就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬コミって子どもと一緒に参加できる?子育てと趣味の両立方法のコツ

冬コミって子どもと一緒に参加できる?子育てと趣味の両立方法のコツ

コミケってどういうところなの?年齢制限は?ルールは?必要なものは何?参加したいけど、どういうことに注意したらいいの?子どもが生まれたら趣味は封印しなければいけないの?などの不安な気持ちを少なくして楽しむには事前にきちんと調べておくことが鍵です。楽しく過ごすために今回は冬コミについて紹介していきます。

冬コミのイベント内容と注意点を解説

冬コミはどんなイベントか把握しておこう

「コミケ」とは「コミックマーケットの」略で、「同人誌即売会」のことです。その中で、夏に行われるのが「夏コミ」、冬に行われるのが「冬コミ」です。

よくテレビで見受けられるのですが、「コスプレ会場」や「コスプレをしなくてはならない」ということはないので、誤解をしないようにしましょう。

その中でも今回は冬コミについて、見ていきましょう。今までは1人や友だちなどと参加していたところに、子どもを連れて行くとなると今までと違った注意点やルールがあると思います。せっかくの楽しいイベントなのに、自分も子どもも、そのほかに参加している方など、みんなが嫌な思いをしないためにも事前に調べてから参加することが大事になります。

子育て中でも参加したくなる冬コミの魅力

世界最大の同人誌即売会「冬コミ」に有名人や外国人も参加するようになり、いろいろなメディアで取り上げられることも多くなったことにより、「コスプレ・物販・混雑」というイメージが強くなっている「コミケ」。

同人誌の頒布が行われ、それを読む人が一堂に会し交友を深めたり、自作グッズや企業参加者によるグッズの頒布も行われたりしています。

同人誌は、あらゆる人たちのいかなる表現も許される自費制作雑誌で、コミケで頒布されるものの多くは漫画やアニメの二次創作で、内容は漫画だけではなく小説やイラストなどもあります。

ほぼ一般の人が書いていて、同じ趣味の人たちがTwitter等のネットで繋がりながら、サークルの仲間で雑誌を作ったりします。個人で参加する人もいますよ。

冬コミで気をつけておきたいこと

冬コミは近年では年末に開催されています。特に気を付けなければいけないのは、防寒です。冬ですから、やはり寒さ対策はしっかりとしないといけません。

カイロやマフラー、手袋、帽子。これは必需品です。特に早朝から並ぶことを考えているならば、ロング丈のベンチコートを着るなど防寒対策をしっかりとしないと凍えてしまいます。体調を崩してしまってはせっかくのイベントも台無しですよ。

また入場後は、人が大勢いるため熱気がこもり、今度は暑くなることが考えられます。ですので、脱ぎ着が簡単にできる服装がおすすめです。

子どもを連れていくならなおさら風邪をひかないようにしないと、自分が元気でも子どもが体調を崩してしまうということもあるので、気をつけなければいけないですね。

冬コミは子どもが参加しても大丈夫?

冬コミの年齢制限を知っておこう

たくさんの人が参加するコミケですが、ここで気になるのが年齢制限です。子どもがいるとどうしても年齢制限は気になりますよね。

コミケでは頒布する側や購入する際に確認される場合がありますが、それ以外に関しては特に制限はされていません。

購入の際に年齢確認されるのは成人指定の頒布物の場合です。ですので、それ以外には年齢制限なく参加することができます。

成人指定の作品を購入する目的がなければ、身分証明書は必要ないことは上に書いてあるとおりなのですが、たくさんの人が会場の中にいる状態なので、どんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。念のため免許証、保険証など自分の身元がしっかりわかるものを持参しましょう。

冬コミに子どもと参加するときの問題

子どもと参加するときの問題点ですが、まずは多くの人が行き来をする場所ですので、迷子には気をつけましょう。

大人でさえ、友だちと落ち合うのが難しいくらい込み合います。ですので、迷子になると探すのがとても大変になってしまいます。

後はトイレです。込み合うことはもう想像できると思います。子どもはギリギリになってから「トイレに行きたい」などということもあるので、早めに声をかけてあげるなど対策をとりましょう。

