中の靴と靴下に関する疑問と注意点

妊娠中に適した靴を購入するタイミング

妊娠が発覚すると自分でもヒールが高い靴を控えるようにするなど、今までの靴とは違ったタイプのものが必要になると感じることがあります。手持ちの靴が快適に履けるようであれば、わざわざ新しいものを購入する必要はありませんが、妊娠すると行動範囲が変わり、体重や体型が変わり、足のサイズも変わってくることがあります。

妊娠中期になるとお腹も大きくなりはじめ、だんだんと靴を履く体勢も苦しくなってきます。靴ひもやスナップも留めるのが大変になってきますので、それまでには簡単に脱ぎ履きできる靴を用意しておいた方がよいでしょう。

また、これまでの靴が窮屈と感じたときや、かかとや指が当たって痛くなったときは迷わず、足に合った靴を購入するようにしましょう。

妊娠中のハイヒールやサンダルは危ない?

妊娠中のハイヒールや引っかけるだけのサンダルは、転倒の恐れがあるため妊婦さんは控えた方が無難です。もちろん、履いて罰せられるということではありませんが、万が一のことがあってからではいくら自己責任とはいえ後悔が残るはずです。

どうしてもヒールがある靴を履きたい場合、安定感がある太めのヒールで3cm程度のものであれば比較的安心です。サンダルならバックストラップがあるとホールド力が高まります。

疲れにくい3cmヒールですが、これまで履き慣れていない妊婦さんではやはり注意が必要です。また、お腹が大きくなってくると身体のバランスが変わるため、少しのヒールでも腰や膝に痛みが出る場合がありますので、長時間履き続けるのは避けた方がよいでしょう。

お腹が大きくて靴下が履けないときの対処法

お腹が大きくなった妊婦さんが「難しい!」と感じるのが足の爪を切ることと、靴下を履くことです。座って足元に手を伸ばして、前かがみになるとコロンと後ろに転がってしまい、自分でも笑ってしまうことがありますね。

しかし、笑っている場合ではなく毎日の靴下が履けないのは問題です。解決策として、足を前ではなく横に出して履くようにすると少し楽になります。

椅子に座って膝を曲げ、身体の横から手を伸ばして靴下を履くこともできますが、椅子ごとひっくり返らないように注意しましょう。それでも履けないというときは、パパに甘えて毎朝履かせてもらうのが一番です。上の子がいれば喜んで手伝ってくれるかもしれませんし、毎日のコミュケーションとしてもおすすめですよ。

まとめ

妊娠して出産、子育てがはじまるとしばらくヒールが高いパンプスやピンヒールとはお別れです。とにかく「歩きやすい、軽い、疲れない!」が靴選びの鉄則になってしまいます。

ですが、やはり女性としておしゃれや遊び心も忘れたくはないものです。パパと一緒に出かけるときは、少しでもかわいい靴で一緒に歩きたいですね。

今回ご紹介したようなポイントを押さえ、妊娠中でも履けるローヒールやフラットシューズを履いてマタニティならではのおしゃれをしてみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj