就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ用の靴の選び方。おすすめのアイテムやメディア注目靴も!

マタニティ用の靴の選び方。おすすめのアイテムやメディア注目靴も!

妊娠して体型が変化するにつれてマタニティ用のものが必要となりますが、靴もその一つ。お腹の赤ちゃんを守りつつ、ママ自身も快適に過ごせるようにするためにも、マタニティ用の靴を用意してみましょう。今回は、マタニティママが靴を選ぶときのポイントについてご紹介していきます。

マタニティ用の靴選びのポイントは?

安定感や履きやすさを重視しよう

妊娠中のママの体は、お腹が大きくなったり骨盤が徐々に開いていったりと変化が目まぐるしいもの。妊娠前に着ていた服ではきつくなっていくため、お腹が大きくなるにつれてマタニティ用の服やインナーなどを買い足していかなければなりませんよね。

妊娠中でもマタニティ服でおしゃれを楽しむことはママの気分転換にもなってよいのですが、足元に関してはお腹の赤ちゃんとママ自身を守るため、安定感や履きやすさを最優先にして選ぶようにしましょう。

転倒や階段の踏みはずしの危険性が少しでも減るように、ヒールのないフラットなシューズやスニーカーがベストです。妊娠中は足がむくんだり大きなお腹で足元が見えにくくなったりしますので、脱ぎ履きしやすいものを選んでくださいね。

産後も使用できるマタニティ靴を選ぼう

赤ちゃんがお腹にいる時期は女性にとって特別なもの。赤ちゃんにとってもママ自身にとっても、できるだけ負担のないように過ごしたいものですよね。

マタニティ用の服やグッズなどと同様に、転倒などの危険を回避するための安全なマタニティ靴の購入は大切ですが、妊娠中だけしか使えないものだともったいないと感じてしまうママもおられることでしょう。

しかし実際のところ、マタニティ靴は産後に赤ちゃんを抱っこして外出するときにも欠かせない必需品なのです。抱っこ紐で出かけるとき、歩いたり走ったりする子どもを追いかけなければならないときなどには、安定感があって動きやすいマタニティ靴が大活躍してくれますよ。産後も使うことを視野に入れ、安全で脱ぎ履きしやすいものを選びましょう。

足が疲れやすいときはこんな原因があるかも

妊娠中であってもおしゃれ心を忘れたくないものですが、靴に関してはデザインよりも、マイナートラブルに対処できるかどうかを考えて選ぶ必要があります。

女性は妊娠すると「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されるようになり、その影響で徐々に骨盤がゆるんで開いていくことはよく知られていますが、同時に足の関節もゆるみます。関節がゆるむことで足への負担が増え、その結果として元々外反母趾や開帳足、扁平足などの足のトラブルをかかえていた方は症状が悪化してしまうことがあるのです。

そのほか、静脈瘤やむくみ、体重の増加などのさまざまなことが要因となって足が疲れやすくなりますので、自分の足にフィットして疲れにくい靴を選ぶようにしてくださいね。

ワークマンの靴はマタニティに最適

カンブリア宮殿で注目されたワークマンの靴

一口にマタニティ靴といっても、プチプラなものから有名なブランドのマタニティラインのものまで、さまざまなものが流通していますが、その中でもとくにおすすめしたいのがワークマンのマタニティ靴「ノンスリップシューズ(すべらない靴)」です。

もともとは厨房用のコックシューズとして販売されていたものですが、おしゃれママがファッションに取り入れたことから人気に火がつきました。

「ワークマンの低価格なコックシューズは雪や雨のときでもすべらないので、赤ちゃんを抱っこしていても安全だ」と、SNSを中心にマタニティママや子育て中のママの間で話題となりました。「カンブリア宮殿」という番組でも特集されたことで、さらに認知度が高くなったようです。

ワークマンコックシューズのメリット

ワークマンのコックシューズのメリットとしては以下のことがあげられます。

・すべらない
もともとは厨房で使われているものですから、水や油でもすべらないようつくられています。お腹が大きいと足元が見えにくく転倒しやすくなりますが、雨や雪の日でもツルッとすべらないのは安心ですね。産後、赤ちゃんを抱っこしているときにも大活躍してくれますね。

・プチプラ
妊娠中や産後はなにかと出費が多いため、できるだけ低価格で必要なものを揃えていきたいところ。1,900円という、お財布にうれしい価格設定は魅力的です。

・通販で買える
全国の店舗はもちろん、ワークマンのオンラインショップでも購入可能なため、つわりなどで外出が難しい方にはありがたいですよね。

便利なコックシューズの弱点

雨の日や雪の日など、足元が悪い日にはできるだけ出かけたくないものですが、仕事や妊婦健診などの用事があるときにはたとえ妊娠中であっても外出しなければなりませんよね。

たしかに長靴やレインシューズのほうが丈が長く、雨をしのぐという点においてはすぐれているのですが、濡れた地面を歩くとすべりやすいという欠点があります。

マタニティ期のママにとって足元の安全性は必須事項ですので、長靴のかわりに水に強くすべりにくいコックシューズを愛用しているという方は意外と多いのです。

・蒸れやすい
・長靴より浸水する

コックシューズのデメリットとしては上記2点があげられますが、それを上回るメリットがあります。防水スプレーを併用するなど工夫をしてみてくださいね。

結婚式に呼ばれたらチョイスはどうする?

フォーマルでもヒールは低い靴を選ぼう

親しい友人や親戚から結婚式への招待をされた場合、たとえ妊娠中であっても「ぜひともお祝いにかけつけたい」という気持ちになりますよね。式場までの距離や妊娠の経過によっては無理な場合もありますが、医師から許可がおりたのであればぜひ出席を考えてみましょう。

そうなると気になるのは服装に関することですが、妊娠中であってもマナーを守り、ゲストとしてふさわしい装いを心がけたいものですよね。一般的に女性の足元は「つま先の出ないヒールのある靴をはくこと」がマナーだとされていますが、妊娠中の方に関してはこの限りではありません。

妊娠中は足元の安全性が第一。転倒の心配のない、3cm以下のローヒールやフラットなパンプスを選ぶようにしてくださいね。

素材やデザインで華やかさを演出しよう

ローヒールやフラットなパンプスはシンプルなデザインのものが多いかと思いますが、結婚式に出席するのであればそれだけでは足元がさみしい印象になってしまいますよね。

ビジューやビーズなどの華やかな装飾が施されたデザインのものや、エナメルやサテンのように光沢のある素材のものを選べば、たとえ妊娠中であっても華やかさを演出することができますよ。

また、わざわざ結婚式への出席のためだけに靴を購入するのがもったいないと感じる方には、装飾が取り外しできるタイプのシューズがおすすめです。フラットなパンプスは妊娠中だけでなく産後に赤ちゃんを抱っこするときにも大活躍するアイテムですので、結婚式がおわればビジューを外して普段使いできるようになりますよ。

妊娠中のフォーマルにおすすめのデザイン

ローヒールやフラットなパンプスであっても、結婚式のゲストとしてふさわしいデザインのものを取り入れたいですよね。以下のようなデザインの靴であればドレスに合わせて取り入れやすいのではないでしょうか。

・立体的でボリュームのあるリボンモチーフ付きのもの
・華やかなパールや大ぶりのビジュー付きのもの
・レース付きで上品さを演出してくれるもの

妊娠中のフォーマルは、体を締めつけないゆったりとしたドレスや安定感のあるパンプス、体を冷やさないためのはおりものを組み合わせるのが一般的です。ついシンプルになりがちなマタニティフォーマルを少しでも華やかなものにするためにも、デザイン性のあるものを取り入れてみてくださいね。

まとめ

赤ちゃんを授かることはとても喜ばしいことですが、体の変化に対応したり服装や食事のことを気にしたりと、ママは大忙しになりますよね。お腹の赤ちゃんを守りつつママ自身も快適なマタニティライフを送れるようにと、靴選びについても慎重にしていく必要があります。

妊娠中に履く靴は安全性が確保できることが第一です。ぜひ今回の記事を参考にしていただき、日常生活だけでなくフォーマルな場においても快適に過ごせるような靴を選んでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018