大人の人がどうしても多い会場です。目線が子ども目線ではありません。足元にいたりすると見えなくて相手が子どもに躓いてしまい、お互いにけがをするということも考えられます。ですから、子どもから目を離さないようにしましょう。

事前にルールを把握してトラブル回避

コミケのルールは「人に迷惑をかけない」ということが前提になります。会場で並んでいるときに押さないことや、割り込みをしない、人に並んでもらって交代したりしない、通路の邪魔になるところで休まないことなどです。

係の人がいますので、きちんと指示に従いましょう。係の人に従って行動することでスムーズに動くことができますし、モラルも保たれます。

子どもがいれば大きな声で騒がせない、走り回らせないなども気をつけなければならなくなります。それがお互いに嫌な思いやケガをしないためによいと思います。

それに同人誌の扱いも気をつけなければならないですね。子どもが破損してしまったり、汚れを付けてしまったりしないようにしましょう。

子どもを冬コミに連れていけないときは

託児サービスを利用してみよう

たくさんの大人が行きかう会場ですので、子どもには大変な場所かもしれません。ですので、無理をさせずに託児サービスと利用するのもよいと思います。

長時間立っていなければいけなかったり、寒い中並ばなければいけなかったりと、子どもにはつらいかもしれません。

趣味のためにパパ、実家や義実家に預けるのを遠慮してしまうかもしれませんが、そんな方のために「にじいろポッケ」という出張保育サービスがあります。

特に同人イベントに特化していて、規模の大きな同人誌即売会は、会場へのアクセスがよい場所で保育所を借りて託児サービスを実施しています。主催者の方が同人趣味をお持ちの子育て中のママなので、気兼ねなく安心して預けられます。

無理に参加しないことも大切

せっかく楽しみにしていたイベントなのに、自分の体調は万全でも子どもの体調がよくないときもあると思います。そんなときは無理に参加しないことも大切です。

確かにすごく楽しみにしていた気持ちもわかりますが、もし子どもに何かあったことを考えると後悔するかもしれません。「やっぱりやめておけばよかった」なんて後から思うのは嫌ですよね。

子育てもいつまでも続くものではありません。子どもはどんどん大きくなります。

今は大変かもしれませんが、やがて手が離れ、さみしいと思う日が来ると思います。そのときこそ、また自分の趣味を大いに楽しめばよいのです。

ケガや病気に対する不安が心にあるのであれば、心の声に従って参加を諦める選択をすることも大切ですよ。

夫婦で助け合って趣味を楽しもう

夫婦お互いに親になったからといって趣味を我慢する必要はないように思います。お互いに協力して楽しめるようにするのが家族のためにはよいのではないでしょうか。

お互いのために普段から子育てをシェアしておいて、家族で楽しむ時間を大切にしましょう。パパと子どもだけの特別な時間をつくり、パパとだけできる遊びやお出かけができるとパパも子どもも気持ちの負担が少なくなると思います。

子どもも負担なく参加できるようになり、興味を持ったら一緒に行くこともよいかもしれませんね。まだ小さくて連れていくのに抵抗があるのであればパパにも協力してもらいましょう。

子育ては時間も経済的にも制限が出てきてしまいますが、負担にならない程度であれば趣味も必要なことだと思います。

まとめ

「冬コミ」は夏コミと違った注意が必要になりますが、みんなが楽しんで参加するイベントということに変わりはなく、人に迷惑をかけないということ、ルールをきちんと守ることを前提に参加をすれば楽しいイベントだと思います。

子どもがいることで、友だちや1人で参加していたときとは違った注意が必要ですが、趣味を楽しむことは決して悪いことではないですし、息抜きもたまには必要だと思います。それで気持ちがリフレッシュすることができて、子育てに対しても前向きな気持ちになれるのであれば子どもも喜んでくれると思いますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018