就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもへの誕生日メッセージ。思いのいっぱい詰まった言葉を贈ろう!

子どもへの誕生日メッセージ。思いのいっぱい詰まった言葉を贈ろう!

毎年訪れる我が子の誕生日。子どもにとって大切なお祝いの日に、誕生日メッセージをプレゼントしてあげたい。でも子どものへの誕生日メッセージってどんなことを書いたらよいのでしょう?小さな子どもにもわかりやすく、伝わりやすいメッセージの書きかたのポイントを紹介します。

子どもへのメッセージはわかりやすくが基本

誕生日メッセージが伝わる年齢は?

子どもが自分の誕生日をわかりだすのは、幼稚園入園前の3歳になる誕生日頃だと思います。1~2歳まではまだ、誕生日の自覚がない子どもの方が多いかもしれません。また、3歳頃になれば簡単な文字を読める子どももいますので、メッセージを贈るのにはちょうどよい年齢だと思います。

しかし、誕生日メッセージは子どもが大きくなっても何度でも見返すことができます。メッセージを贈ったときは子どもがよくわかっていなくても、とてもよい思い出として形に残すことができます。1歳の誕生日からプレゼントをしても、もちろん大丈夫です。また、産まれたその日に初めての誕生日メッセージを贈るのもよいですね。毎年決まった日に贈ることのできるところが、誕生日メッセージのよいところですね。

男の子と女の子で気をつけるポイント

誕生日メッセージを書くときに、男の子と女の子で書きかたのポイントが違います。赤ちゃんの頃はあまり意識しなくて大丈夫ですが、好みが出てきたら男女で書きかたを変えてみましょう。

男の子は場合は、メッセージの中に「元気に!」「かっこいい!」などの言葉をいれるとよいでしょう。また好きなキャラクターや乗り物などを書いてあげると、喜んでメッセージを読んでくれると思います。

女の子の場合は、「可愛い」「優しく」など可愛らしい言葉をいれるようにするとよいですね。また女の子は小さくても、キラキラしたものや可愛いものが大好きな子が多いです。好きな色のペンで書いたり、メッセージカードを可愛くデコレーションしてあげると、とても喜ぶと思いますよ。

ひらがなで短い文章が伝わりやすい

入学前の子どもはまだ、文字が上手に読めない子も多いです。メッセージを書くときは子どもが読みやすく、理解しやすいようにひらがなで短い文章を書くようにしましょう。文字が読める子は、自分で誕生日メッセージを読めることで自信がつき、さらに嬉しく感じると思います。まだ上手に読めない子は、ママが一緒に読んであげましょう。簡単な短い文の方が、小さな子どもはわかりやすく記憶にも残りやすいです。

また、毎年メッセージを贈ることで、ママも子どもの文字の読みかたの成長がわかります。大きくなるにつれて、だんだんと上手に読む姿を見られるのはママにとっても嬉しいですよね。

子どもが自分から読みたくなるようにわかりやすく、簡単に書くことがポイントです。

誕生日メッセージを書きやすくするポイント

具体的な思い出や言葉を入れる

誕生日メッセージを書くときは、子どもにわかりやすくするために具体的にストレートに書きましょう。例えば、旅行に行った楽しい思い出や園の行事の出来事を書いてもよいと思います。楽しかったことをママと共有できているのは、子どもにとってとても嬉しいことです。またこの一年で子どもが成長したこと、できるようになったことなどを書いてあげると、子どもはママがいつも見てくれていると思い、とても喜びます。

「お誕生日おめでとう!」「いつもありがとう!」などの言葉はそのままシンプルに書いて前置きが長くならないようにしましょう。その方がママが贈りたい大事な言葉が、小さな子どもには伝わりやすいです。一年に一度の誕生日だからこそ、ママの気持ちがうまく伝わるようにしたいですね。

たくさん褒めていっぱい愛を伝える

小さな子どもはとても素直です。褒めた分、どんどん吸収して自信につなげることができます。ですから誕生日メッセージには「褒める」言葉をいれましょう。お片付けができるようになった、お友だちと仲良く遊べた、習いごとを頑張ったなど、なんでもよいのでたくさん褒めて、どんどん子どもを伸ばしていきましょう。

また、「大好きだよ」「あなたは宝物だよ」などの愛情いっぱいの言葉もぜひいれましょう。子どもへの愛情は伝えすぎということはありません。小さな子どもはママやパパからの愛情をたっぷりもらうことで安心します。口で伝えるのももちろん大切ですが、形に残るメッセージだからこそ書いて残しておけば、子どもが何度でも読み返すことができます。

ネガティブな言葉を選ばないようにする

一年に一度の誕生日メッセージなので、メッセージの中にネガティブな言葉や内容はいれないようにしましょう。親はよかれと思って書いた言葉が、子どもにとって嫌な思い出になってしまう可能性があります。「△△だったから次は◯◯しようね」というような内容も、子どもにとってみれば否定されたように受け取る可能性もあります。

また「頑張って!」と応援するような言葉でも「前はできなかったから次は頑張って」と「今も上手だからさらに頑張ろう」とは意味が違いますよね。誕生日なので、親もついつい期待を込めた言葉を書きたくなりますが、今子どもができていることをたくさん褒めるようにして、子どもが前向きになれるようなメッセージにしましょう。

【先輩ママに聞きました】子どもへの誕生日メッセージはどのように伝えましたか?

先輩ママたちへ子どもに誕生日メッセージをどのように伝えたのか、また伝えるときにママが工夫したポイントについて聞いてみました。※テニテオ調査(n=100)

「直接目を見て伝えた」と回答したママの体験談

38 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事