就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

フリーマーケットで目当ての品を買うコツ!楽しく賢く買い物しよう

フリーマーケットで目当ての品を買うコツ!楽しく賢く買い物しよう

たくさんの品物が並ぶフリーマーケットには欲しいものがいっぱい、わくわくしますね。近年フリーマーケットの人気は上がり、会場はお得に買い物をしようとするお客さんで賑わっています。ここではフリーマーケットでお目当ての品を買うコツをご紹介します。ママもフリーマーケットで賢くお買い物して、家計を助けましょう!

会場に行く前にしておきたいこと

会場ごとに雰囲気が違うので場所選びは大事

フリーマーケットは会場ごとに雰囲気が違います。若者が集まるフリーマーケットや、ママが集まるフリーマーケットなど、出店者も品物も、お客も会場によって違うのです。欲しいものがあるなら、お目当てのものがありそうな会場を選ぶことが大切ですね。

子ども服が欲しいなら、若いママが出店していたり、住宅街で開かれたりしているフリーマーケットがよいでしょう。地域の自治体が主催しているフリーマーケットは、役所に問い合わせればどんな品物があるのか教えてくれることもありますよ。

子ども連れで行きやすい会場なのかどうかも気になりますよね。公園で開催されていたり、近くで子ども向けイベントが開かれていたりしたら、子どもも楽しめるフリーマーケットであることが多いですよ。

小銭や買ったものを入れる袋を持参しよう

フリーマーケットでは、出店者は限られた小銭しか用意できていません。1万円札を渡されても、お釣りがなくて困ってしまう出店者もいるでしょう。スムーズにお買い物できるように、小銭を持ってフリーマーケットに行きましょう。

買いたいものにもよりますが、子ども服やおもちゃなら、100円、50円、10円硬貨、1,000円札が多いと便利ですよ。

買ったものを入れる袋も忘れずに持っていきましょう。フリーマーケットでは、出店者もお客もエコな気持ちを大事にしているので、買い物袋を用意していない出店者が多いです。マイバックを持参して、無駄な袋を出さないようにしましょうね。リュックは両手が空くので商品を見やすいですし、子ども連れでフリーマーケットに行くにはおすすめですよ。

しゃがみやすい服装で会場に行こう

フリーマーケットでは、品物が地面の敷物の上に並べられていることが多いです。下に置かれている品物は、上から眺めているだけではわからないので、面倒くさがらずに、しゃがんでじっくり見ましょうね。

しゃがむことで、出店者と目の高さが合い、会話もしやすくなります。フリーマーケットでは、出店者との会話がお得に買い物をするポイントにもなりますから、ぜひしゃがみたいですね。

スカートやかかとの高い靴を履くよりも、ズボンやスニーカーなど、しゃがみやすい服装でフリーマーケットに出かけましょう。できるだけたくさんの店をめぐり、しゃがんで商品を見ながら出店者とおしゃべりして、お目当ての品物をがんばって手に入れましょうね。

会場でよいものを探すためのコツ

早起きは三文の得!朝一で会場に行こう

フリーマーケットは開催時間が決められていますが、出店者は準備のためにもっと早く会場入りしています。10時開始なら、9時ころには会場は出店者たちでいっぱいですし、もっと早い時間から準備している出店者もいます。

フリーマーケットでよい品を見つけたいなら、この準備中の会場に入ってみましょう。よい品はあっという間に見つけられて、売れてしまいますので、ほかの人より早くよい品を見つけるのがコツなのです。フリーマーケットの常連さんはそれをわかっていて、早く会場入りする人が多いですよ。

出店者たちも朝一は「今日はたくさん売るぞ」という気持ちでいます。出店者とお客のモチベーションが高い朝一は、うまく交渉すればとてもよいお買い物ができるでしょう。

店主のファッションセンスに注目しよう

フリーマーケットでは大量の商品が並べられているので、一つ一つ見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。お目当ての品物にたどり着く前に帰る時間になっては残念ですね。

会場についたら、いきなり近場の店の商品に飛びつくのではなく、まずは会場内を歩きながら出店者を観察してみましょう。出店者を見れば、だいたいどのような品物を出していて、その店に自分の欲しい品物がありそうかどうか分かってくるからです。

例えば子ども服がお目当てなら、出店者のファッションセンスを見てみましょう。服装や雰囲気で、なんとなく置いている子ども服も想像できますね。そうして目星をつけた店でゆっくり品物を一つ一つ見るようにすれば、欲しいものが見つかる可能性が高いですよ。

子どもも一緒に楽しめるようにしよう

子どもと一緒にフリーマーケットに行って、ママばかり品物を選んでいたら、子どもはつまらなくなってしまいます。子どもにも自分で欲しいものを見つけさせて、フリーマーケットの楽しみを教えてあげたいですね。

フリーマッケートでは中古のミニカーは100円くらいで買えます。ミニカー好きな子には、たくさんあるミニカーの中から好きなミニカーを見つけさせてはどうでしょうか。箱の中をごそごそ探してやっと見つけ出したミニカーには、きっと特別な思いがするでしょう。

ちょっと大きくなったら、自分で少額のお金を持たせて買い物させてみるのもよいですね。出店者の中には子持ちのママだっていますし、小さな子どもが買い物するのを見守ってくれて、ときにはオマケしてくれることもありますよ。

お目当てのものをお得に購入するコツ

まずは店主との会話を楽しもう

フリーマーケットでは、ネットでの中古品の売り買いと違い、人同士のかかわりがあります。品物の説明もその場で出店者から聞けますし、値段も交渉次第です。

まずは出店者と会話を楽しんでみましょう。気に入った品物が見つかったら、とてもその品物が気に入ったこと、どうしてこれが欲しいのかなどを話してみたり、どういう風に使えばよいのかを聞いたりしてみます。出店者が品物について教えてくれているうちに、だんだん気持ちが通じ合ってきて「もっとこんな商品があるよ」と奥から品物を出してきてくれたり、「次回はこんな品物を持ってくる予定」とお得な情報をくれたりすることもあります。

こうして出店者の顔を見て買い物できるのが、フリーマーケットのよいところなのですよね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj