就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもへの誕生日メッセージ。思いのいっぱい詰まった言葉を贈ろう!

子どもへの誕生日メッセージ。思いのいっぱい詰まった言葉を贈ろう!

毎年訪れる我が子の誕生日。子どもにとって大切なお祝いの日に、誕生日メッセージをプレゼントしてあげたい。でも子どものへの誕生日メッセージってどんなことを書いたらよいのでしょう?小さな子どもにもわかりやすく、伝わりやすいメッセージの書きかたのポイントを紹介します。

子どもへのメッセージはわかりやすくが基本

誕生日メッセージが伝わる年齢は?

子どもが自分の誕生日を分かりだすのは、幼稚園入園前の3歳になる誕生日頃だと思います。1~2歳まではまだ、誕生日の自覚がない子どもの方が多いかもしれません。また、3歳頃になれば簡単な文字を読める子どももいますので、メッセージを贈るのにはちょうどよい年齢だと思います。

しかし、誕生日メッセージは子どもが大きくなっても何度でも見返すことができます。メッセージを贈ったときは子どもがよく分かっていなくても、とてもよい思い出として形に残すことができます。なので1歳の誕生日からプレゼントをしても、もちろん大丈夫です。また、産まれたその日に初めての誕生日メッセージを贈るのもよいですね。毎年決まった日に贈ることのできるところが、誕生日メッセージのよいところですね。

男の子と女の子で気をつけるポイント

誕生日メッセージを書くときに、男の子と女の子で書きかたのポイントが違います。赤ちゃんの頃はあまり意識しなくて大丈夫ですが、好みが出てきたら男女で書きかたを変えてみましょう。

男の子は場合は、メッセージの中に「元気に!」「かっこいい!」などの言葉をいれてあげるとよいでしょう。また好きなキャラクターや乗り物などを書いてあげると、喜んでメッセージを読んでくれると思います。

女の子の場合は、「可愛い」「優しく」など可愛らしい言葉をいれてあげるとよいですね。また女の子は小さくても、キラキラしたものや可愛いものが大好きな子が多いです。好きな色のペンで書いたり、メッセージカードを可愛くデコレーションしてあげると、とても喜ぶと思いますよ。

ひらがなで短い文章が伝わりやすい

入学前の子どもはまだ、文字が上手に読めない子も多いです。メッセージを書くときは子どもが読みやすく、理解しやすいようにひらがなで短い文章を書くようにしましょう。文字が読める子は、自分で誕生日メッセージを読めることで自信がつき、さらに嬉しく感じると思います。まだ上手に読めない子は、ママが一緒に読んであげましょう。簡単な短い文の方が、小さな子どもは分かりやすく記憶にも残りやすいです。

また、毎年メッセージを贈ることで、ママも子どもの文字の読みかたの成長が分かります。大きくなるにつれて、だんだんと上手に読む姿を見られるのはママにとっても嬉しいですよね。

子どもが自分から読みたくなるように分かりやすく、簡単に書くことがポイントです。

誕生日メッセージを書きやすくするポイント

具体的な思い出や言葉を入れる

誕生日メッセージを書くときは、子どもに分かりやすくするために具体的にストレートに書きましょう。例えば、旅行に行った楽しい思い出や園の行事の出来事を書いてもよいと思います。楽しかったことをママと共有できているのは、子どもにとってとても嬉しいことです。またこの一年で子どもが成長したこと、できるようになったことなどを書いてあげると、子どもはママがいつも見てくれていると思い、とても喜びます。

「お誕生日おめでとう!」「いつもありがとう!」などの言葉はそのままシンプルに書いて前置きが長くならないようにしましょう。その方がママが贈りたい大事な言葉が、小さな子どもには伝わりやすいです。一年に一度の誕生日だからこそ、ママの気持ちがうまく伝わるようにしましょう。

たくさん褒めていっぱい愛を伝える

小さな子どもはとても素直です。褒めた分、どんどん吸収して自信につなげることができます。なので誕生日メッセージには「褒める」言葉をいれてあげましょう。お片付けができるようになった、お友達と仲良く遊べた、習いごとを頑張ったなど、なんでもよいのでたくさん褒めて、どんどん子どもを伸ばしてあげましょう。

また、「大好きだよ」「あなたは宝物だよ」などの愛情いっぱいの言葉もぜひいれましょう。子どもへの愛情は伝えすぎということはありません。小さな子どもはママやパパからの愛情をたっぷりもらうことで安心します。口で伝えるのももちろん大切ですが、形に残るメッセージだからこそ書いて残しておけば、子どもが何度でも読み返すことができます。

ネガティブな言葉を選ばないようにする

一年に一度の誕生日メッセージなので、メッセージの中にネガティブな言葉や内容はいれないようにしましょう。親はよかれと思って書いた言葉が、子どもにとって嫌な思い出になってしまう可能性があります。「△△だったから次は〇〇しようね」というような内容も、子どもにとってみれば否定されたように受け取る可能性もあります。

また「頑張って!」と応援するような言葉でも「前はできなかったから次は頑張って」と「今も上手だからさらに頑張ろう」とは意味が違いますよね。誕生日なので、親もついつい期待を込めた言葉を書きたくなりますが、今子どもができていることをたくさん褒めてあげて、子どもが前向きになれるようなメッセージにしましょう。

【例文紹介】大切な子どもへ伝えたいメッセージ

「今」の想いがつまったメッセージ

誕生日を迎えた子どもに今、ママが感じていること、褒めてあげたいことなどを書いてあげましょう。一年間で成長したところを褒めてあげるのもよいですね。

・〇〇ちゃん(くん)、△さいのおたんじょうびおめでとう!いつもおともだちとなかよくあそべる〇〇ちゃんはすごくえらいね。そんな〇〇ちゃんがままはだいすきだよ。

・いつもげんきな〇〇くん。おたんじょうびおめでとう。つよくてかっこいいおとこのこになってくれてままはとてもうれしいよ。これからもたくさんあそぼうね。だいすきだよ。

・ニコニコえがおのかわいい〇〇ちゃん。〇〇ちゃんのわらったかおはいつもままをしあわせにしてくれるよ。だいすきな〇〇ちゃん、おたんじょうびおめでとう。

「ありがとう」の感謝を込めたメッセージ

あなたがいて幸せ、産まれてきてくれたことへの感謝などをストレートに子どもに伝えるメッセージも子どもは喜びますよ。

・〇〇ちゃんおたんじょうびおめでとう。△さいになったね。〇〇ちゃんがままのこどもになってくれてままはほんとうにうれしくてしあわせです。ままのこどもになってくれてありがとう。

・〇〇ちゃんはままのいちばんのたからものだよ。だいすきな〇〇ちゃんといっしょにいれることがままはとてもうれしいです。△さいの〇〇ちゃんとあそぶのもたのしみだな。おたんじょうびおめでとう。

・だいすきな〇〇ちゃんおたんじょうびおめでとう。ママはいつもいつも〇〇ちゃんのことをたいせつにおもっているよ。△さいのおたんじょうびおめでとう。

「未来の我が子」へ送るメッセージ

これからの子どもに向けてエールのメッセージを書くときは、親の希望の押しつけや子どものプレッシャーになるような内容は避けて、「いつも応援しているよ」ということが伝わるメッセージになるようにしましょう。

・〇〇ちゃんおたんじょうびおめでとう。(子どもが好きな遊びやスポーツなど)とても上手になったね。これからもいっしょにがんばろうね。ままはいつも〇〇ちゃんをおうえんしているよ。

・〇〇ちゃん、△さいになったね。これからもたくさんごはんをたべてたくさんあそんでおおきくなってね。おたんじょうびおめでとう。

・おたんじょうびおめでとう。これからもおともだちとなかよくたのしくあそぼうね。ままはいつも〇〇ちゃんのみかただよ。

まとめ

誕生日メッセージは子どもにとって、おもちゃなどとはまた違うプレゼントになります。何年たっても読み返すことのできる、とてもすばらしいプレゼントです。ママからの愛情たっぷりのメッセージは子どももきっと毎年楽しみになりますよ。

また誕生日メッセージを書くことはママにとっても、子どもの成長や一年を振り返るよい機会になります。子どもの喜ぶ顔を想像しながら書くのは、ママにとっても楽しいことですよね。子どもに「大好きで大切な存在」ということが伝わる、思いを込めた誕生日メッセージを贈りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018