就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳はいつまでするもの?やめる時期の考え方と終わらせる方法

添い乳はいつまでするもの?やめる時期の考え方と終わらせる方法

子どもに正直にやめようと話してみる

1歳過ぎの子どもはまだ言葉を話すことはできませんが、案外大人のいっていることを理解しています。

友人ママは、添い乳のやめどきが分からず2歳過ぎまで続けていました。その日も添い乳で寝かしつけていたところ、出が悪くなっていたのか子どもがなかなか寝付きません。

そのときママは「歯も生えてお兄さんになったから、おっぱい出なくなったのかも。やめてみない?」と提案すると「わかった!」といい、そのまま寝てしまいました。それからは、添い寝で寝るようになったのです。

ママも子どもも、やめるためのきっかけが欲しかったのかもしれません。ママがやめると決心したのであれば、それを子どもに伝えてみると、スムーズにやめられるかもしれませんね。

まとめ

ネットやSNSでたくさんの情報があると、それに左右されてしまいがち。ですが、こうしなければいけないという決まりはありません。

たくさんの情報の中から自分に合ったものを見つけ、最後はママ自身が決断する必要があります。自分の決断に自信が持てないときは、同じ意見の仲間を見つけると自分の支えになってくれますよ。

また、子どもは意外と大人のいうことが分かるもの。ママの気持ちを話してみてはいかがでしょうか。きっと分かってくれますよ。自分も子どもも納得した形で、添い乳を終えられるとよいですね。
24 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事