就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

アルコールスプレーで手垢やほこりを一掃!作り方や活用方法について

アルコールスプレーで手垢やほこりを一掃!作り方や活用方法について

小さな子どもがいると、家の掃除って大変ですよね。手垢がそこらじゅうにべたべた…なんてことも多いと思います。掃除してもきりがないと、ママもお手上げ状態になってしまいますよね。そんなとき、アルコールスプレーで効率的に掃除ができることをご存知ですか?今回は、その利用方法や作り方までご紹介します。

便利なアルコールスプレーについて知ろう

掃除用アルコールって何?

アルコールというと、消毒用のイメージが強いと思いますが、掃除用のものもあるのはご存知ですか?

濃度は80%ほどで、手指の消毒用とほぼ同じですが、すぐに蒸発する安全性の高さから手軽に使える点が特長といえるでしょう。ドラッグストアなどで気軽に購入でき、スプレータイプのものが多いです。

もちろんアルコールなので、除菌効果が期待できるのも嬉しいポイントですね。インフルエンザやノロウイルスの予防を兼ねた掃除や、キッチンでの食中毒予防、電化製品対応、食品に直接スプレーできるタイプの商品などもあります。濃度が選べるので、用途に合わせて選ぶとよいでしょう。 

ただし、アルコールは火気の近くで使用すると引火のおそれがあるので、そこだけは注意しましょうね。

消毒用エタノールとの違いは

アルコールと同じような効果が期待できるものに「消毒用エタノール」があります。

エタノールとは、デンプンなどをアルコール発酵させたもので、アルコールとほぼ同じと考えてよいでしょう。成分はエタノールでも、店頭に並んでいるものは「アルコールスプレー」と表記されて売られていることが多いようですよ。ちなみに、エタノールの成分濃度が約100%の「無水エタノール」を水などで希釈したものが「消毒用エタノール」です。

エタノールを掃除で使う場合も、アルコールスプレーと同様に布巾にしみこませて拭いたり、汚れに直接スプレーして拭き取ったりするなどして使用します。なお、雑菌はエタノール成分が70~80%の濃度のものを吹きかけられると5分ほどで死滅するようですよ。

簡単にできるアルコールスプレーの作り方

アルコールスプレーは、市販のものも多くありますが、実は自分でも簡単に作れます。

まず、無水エタノールまたは消毒用エタノールと水、そしてアルコール成分が触れてもOKなスプレーボトルを用意しましょう。スプレーボトルに、水110mlとエタノール90mlを入れてかき混ぜるだけでできあがりです。さらに、お好みのアロマオイルを数滴垂らしておくと、掃除中もよい香りがして気持ちよくお掃除ができそうですね。柑橘系やミント系のものが、すっきり爽やかでおすすめですよ。

エタノールさえ購入しておけば、あとは水があればできるので、市販のものよりもコスト面でも助かりそうですね。濃度も自分で調整できるので、用途に合わせていくつか作っておくのもよいでしょう。

掃除におすすめの理由と掃除以外の活用法

除菌が見込めて水拭き不要などメリット多数

アルコールスプレーは、掃除する以外にもメリットが多数あることをご紹介します。

まず、アルコールにより除菌が見込めることで、ほぼ100%の雑菌を死滅させることが期待できます。水回りやトイレなど雑菌が繁殖しそうな場所を、アルコールを吹きつけた雑巾などで拭くことで、カビ予防になりますよ。アルコールは揮発性があり、水拭きしなくても除菌できるので、家電などの水を使用したくない場所にもぴったりな掃除方法といえますね。

そのほかにも、食品の防カビや煮沸消毒できない食器などの除菌、子どもの前で殺虫剤を使いたくないときの殺虫剤代わりとしても使えるなど、掃除以外の場面でも活躍してくれる万能アイテムといえるでしょう。

アルコールスプレーを使う際の注意点

アルコールスプレーにはいくつか注意点があります。

まず、先ほども述べたとおり、引火の危険性があるので、火気のそばでは使用しないようにしましょう。火を使うコンロ周りなどの掃除は、布巾にアルコールを吹きつけて拭き掃除し、さらに二度拭きするとよいですよ。保管する場所も、火の気がない場所を選んで置くようにしましょう。

また、ニスを使用した家具や、ワックスを塗布した床なども注意が必要です。アルコールが触れるとニスやワックスが溶けてしまったり、変色して材質が変わってしまったりするので気をつけましょう。

これらの注意点さえ守れば、とても便利なお掃除アイテムなので、賢く生活に活用していきたいですね。

インフルエンザなどの菌対策にも活躍

冬の寒い時期に、気をつけたいのがインフルエンザですよね。予防接種などで対策をとることが多い中、日ごろの生活面で簡単に予防できることがあれば知りたいママも多いのではないでしょうか。

ここでもアルコールスプレーが活躍してくれます。インフルエンザウイルスは「水に溶けにくく、油に溶けやすい」という特徴があり、アルコールで消毒されると、人への感染力がなくなってしまうようですよ。

ですから、「インフルエンザウイルスはアルコール消毒が有効」とされ、子どもがよく触れるような場所や、菌が繁殖しそうなところにアルコールスプレーを吹きかけておいたり、拭き掃除をしておいたりするだけで予防できます。忙しいママでも簡単にできるのも嬉しいですね。

アルコールスプレーが大活躍のお掃除3選

落ちにくい子どもの手垢汚れがよく取れる

小さい子どもがいる家のお掃除で悩ましいのが、子どもの手垢汚れではないでしょうか。拭いても拭いてもきりがないと、ママのやる気も消え失せてしまいますよね。そんなときはアルコールスプレーを活用してみましょう。

アルコールは油汚れのほか、皮脂汚れにも強いです。ですから、手垢の皮脂も、アルコールスプレーで溶かして簡単に落とせるわけです。

ドアノブや蛇口、家電、照明スイッチなど、手垢汚れがつきやすい箇所は数えきれないほどありますよね。そういった箇所に、アルコールスプレーをシュッと吹きかけるだけでピカピカにしてくれます。さらに、アルコールは揮発するので水拭き跡が残らず、二度拭きの必要がないのも、忙しいママにぴったりですよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事