就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

洗濯機でつけ置き洗いはできる?子ども服のガンコ汚れを落とすコツ

洗濯機でつけ置き洗いはできる?子ども服のガンコ汚れを落とすコツ

子どもの服についたガンコな汚れ、さっと洗うだけでは取り除けないことも多いですよね。つけ置き洗いをしてから洗濯機にかけているママもいることでしょう。そこで今回は、洗濯機でのつけ置き洗いについて知りたいことやつけ置き洗いの手順と注意点、おすすめのつけ置きコース搭載の洗濯機などについてお話しします。

洗濯機のつけ置き洗いについて知りたいこと

洗濯機でつけ置き洗いはできるの?

洗面台のボウルや洗面器を使ってつけ置き洗いをしているというママも多いことでしょう。その後、洗濯機で洗う場合、また洗濯槽へ移し替えるという手間がかかってしまいます。

しかし洗濯機でつけ置き洗いをすれば、その後そのまま通常コースで洗うことができるので便利ですよ。少しでも家事の手間を省きたいママにとって、濡れた衣類を洗濯槽へ移動させる必要がないのは助かりますよね。

洗濯機によってはつけ置き洗いというコースが設定できるものもあるので、自宅の洗濯機を確認してみましょう。

つけ置き洗い向けの洗濯コースがないという洗濯機でも、手動でつけ置き洗いにすることが可能なので、試してみてくださいね。詳しい方法については後ほど説明します。

洗濯機でつけ置きすれば脱水までお任せで楽

普段何となくつけ置き洗いをしているというママもいるかもしれませんが、つけ置き洗いにはどんな効果があるのでしょうか。

ドライマークの表示がついた衣類を、やむを得ない理由で自宅で水洗いしたいということもあるでしょう。つけ置き洗いであれば、ドライマークつきの衣類を傷めることなく洗うことができます。

また、パパが仕事で着ているワイシャツの型崩れもしにくいですし、生地を傷めずに汚れを浮かせることができます。

しかしつけ置き洗いの場合、衣類をすすいで脱水をするまでに手間がかかります。

洗濯機でつけ置きをしてそのまま脱水をすれば、ママが水のしたたる衣類を手で絞る必要もなくすぐに干すことができるので楽ですよね。

長時間のつけ置きは衣類と洗濯槽を傷める

衣類についたしつこい汚れを落とすために、できるだけ長い時間つけ置きをしているというママもいることでしょう。しかし長時間のつけ置きは衣類と洗濯槽を傷めることがあるので要注意です。

つけ置きをすると、繊維の奥にまで染み込んでいた汚れを浮かせることができますが、そのままずっとつけておくと、汚れが綺麗な部分に付着してしまうことがあります。

さらにつけ置きをした後は、そのまま放置せずになるべく早く水気を切らないと、衣類や洗濯槽にカビが生える可能性もありますよ。

水に強くない性質を持つ素材の場合、長時間つけておくことにより繊維が傷むこともあります。

つけ置き洗いをするときは、30~60分程度にとどめておきましょう。

つけ置き洗いの手順と注意点について

洗濯機につけ置きコースありの場合の手順

ここでは、洗濯機につけ置きコースがあるときの手順についてご紹介します。詳細は洗濯機の機種にもよるので、付属の説明書で確認してみましょう。

まず、いつもと同じように洗濯槽につけ置き洗いをしたい衣類を投入し、コースボタンの中から「つけ置き」を選び、スタートボタンを押します。そして必要量の洗剤を入れ、蓋を閉めるだけです。

どれぐらいの時間がかかるのかは洗濯機の種類にもよるので、付属の説明書を確認してみましょう。

一般的にプレ洗い、つけ置き洗い、仕上げ洗いという順番で設定されていることが多いようです。ちなみにつけ置きの時間は手動で設定できるものも多いので、自宅にある洗濯機がどのタイプなのか調べてみてくださいね。

洗濯機につけ置きコースなしの場合の手順

自宅の洗濯機をチェックしてみたら、つけ置きコースがなくてがっかりしたというママもいることでしょう。しかし諦める必要はありません。つけ置きコースがない洗濯機でも、工夫すればつけ置きが可能です。

まずはいつもどおりに洗濯槽につけ置き洗いしたい洗濯物を入れます。それから洗うためのボタンを押して、洗いたい時間に5分足した時間を設定します。たとえば10分洗いたいのであれば、5分足して15分と設定しましょう。

そしてスタートボタンを押してから洗剤を入れます。最初の5分が過ぎたら、一時停止ボタンを押してつけ置きします。

つけ置きが終わったら、もう一度スタートボタンを押して再開します。そして最後まで普通に洗ったら完了です。

つけ置き洗いをするときの注意点

つけ置き洗いをするときはいくつか注意点があるので留意しましょう。まず洗いたい衣類の洗濯表示をチェックしたいですね。以下に当てはまる場合はつけ置き洗いは避けるようにしましょう。

・水洗い不可のもの
・色落ちが激しいと思われるもの
・ビーズやスパンコールなどの細かい飾りがついているもの
・接着剤が施されているもの

以上のものは、つけ置き洗いをすると傷む可能性があるので注意したいですね。

また、一晩中つけ置きするのも避けるようにしましょう。さきほどもお話ししたように、衣類や洗濯槽にカビが生える原因にもなりますし、色が落ちてほかの衣類に付着する可能性もあります。

これらの注意事項を守ってつけ置き洗いをしたいですね。

ママの味方!つけ置きコース搭載の洗濯機

皮脂汚れが落ちる「日立ビートウォッシュ」

洗濯機の買い替えを検討しているのであれば、つけ置きコースが搭載されている洗濯機を選ぶのもよいですね。「日立ビートウォッシュ」であれば、カッターシャツや白いTシャツの襟周りについた皮脂汚れを綺麗に落とすことができます。

つけ置き洗いには「つけおき120分」と「つけおき360分」の2種類があり、120分の場合、皮脂汚れを落とし黄ばみを予防する効果があります。360分の場合、通常コースの2倍の量の粉末状洗剤を使って、酸化した皮脂汚れによる黄ばみまでしっかりと落とすことができますよ。

衣替えの季節、衣類を収納する前にしっかりと黄ばみを落としておくと、来シーズンも黄ばみを気にすることなく気持ちよく着ることができますよ。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC