就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳はいつまでするもの?やめる時期の考え方と終わらせる方法

添い乳はいつまでするもの?やめる時期の考え方と終わらせる方法

母乳で子育てをしているママにとって、しばしば悩みになる添い乳。授乳が楽になるメリットがある反面、体調に影響を及ぼすなどのデメリットも。この記事では、添い乳のメリットとデメリット、やめどきの見極め方、そして添い乳をしているママと赤ちゃんにとってスムーズに負担なくやめられる方法をご紹介します。

添い乳によるメリットとデメリット

ママの寝かしつけや夜間授乳が楽になる

子どもが生まれるまでは聞きなじみの無い言葉かもしれませんが、添い乳とはママと赤ちゃんが一緒に横になって行う授乳方法のこと。

出産後すぐから赤ちゃんのお世話が始まりますが、まだ十分にママの体力は回復しきっていません。それなのに、赤ちゃんのうちは昼夜問わず授乳が必要で回数も多い頻回授乳。細切れ睡眠で寝不足な状態で、それこそ1日中授乳をしているなんてことも。

そんなときに横になってできる添い乳は、いちいち起き上がらなくてよいのでママの体力を温存し、授乳の負担を少しだけ軽くしてくれます。

また、眠るのが苦手な赤ちゃんは、何時間も抱っこでユラユラしていないと寝ない、なんてこともあります。そんなときに、添い乳は横になったままなので、抱っこでユラユラすることなく寝かしつけられママとしてはとても助かりますね。

当然、眠った赤ちゃんをベッドや布団に下ろす必要もないので、布団に置くとなぜか起きてしまう「背中スイッチ」も発動しません。

ママが横になって休みながら授乳と寝かしつけがまとめてできるのが、添い乳の最大のメリットといえるでしょう。

親子の体調不良に影響を及ぼすことがある

添い乳はよいことが多いように見えますが、実は体調に影響を及ぼしてしまうことも。

添い乳は赤ちゃんの眠りを浅くし、睡眠の質を悪くしてしまうことがあります。個人差があるので一概にはいえませんが、これだと赤ちゃんも夜中に何度も起きてしまうし、ママもそのたびに授乳をしていると、横になりながらできる添い乳とはいえ慢性的な寝不足になってしまいますよね。

また、「寝ながら母乳を飲むので母乳が耳に流れてしまい中耳炎になりやすい」「虫歯になりやすい」という説もあるようですが、これも添い乳をしているからといって必ずしもなるものではありません。

ママのデメリットとしては、赤ちゃんは添い乳での寝かしつけに慣れてしまうと、添い乳なしでは眠れなくなってしまう可能性があります。そうなると、パパに寝かしつけを変わってもらうことができないので、ママが体調を崩したときなどは大変ですね。

さらに、添い乳はいつも決まった向きで飲ませるので、乳腺炎になりやすいこともデメリットといえます。これも必ずしもなるわけではありませんが、添い乳をするときは注意したいですね。

添い乳のやめどきを見極める方法

添い乳の終わり時期に決まりはない

添い乳をしていると、いつまで続けてよいのか不安になるかもしれません。ですが、いつまでに母乳をやめなければならないという決まりがないのと同じように、添い乳も特に決まった時期はありません。

乳歯は生後5~8カ月ごろに生えてくるので、多くのママは虫歯にならないかを気にして添い乳をやめたほうがよいのか悩まれているかもしれませんね。

実は、母乳に含まれている乳糖は近年の研究では虫歯の原因にはなりにくいということが分かっています。ただし、離乳食を始めた後だと、食べかすが歯に付着していてそれが虫歯の原因になってしまうのです。

離乳食を始めた後も添い乳を続ける場合は、しっかりと歯磨きをし、添い乳をする際は磨き残しが無いか気を付けましょう。

周りの意見ではなく自分の気持ちに正直に

今はネットやSNSで情報をたくさん集められる時代。ネットの中ではいっていることが違う場合があるので、自分の決断に迷いが生じてしまうこともありますよね。でも、自然に卒乳を待たない限り、最後はママの決断次第。

大事なのは、他人の意見と自分の意見をしっかりと分けること。ネットや他人の意見からは自分の考えに合ったものをピックアップしましょう。それを基に、自分はこうすると決めたのなら周りを気にしないことが大事です。

自分の決断に迷いが生じてしまうときは、SNSなどで自分と同じ意見の仲間を見つけるようにしましょう。支援センターやママ友の中に自分の意見を肯定してくれる人がいると、自分の支えになりますよ。

環境が変わる時期や季節の変わり目は避ける

引っ越しなどで環境が変わるときや、夏から秋にかけて急に寒くなる季節の変わり目などは、ただでさえ体調を崩してしまいがち。こういった時期は添い乳をやめる時期には向いていません。

ママの体調がよく、子どももしっかりと離乳食や水分が取れているときがやめどきです。焦らずに、体調のよいときにチャレンジしましょうね。

また、添い乳をやめることで授乳回数が減ると、ママのおっぱいはしこりができたり、乳腺炎になりやすくなったりすることが多いようです。子どもの対応に気持ちが向かいがちですが、ママのおっぱいもしっかりとケアし、体調を崩さないように気を付けましょう。

ママにとっても子どもにとっても大きな節目になるので、万全な体調で挑めるとよいですね。

添い乳をスムーズに終わりにするために

昼寝を短く、日中は体を動かそう

添い乳をスムーズに終わりにするためには、まず生活リズムを整えて夜ぐっすりと眠れるようにすることが効果的です。

お昼寝が長いと夕食やお風呂の時間が遅くなり、寝る時間もずれてしまいます。お昼寝は短くし、なるべく15:00ぐらいまでに切り上げるようにしましょう。また、日中は外で身体を動かして遊ばせ、体力を使わせると夜ぐっすりと眠れることが多いです。

夜中におなかがすいて起きてしまわないように、寝る前はミルクや温めた牛乳を飲ませてあげるのもよいでしょう。

食事やお風呂の時間もなるべくなら同じ時間に整えるようにするとよいですね。寝る前には入眠儀式として、授乳ではなく絵本の読み聞かせや子守歌を歌ってあげるのも、効果があるといわれています。

お風呂上がりに白湯や麦茶を飲ませる

お風呂は寝る前に入る場合が多いかと思いますが、赤ちゃんはお風呂から上がると喉が渇いた状態です。お風呂上がりに添い乳で授乳をしていて、そのまま寝てしまう、というパターンが多いのではないでしょうか。

お風呂上がりは、授乳ではなく白湯や麦茶を飲ませてあげるとよいでしょう。喉の渇きが癒えれば、案外添い乳でなくてもすんなり寝てくれるかもしれませんよ。授乳する場合は、起き上がって授乳し、赤ちゃんがそのまま寝てしまわないように注意しましょう。

夜中に起きてしまうときも、喉が渇いていることが原因の場合が多いので、ママは少し大変かもしれませんが、添い乳ではなく起き上がって白湯や麦茶を飲ませてあげるとよいですよ。

子どもに正直にやめようと話してみる

1歳過ぎの子どもはまだ言葉を話すことはできませんが、案外大人のいっていることを理解しています。

友人ママは、添い乳のやめどきが分からず2歳過ぎまで続けていました。その日も添い乳で寝かしつけていたところ、出が悪くなっていたのか子どもがなかなか寝付きません。

そのときママは「歯も生えてお兄さんになったから、おっぱい出なくなったのかも。やめてみない?」と提案すると「わかった!」といい、そのまま寝てしまいました。それからは、添い寝で寝るようになったのです。

ママも子どもも、やめるためのきっかけが欲しかったのかもしれません。ママがやめると決心したのであれば、それを子どもに伝えてみると、スムーズにやめられるかもしれませんね。

まとめ

ネットやSNSでたくさんの情報があると、それに左右されてしまいがち。ですが、こうしなければいけないという決まりはありません。

たくさんの情報の中から自分に合ったものを見つけ、最後はママ自身が決断する必要があります。自分の決断に自信が持てないときは、同じ意見の仲間を見つけると自分の支えになってくれますよ。

また、子どもは意外と大人のいうことが分かるもの。ママの気持ちを話してみてはいかがでしょうか。きっと分かってくれますよ。自分も子どもも納得した形で、添い乳を終えられるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018