就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦に適した靴と靴下は?選び方のポイントとシーン別のおすすめ

妊婦に適した靴と靴下は?選び方のポイントとシーン別のおすすめ

妊娠したら今までのようなヒールの高い靴や、素足でサンダル履きなどは控えるようにいわれることがあります。では、どのような靴を選び、どのような靴下を履けばよいのでしょうか。妊婦さんでもおしゃれに決まるブランドやシーン別のおすすめシューズをご紹介します。

目次

妊婦の靴選びで押さえたい三つのポイント

転びにくい、脱げにくいなどの安全性

妊娠すると、婦人科での最初の診察時に「自転車には乗らない」「重たいものは持たない」などいくつか注意点が伝えられることがあります。その中に「足元は冷やさない」や「ヒールの高い靴は履かない」がありますね。

妊娠初期はつわりもあり、めまいや立ち眩みなどが起こる可能性があります。ちょっとした段差でもつまずけば転倒し、流産など最悪の事態も考えられます。

また、これからお腹が大きくなれば足元が見えづらくなり、身体のバランスが変わるので、よりつまずいたり、転んだりしないように気を付ける必要があります。妊娠期間中は靴底が滑らないように工夫された靴、足元をしっかり包み安定して脱げにくい靴などを選ぶようにしましょう。

歩きやすく足腰に負担の少ない素材や形

歩くのに適した靴といえば軽い素材のスニーカーやスリッポンなどのフラットシューズですね。とくにランニング用のスニーカーは靴底に適度なクッション性があるものが多いので、脚に負担がかからず楽に歩けるという特徴があります。

デザイン性を重視するなら、バレエシューズのようなヒールの低い靴を探してみましょう。柔らかい革やスエード、ストレッチ素材の靴なら足を締め付けず楽ですね。

「高いヒールはNG」とよくいわれますが、実は足腰の負担が最も少ないのはぺったんこよりも3cm以下のヒールがある靴だそうです。フラットシューズを履くと腰やふくらはぎが痛くなるという人は、3cm以下のヒールを目安に靴選びをしてみましょう。

脱ぎ履きのしやすさとゆとり

妊娠時のトラブルとして、「むくみ」が気になる妊婦さんも多いのではないでしょうか。妊娠時には足にもむくみが出るので、同じサイズの靴でも朝夕でフィット感が違うことがよくあります。

そのため、靴の先が細いタイプや、幅の狭い靴は窮屈に感じる場合がありますので、ゆとりのあるデザインや伸縮性のある素材でできた靴を選ぶようにしましょう。また、お腹が大きくなるにつれて、しゃがむことや前かがみになることが難しくなってきます。

靴ひも付きや金具止めの靴、ファスナー付きのブーツなどは徐々に履くのが大変になりますので注意しましょう。脱ぎやすく履きやすい靴に引っかけるだけのサンダルもありますが、意図せず脱げてしまうこともあるので安全面では控えた方がよいですね。

シーン別に見る妊婦に適した靴とは

普段使いの鉄板はスニーカーやスリッポン

お散歩やお買い物など日常の生活では履きやすさ、歩きやすさを重視しましょう。やはり鉄板は足を入れただけでサッと外出できるスリッポンです。

スリッポンとは、靴ひもや金具がない靴の総称で、カジュアルでシンプル、さまざまなカラー、デザインがあるので、いくつかそろえておくと気分も変わって外出が楽しくなりそうですね。とくに妊娠中期からはお腹が大きくなるので、足元に手を伸ばさないでも履けるスリッポンタイプの靴は手放せなくなります。

よく歩くママや体重管理としてウォーキングを楽しみたいなら、軽くて靴ひものないスニーカーもおすすめです。どちらも、妊娠中だけでなく産後も赤ちゃんを連れて外出するのに大活躍しますので、自分に合った靴を揃えておきましょう。

仕事やフォーマルにはローヒールパンプスを

職場やかしこまったシーンでは、妊娠中でも靴はそれなりのものを履きたいですね。ローヒールパンプスはヒールこそ低いですが、そのほかの部分でポイントを押さえれば仕事で履いていても差し支えない靴といえます。

先の丸いラウンドトウよりも、少し先の尖ったポインテッドトウの方が大人の雰囲気が出ますし、カラフルな色合いではなく、黒や茶色などのベーシックなカラーを選べば落ち着いた印象でスーツにも合います。

素材も柔らかいものであれば革やスエード、エナメルなどが選べます。かかとから脱げてしまわないように、ベルトやストラップ付きのパンプスを選ぶと安心して歩けますね。

パーティーや結婚式であれば、華やかな色やデザインのものを選んでも足元が明るくなりますね。

秋冬はボアモカシンやブーツで温かく

冷えは妊婦の最大の敵。とくに足元は暖かくしておきたいですね。

秋冬の定番アイテムといえばブーツです。ローヒールであればショート、ミディアムなど長さが選べてデザインのバリエーションも豊富です。ただ、あまりスリムなシルエットのものを選ぶとふくらはぎがきつく感じることもあるので、履き口がゆったりしたものがおすすめです。

もう一つ、秋冬コーデに合わせやすいのがモカシンです。モカシンとはネイティブアメリカンのスタイルを原型とした靴で、つま先部分に施された「モカシンステッチ」が大きな特徴になっています。

冬物のモカシンには、内側に裏起毛やボアが使われているものもあり、冬の寒い日でも足元ポカポカ、散歩の足取りも軽くなりそうですね。

【先輩ママに聞きました】妊娠中はどんな靴をよく履いていましたか?

妊娠中の靴選びは着脱のしやすさ、疲れにくさなど実用性を重視する傾向にあります。先輩ママが実際にどんな靴を履いて妊娠中を過ごしていたのか聞きました。※テニテオ調査(n=100)

「スニーカー」と回答したママの体験談

  • 中敷きにクッションがしっかりあるスニーカーを履いていました。クッションがあることによって歩いても足が痛くなりにくいし、疲れにくくてよかったです。転んだりしないように安定性があって歩きやすく尚且つデザインのかわいい靴を選んでいました。
  • お腹が大きくなるにつれ、足元が見えにくくなるので段差での躓きや転倒を予防するために、足の裏が曲がりやすいよう靴裏の素材が柔らかめのスニーカーを履いていました。お腹が重くなっても足全体で支えられるので安定して歩く事ができました。

「スリッポン」と回答したママの体験談

  • 妊娠後期にはかがんで靴を履くのが難しいのでとにかく履くのが楽な靴を選びました。 転倒防止にヒールがないものを。 出産後も赤ちゃんを抱っこして転ぶわけには行かないのでその時の靴が役立ちました。
  • 履きやすくぬぎやすいという理由でスリッポンを好んで履いていました。たまにパンプスも履きましたが、ヒールがほとんどないペタンコなタイプを選んで履いていました。

「パンプス」と回答したママの体験談

  • フラットのパンプスを愛用していました。最初スニーカーを履いていましたが、お腹が大きくなるにつれて脱ぎ履きしやすいパンプスになっていきました。
  • ヒールはほとんどなくて太めの支えがあるパンプスを履いていました。私は地面にペタだと足に負担がかかりっぱなしでした。滑らなさそうな靴を選んでいました。

■編集部コメント

圧倒的に支持されたのがスニーカー。やはり履きやすい、転びにくい点がポイントのようです。

お腹が大きくなってくると足元の紐を結ぶのが大変になってきます。そうなると紐靴よりもスリッポンタイプの方が重宝するので、先を見越してスリッポンタイプのスニーカーを用意してもよさそうですね。

続いてのコーナーでは、これから靴を買う予定の人におすすめしたい靴ブランドを紹介します。
66 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版