就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

チャイルドシート着用義務は何歳まで?知っておきたいルールや注意点

チャイルドシート着用義務は何歳まで?知っておきたいルールや注意点

チャイルドシートは車移動の際の必須アイテムですよね。ただ、チャイルドシートを何歳まで使えばよいのか、タクシーやレンタカーを使うときや赤ちゃんのお世話をするときはどうすればよいのかと悩む人も多いと思います。ここでは、チャイルドシートを使うときのルールを紹介します。

チャイルドシート着用は何歳から何歳まで?

チャイルドシートには三つの分類がある

車のシートベルトは子どもの背丈に合わず、危険から身を守ることができません。そこで使われるのがチャイルドシートです。子どもを乗せるシート全般を指していうこともありますが、さらに細分すると三つに分類できます。

【ベビーシート】
生後10カ月頃までの赤ちゃんが使うことを考えて作られた製品です。

【チャイルドシート】
生後10カ月から4歳頃の幼児が使うことを考えて作られた製品です。

【ジュニアシート】
4~10歳頃の子どもが使うことを考えて作られた製品です。

製品によって、前向きで使うことも後ろ向きで使うこともできて、新生児から4歳頃まで長く使える製品や、チャイルドシートにもジュニアシートにもなる製品もあります。

チャイルドシートの着用期間を知ろう

子どもが6歳になるまではチャイルドシートを着用させなければならない、と道路交通法で定められています。ただ、年齢だけで実際に使うかどうかの判断をすることはおすすめできません。同じ年齢でも身体の大きさには個人差がありますから、身長や体重からどれを使えばよいのかを判断しましょう。

先ほど挙げた3種類のシートも、子どもの体格によって使い分けた方が安全性が高くなるので、身長や体重による着用目安を挙げたいと思います。

【ベビーシート】
 体重10kg、身長は70cm以下

【チャイルドシート】
 体重は9~18kg、身長は100cm以下

【ジュニアシート】
 体重は15kg以上、身長は135cm以下

チャイルドシートを使用せずに乗れる車

普通乗用車には、チャイルドシートを着用する義務があります。これは友人の車を借りて出かけるというケースや、レンタカーを使用するケースにも当てはまります。

ただ、車によっては、チャイルドシートを着用せずに乗ることができます。その車とは、バス(路線バス、貸し切りバス)、タクシー、ハイヤーです。つまり、不特定多数の客が乗車する営業用の車は、チャイルドシートを使わずに乗ることができるのですね。

バスやタクシーだと、子どもをいつ・何人乗せるのか分かりませんよね。0人かもしれませんし、3人かもしれません。常に乗せる可能性のある子どもの数だけ準備しておくことはできませんから、着用が免除されるというわけですね。

着用を違反したときの罰則や交通違反点数

違反したときの罰則や罰金はある?

チャイルドシートを着用すべき子どもが乗っているのに着用させなかった場合は交通違反になります。ただ、罰則や罰金は課せられません。

交通違反の罰則や罰金は、悪質で重大な交通違反に課せられます。違反切符であれば、赤切符が渡され、一発で免許停止や免許取り消し処分になります。例としては、無免許運転やひき逃げなどが該当します。

また、罰則や罰金が課せられるほどの罪である場合は刑事罰となり、刑事裁判を受けることになります。つまり、前科がつくのです。

チャイルドシートの着用義務を怠ったときには、ここまで重い罰則を受けることはありません。ただ、罰則を受けないとはいえ、子どもの命を守るためにチャイルドシートはきちんと着用しましょう。

違反したときの交通違反点数は何点なの?

