就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬キャンプの子ども用寝袋を選ぼう!特徴やポイント、快眠グッズ

冬キャンプの子ども用寝袋を選ぼう!特徴やポイント、快眠グッズ

キャンプやアウトドアのお泊まりに必需品の寝袋ですが、色々なタイプがあることを知っていますか?ミノムシのような縦長い形以外のものもたくさんあるのですよ。お泊まりの場所や季節に合わせて、親子で一緒に選ぶと楽しそうです。冬場のキャンプでも使える子ども用寝袋の選び方や、快眠グッズなどを紹介していきます。

使用場所や用途で選ぼう!寝袋の形状別特徴

コンパクトで保温性が高い【マミー型】

寝袋には様々なタイプがあります。使用場所や用途に合わせて選びましょう。

マミー型寝袋は、ミイラ(マミー)が語源の寝袋です。身体全体をすっぽりと包んでしまう筒状の寝袋で、ダウン素材でできています。最低使用温度が低くて高性能なため、価格はややお高めです。

マミー型寝袋は、軽くて保温性が高く、畳むとコンパクトに収納できます。しかし、身体への密着度が高いので、圧迫感を感じるという人もいるようです。締めつけられるのが苦手な人には、伸縮性のあるストレッチタイプもありますよ。

マミー型寝袋は、寒冷地や寒い季節に使いたい人に向いています。寒がりの人にもおすすめですよ。持ち運びが簡単なので、山登りや移動が多いアウトドア活動のときには重宝します。

長方形で布団のように使える【封筒型】

巨大な封筒の形をしてるのが封筒型寝袋です。家庭で使う普通の布団と同じ平面タイプなので、いつもと同じ姿勢で眠ることができ、リラックスして使うことができますよ。ジッパーを開けて中にもぐり込むことになりますが、連結して倍の大きさにすることができるので、子どもと一緒に同じ寝袋の中で寝るということも可能になります。

封筒型の寝袋は価格が安いのが特徴です。平面なので圧迫感が少なく、身動きがしやすいですが、収納サイズは大きくなります。最低使用温度が高めなので、極寒の環境での使用にはあまり向きませんが、ダウン素材のものを選んでおくと暖かく過ごすこともできますよ。

封筒型寝袋は、とにかく安くあげたいときや、さほど寒さを気にする必要のない場所で使うときに向いています。

寝袋を着たまま移動できる【人型】

人型寝袋は、手や足を入れる部分が分離していて、つなぎ服とよく似ています。フワフワしていて、見た目はまるで宇宙服のようですよ。子どもはこういうのが好きかもしれませんね。

人型寝袋は、とにかく動きやすくて、開放感があります。寝返りや身体の移動がしやすいので、寝相のよくない子どもにも安心して使わせることができますよ。しかし、小さく折りたたむのは難しいので、持ち運びにはあまり向いていません。

人型寝袋は暖かいので、寒冷地や寒い季節でも使えます。持って運ぶには大きすぎるので、あまり移動をしない冬キャンプや、車での移動がメインのアウトドアなどに向いています。子どもが好きそうなデザインのものがたくさんあるので、親子で一緒に選ぶと楽しそうですよ。

冬キャンプの子ども用寝袋を選ぶポイント

サイズ目安は子どもの身長より少し大き目を

子ども用の寝袋のサイズは、小さいサイズから大きめサイズまで幅広くあり、大人用よりも細かく分かれていますよ。成長著しい時期ですから、当然といえば当然ですね。

寝袋のサイズを選ぶときには、子どもの身長を基準に選びましょう。小さすぎると入らないし、大きすぎると隙間が多くて暖かくありません。

寝袋には「適応身長」というものが記載されていますので、まずはそれを確認しましょう。そして、子どもの実際の身長よりも、やや大きめのものを選んでおくがポイントですよ。大きめのものがゆとりがあって快適に過ごすことができますし、長期間使えます。

身長が150cm以上の場合は、もう大人用のサイズで大丈夫です。大人用となると商品の選択肢も多くなりますね。

暖かくて動きやすいもの

サイズがある程度決まったら、暖かくて動きやすい寝袋に絞っていきましょう。できるだけ、子どもが快適に過ごせるものがよいですね。

冬キャンプをするためには、暖かく眠ることができるというのは大切なポイントです。極寒とまではいかなくても、ある程度寒いことが予想されるなら、マミー型や人型を選んでおく必要があります。暖かい室内や、そこまで気温が低くなる心配がないようならば、安価な封筒型も選択肢に入ってきますね。

また、子ども用ということを考えると、寝ているとき動きやすいかどうかも重要です。動きやすい方が子どもはリラックスしてよく寝てくれます。そうなると、封筒型や人型ということになりますが、ストレッチタイプのマミー型なら、荷物にもならなくてよいですね。

汚れても安心!簡単に丸洗いできるもの

寝袋を何度も使っていると、汚れたり、皮脂汚れなどがこびりついて嫌な臭いの原因になってしまったりします。定期的に丸洗いをした方がよいのですが、そのためにも、できるだけ簡単に洗えるものを選んでおきましょう。

洗い方は、洗濯機洗いと手洗いということになりますが、素材によって洗い方が決まってきますので、購入する前に確認しておく必要があります。化繊素材の寝袋ならば、洗濯機が使えますので、洗濯ネットなどに入れて丸洗いしましょう。

ダウン素材のものは、手洗いしておいた方が安心です。洗濯機を使ってしまうと、小さな羽毛が出てきてしまったり、生地が縮んでしまったりします。ぬるま湯を使って優しく手洗いし、ダウン素材の中が完全に乾くまで、しっかり干しておきましょう。

冬キャンプでもぐっすり眠れる快眠グッズ

寝心地のよさを劇的にアップ【テントマット】

冬キャンプでもぐっすり眠れる快眠グッズをいくつか紹介していきます。まずは寝心地のよさを劇的にアップする「テントマット」です。

寝袋で身体が温かくなっても、床がデコボコで硬かったらとても熟睡はできません。これは大人でも子どもでも一緒ですね。そこでテントマットを使ってみましょう。

「インフレーターマット」は、バルブを開けると、中のスポンジが膨張して外部の空気を吸収し、あっという間に柔らかい床を作ってくれます。空気の入れ具合を調節すれば、柔らかさの調節もできますよ。

「エアマット」や「エアベッド」は、空気の力で床にクッションを作ってくれます。手動で膨らませるものや、電動タイプなどがあります。ほかにも発泡スチロールでできた「発泡マット」もありますよ。

機能性に優れた【キャンプ用枕】

よく眠るためには枕も重要です。しかし、我が家の枕をそのまま持っていくのは、ちょっと気が引けますよね。それならキャンプ用の枕を準備してみましょう。

キャンプ用枕には、折りたたむタイプや膨らますタイプのものがあります。どちらも持ち運びが便利になるような工夫がなされていますよ。

折りたたみタイプは、くるくる巻いたり圧縮したりしてコンパクトに収納できるようになっています。広げると自動で膨らむものが多く、使い勝手がよい上に持ち運びにも便利ですよ。

膨らますタイプのものは、空気を入れて膨らませるものや、中に衣類を入れるものなどがあります。こちらもコンパクトで荷物を減らすのに役立ってくれますね。

ほかにも、マットと一体型の枕や、頭にかぶる枕などもありますよ。

テント内でも安心して使える【湯たんぽ】

冬キャンプに湯たんぽは心強い味方です。寒いときにはもちろん、そうでないときでも、触っているだけで気持ちが落ち着きますよね。金属製、プラスチック製、ゴム製のものがありますよ。

金属製のものは熱伝導性が高く、すぐに温まるのが特徴です。ほかのタイプとくらべて保温時間が長いのですが、反面、低温やけどになる可能性も高いので、長時間使うときには注意が必要です。

プラスチック製の湯たんぽは、軽量で安価です。温度はあまり高くはならないのですが、低温やけどになる可能性が低く、長い時間使うのには向いています。

ゴム製の湯たんぽは手触りのよさが売りです。しかし、温まるのにはしばらく時間がかかります。お湯を抜いてしまうとコンパクトになるので、持ち運びが簡単ですよ。

まとめ

車でのお出かけで、荷物の量を気にする必要がなければ、封筒型や人型がのびのびと眠れそうです。親子で一緒に入れる封筒型も広々として魅力的ですが、極寒地で気温が低くなる可能性が高いのであれば、人型の方が暖かくて安心ですね。

移動が多くて、荷物の量を少しでも減らしたいのなら、マミー型できまりです。ぐっすり眠れる快眠グッズと一緒に使うことで、快適に過ごせますね。

冬のキャンプというと、寒さ対策が大変そうですが、寝袋をちゃんと選んでおけば、暖かく過ごすこともできそうです。目的地や季節に合わせて、最適なものを選びましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018