就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ用の靴の選び方。おすすめのアイテムやメディア注目靴も!

マタニティ用の靴の選び方。おすすめのアイテムやメディア注目靴も!

妊娠して体型が変化するにつれてマタニティ用のものが必要となりますが、靴もその一つ。お腹の赤ちゃんを守りつつ、ママ自身も快適に過ごせるようにするためにも、マタニティ用の靴を用意してみましょう。今回は、マタニティママが靴を選ぶときのポイントについてご紹介していきます。

マタニティ用の靴選びのポイントは?

安定感や履きやすさを重視しよう

妊娠中のママの体は、お腹が大きくなったり骨盤が徐々に開いていったりと変化が目まぐるしいもの。妊娠前に着ていた服ではきつくなっていくため、お腹が大きくなるにつれてマタニティ用の服やインナーなどを買い足していかなければなりませんよね。

妊娠中でもマタニティ服でおしゃれを楽しむことはママの気分転換にもなってよいのですが、足元に関してはお腹の赤ちゃんとママ自身を守るため、安定感や履きやすさを最優先にして選ぶようにしましょう。

転倒や階段の踏みはずしの危険性が少しでも減るように、ヒールのないフラットなシューズやスニーカーがベストです。妊娠中は足がむくんだり大きなお腹で足元が見えにくくなったりしますので、脱ぎ履きしやすいものを選んでくださいね。

産後も使用できるマタニティ靴を選ぼう

赤ちゃんがお腹にいる時期は女性にとって特別なもの。赤ちゃんにとってもママ自身にとっても、できるだけ負担のないように過ごしたいものですよね。

マタニティ用の服やグッズなどと同様に、転倒などの危険を回避するための安全なマタニティ靴の購入は大切ですが、妊娠中だけしか使えないものだともったいないと感じてしまうママもおられることでしょう。

しかし実際のところ、マタニティ靴は産後に赤ちゃんを抱っこして外出するときにも欠かせない必需品なのです。抱っこ紐で出かけるとき、歩いたり走ったりする子どもを追いかけなければならないときなどには、安定感があって動きやすいマタニティ靴が大活躍してくれますよ。産後も使うことを視野に入れ、安全で脱ぎ履きしやすいものを選びましょう。

足が疲れやすいときはこんな原因があるかも

妊娠中であってもおしゃれ心を忘れたくないものですが、靴に関してはデザインよりも、マイナートラブルに対処できるかどうかを考えて選ぶ必要があります。

女性は妊娠すると「リラキシン」という女性ホルモンが分泌されるようになり、その影響で徐々に骨盤がゆるんで開いていくことはよく知られていますが、同時に足の関節もゆるみます。関節がゆるむことで足への負担が増え、その結果として元々外反母趾や開帳足、扁平足などの足のトラブルをかかえていた方は症状が悪化してしまうことがあるのです。

そのほか、静脈瘤やむくみ、体重の増加などのさまざまなことが要因となって足が疲れやすくなりますので、自分の足にフィットして疲れにくい靴を選ぶようにしてくださいね。

【先輩ママに聞きました】妊娠中に履く靴はどんなものを選んでいましたか?

妊娠中はただ歩くだけでも妊娠前とは違った注意が必要になります。そんなときに大切なのが靴。先輩ママが妊娠中にどんな種類の靴を履いていたのか聞きました。※テニテオ調査(n=100)

「スニーカー」と回答したママの体験談

  • 紐がなく滑りにくいスニーカーをよく使用していました。お腹が大きくなるにつれて下が見えなくなるためにすぐに履きやすいものを使用していました。
  • 妊娠中はやはり転倒防止のためヒールのない靴ばかりを履いていました。バレエシューズもよく履きましたが、スニーカーは足がむくみやすい妊娠中でもきつくなる心配のない一番楽で安心という点で重宝しました。

「バレエシューズ」と回答したママの体験談

  • お腹が大きいので、靴は華奢な方がオシャレに見えるかもしれないと思ってバレエシューズをよく履きました。スニーカーと違って靴ひもを結ぶ手間がないのでラクチンでした。赤ちゃんが産まれてからもヘビロテしました。おすすめです。
  • ペタンコの靴を選んでいました。服装にマッチした感じになるようには気をつけており、カジュアルすぎないバレエシューズをよく履いていました。

「ローヒールパンプス」と回答したママの体験談

  • 仕事に行くときにスニーカーは履けないので、ローヒールのパンプスを履いていました。幼稚園の送り迎え時はスニーカーを履いていました。気を付けていたことは足が疲れないように、こけにくいタイプのデザインを選ぶことです。
  • 会社へ通勤していたのでスーツにあう靴を選んでしました。また駅から少し歩くので歩きやすく足が痛くならないものを選んでいました。

■編集部コメント

スニーカーもバレエシューズもヒールがなく履きやすいことから多くのママが愛用していたようです。妊娠中はむくみやすくお腹が大きくなると下が見えなくなるので、足にやさしくスッと履けることが大切ということが分かりますね。

ローヒールパンプスは職場がスニーカー禁止のワーママが選んでいた印象です。転びにくく足にやさしいアイテム選びで、少しでも通勤時の疲労を軽減していきましょう。

続いてのコーナーでは先輩ママたちから今人気のワークマンのシューズについて紹介します。

ワークマンの靴はマタニティに最適

38 件

関連記事

ピックアップ記事