幼い子どもを乗せているのにチャイルドシートの着用をしなかったケースでは「幼児用補助装置使用義務違反」となります。その場合は、違反点数は1点で罰金は課せられません。

罰金がないぶん、違反を軽く見てしまう人もいるかもしれません。ただ、チャイルドシートは子どもを交通事故から守るために欠かせないものです。過去には、チャイルドシートを着用していなかったがために、子どもが車外に投げ出されて死亡したという痛ましい事故も起こっています。

違反の点数は1点でも、着用義務を怠るということは、交通事故が起こったときに被害が大きくなる可能性があるということです。これを心に留めて、チャイルドシートの着用を徹底したいですね。

着用義務が免除されるケース

次に挙げるのは、チャイルドシートを着用しなくても違反とならないケースです。

・座席の構造上着用が難しいとき
・定員を超えていないケースで、子ども一人ひとりにチャイルドシートを使うと乗りきれないとき
・病気や怪我の理由により、チャイルドシートを使えないとき
・太っているなど、体格が原因でチャイルドシートを使えないとき
・チャイルドシートを着用していると、授乳やおむつ替えができないとき
・災害の対応や、公共の福祉のために運用する車に子どもを乗せるとき
・病院や警察署へ緊急搬送する必要がある子どもを同乗させるとき

これらのケースと、「チャイルドシートを使用せずに乗れる車」に乗るときは、交通違反になりません。

チャイルドシートを利用するときの注意点

助手席につけるのって違反なの?

子どもと2人でお出かけするときは、子どもの様子を確認できる助手席に乗せたいと思うパパやママもいるでしょう。道路交通法では、チャイルドシートを取り付ける場所は決まっていません。そのため、助手席に取り付けても違反になりません。

ただ、安全上の観点からいうと、助手席に取り付けるのはおすすめしません。特に、ベビーシートを後ろ向きに取り付けるときには、助手席は避けた方がよいです。

助手席に後ろ向きのベビーシートを取り付けると、エアバックとの距離が近くなり、膨らんだ衝撃で赤ちゃんが怪我をする可能性があります。前向きに乗せる場合も、エアバックとの距離が近いと窒息の危険があるので、座席を後ろに下げて乗せるようにしましょう。

チャイルドシートの一番安全な設置場所

交通事故から子どもを守るためにも、チャイルドシートは一番安全な場所に取り付けたいですよね。

チャイルドシートを取り付けるにあたって、一番安全だといわれているのが「運転席の後ろの席」です。

交通事故の瞬間、多くのドライバーは咄嗟にハンドルを右にきる傾向があるといわれています。ハンドルを右に切った場合、対向車と衝突する可能性が高いのは車の左側の座席ですよね。日本の車は運転席が右側であることがほとんどなので、助手席や助手席の後ろの席よりも、運転席の後ろの席の方が安全なのです。

逆に一番危険なのは助手席だといわれています。助手席は交通事故の死亡率がもっとも高い座席なので、できるだけ避けるようにしたいですね。

安全基準のついたチャイルドシートを!

子どもを事故から守るために、より安全性の高いチャイルドシートを選びたいですよね。そのためには、安全基準に適合したチャイルドシートがおすすめです。

安全基準に適合しているかどうかは、型式指定マークがついているかどうかで判断できます。現行の基準を満たしている製品には「Eマーク」が添付されています。

2012年6月30日以前に作られたチャイルドシートには、旧基準に適合した証の「自マーク」が添付されていることもあります。インターネットなどで格安販売されているチャイルドシートの中には、このマークがついていないものもあるので、購入前に確認しておきましょう。

新しく購入する際には、Eマークのついている製品を選びたいですね。

まとめ

チャイルドシートを使うことは6歳未満の子どもを車に乗せるときのドライバーの義務です。義務という以前に、子どもを交通事故の危険から守るには欠かせないアイテムでもあります。「ちょっとそこまで行くだけ」「安全運転するし」と油断せず、必ず着用するよう心がけてくださいね。

また、使っているチャイルドシートが本当に安全なものなのか、使い方は合っているのかについても、再確認してみましょう。

チャイルドシートを正しく使って、家族とのお出かけを安全で楽しいものにしたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR