就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと楽しみたい秋のセパレート!メリットとコーデのコツを紹介

赤ちゃんと楽しみたい秋のセパレート!メリットとコーデのコツを紹介

活発になる【寝返り~つかまり立ち】の時期

赤ちゃんが寝がえりを始めるころには、体も首もずいぶんとしっかりします。ママもセパレートコーデを楽しむ余裕が出てくるでしょう。

赤ちゃんの動きはどんどん活発になる時期です。肌寒くなる季節ではありますが、寝返りやハイハイの時期の赤ちゃんのトップスは、お尻が隠れるほどの丈がよいでしょう。

とくに、ハイハイをする赤ちゃんのトップスの丈が長いと、裾を膝で踏んでしまってうまく前に進めなかったり、転倒してしまったりすることがあります。寒さが気になるママは、レギンスにブルマを合わせると可愛いですよ。

また、つかまり立ちが始まると、赤ちゃんはどんどん動きたくなります。足回りがもたつかないレギンスや、ストレッチ素材のボトムスなどをコーデに選びましょう。

セパレートに切り替えるタイミング

セパレートに切り替えるタイミングは、服がサイズアップするときや、季節の衣替えの時期などママによって様々です。

メーカーにもよりますが、赤ちゃんのセパレート服は70cmからのサイズ展開が多いようです。ですから、赤ちゃんが70cmサイズの服が着られるタイミングで、セパレートに切り替えるママもいますよ。

一般的に、服が70cmサイズの赤ちゃんの月齢は、生後6か月前後が目安だそうです。赤ちゃんが着る服のサイズに余裕が欲しいママは、少し早めに切り替えを検討してみるのもよいですね。

秋は気温の変化に対応できるコーデが理想です。秋にセパレートに切り替える場合は、カーディガンなどの羽織りものを用意し、冬にも使えるアイテムを揃えましょう。

秋に楽しみたい可愛いセパレート服

定番のトップスにレギンスで動きやすく

ずり這いやハイハイをしている赤ちゃんであれば、ストレッチの効いた素材の動きやすいレギンスがよいでしょう。ストレッチが効いていると、着替えやすいメリットがあります。ウエストがゴムになっていて、お腹を締めつけず苦しくないのが嬉しいですね。

赤ちゃんの肌は大人に比べると弱いので、レギンスの素材は綿100%がよいでしょう。膝の裏などが赤くカサカサしていると、かぶれて痒くなっている状態なので気をつけましょう。

レギンスに合わせやすいトップスは、TシャツやロングTシャツ、チュニックなどデザインを問いません。また、レギンスにショートパンツを合わせた重ね着コーデも可愛いく、お腹周りを冷えから守ってくれますよ。

ぜひ、色々なコーデを楽しんでくださいね。

重ね着しても可愛いチュニック

タンクトップのチュニックであれば、夏は1枚で様になります。秋の肌寒さを感じる季節になれば、半袖や長袖と重ね着して、色々な着回しができるメリットがあります。体温調節のためにカーディガンを羽織っても素敵です。

チュニックに合わせるボトムスは、レギンスやズボンなどがよいでしょう。シンプルなデザインや、派手な柄のものまで種類が豊富ですよ。シンプルなレギンスの中でも、裾にレースをあしらったデザインだとコーデのワンポイントにもなります。

ワンシーズンで着られなくなる子供服が多い中で、チュニックはシーズンをまたいで着られる可能性が高いアイテムです。たとえば、お尻が隠れるくらいの丈のチュニックだと、翌年には腰くらいの丈で可愛く着られるかもしれませんよ。

お腹を締めつけない暖かいオーバーオール

冬に近づく晩秋のころには、長袖のトップスにオーバーオールを合わせると、お腹が冷えずに暖かく過ごせます。また、お腹を締めつけずゆったりと着られるのも嬉しいですね。

さらに、カーディガンやパーカーなどを羽織れば体温調節もバッチリです。小物にニット帽などを合わせてオシャレを楽しみましょう。

オーバーオールだと、ずり這いやハイハイをしてもお腹や膝を守ってくれるので安心です。今後は、上下セパレートの服が多くなるので、オーバーオールでずり這いやハイハイする姿は貴重かもしれませんね。

少し先の話ですが、トイレトレーニングの際は、自分で脱ぎ着するのが難しいオーバーオールは避ける方が無難です。その時期を外せば、オーバーオールは赤ちゃんの秋の服にぴったりですよ。

まとめ

赤ちゃんのセパレートの服は、体型に合わせやすく、おむつ替えや着替えのお世話が簡単になることなどをご紹介しました。赤ちゃんのお世話が少しでもスムーズになるように、チャレンジしてみましょう。

秋は、1日の中でも気温差があり、風邪を引きやすい季節です。セパレートコーデのコツを知っていると、体温調節がしやすいので快適に過ごせるでしょう。

定番や取り入れやすいアイテムをうまく使って、親子でオシャレを楽しんでくださいね。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND