就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おすすめのママチャリが知りたい!選び方のポイントと人気の車種

おすすめのママチャリが知りたい!選び方のポイントと人気の車種

ママチャリは子どもも荷物も乗せられて、気軽に乗れる、とても便利な移動手段。生活に密着した乗り物だからこそ、機能が高いものや、デザインがおしゃれなものがあったら嬉しいですよね。これからママチャリを買いたいママや、気になっているママが、用途にぴったりなママチャリを見つけられるような情報をご紹介します。

シティサイクルは普段使いに最適!

ママチャリとシティサイクルの違いについて

「ママチャリ」とは、「ママが乗っているチャリンコ」を略してママチャリと呼ぶようになったそうです。街や駐輪場、自転車屋さんに行ったときに、1番多く見かける自転車の種類だと思います。

「シティサイクル」とは、普段使いをする自転車の総称です。用途に合わせて様々な種類があります。ママチャリも、シティサイクルです。ほかには、装備品の形や色を変えて、おしゃれに仕上げた「ファッションサイクル」。ハンドルやブレーキはマウンテンバイクの部品を使い、タイヤなどはロードバイクと同じものを搭載した「ハイブリッドサイクル」などがあります。

おそらく、ほとんどの人がママチャリと呼んでいる自転車にも実は種類があったのです。

ハンドルは使い方や使用距離に合わせて選ぶ

ママチャリのハンドルは、大きく分けて2種類あります。Yのような形で、持つところが少し盛り上がっている「セミアップ」と、Tの形のようで、まっすぐな「フラットタイプ」があります。

用途やよく走る道によって、選ぶママチャリが変わってきます。移動距離が短く、荷物や子どもを乗せる場合は「セミアップ」のママチャリを。こちらの方が安定した走りができます。また、移動距離が長く、坂道が多い場合は「フラットタイプ」のママチャリを選びましょう。力が入りやすくなっています。

ハンドルのおしゃれさで選びたいところですが、用途に合ったハンドルのママチャリを選び、安全に快適に走行できるとよいですよね。ほとんどのママは「セミアップ」のママチャリが適しているのではないでしょうか。

タイヤの大きさは身長を基準にする

タイヤが大きいと、一漕ぎでたくさん進むからといって、自分の身長に合わないタイヤを選ぶことは危険です。もし、子どもを乗せることを考えている場合は特に、しっかりと自分に合った大きさのタイヤを選びましょう。

目安として身長150~165cmの方は26インチ。身長160cm以上ある方には27インチが適しています。メーカーによって、基準値を設定していることがあるので、ほしい自転車のメーカーで確認をするとよいですね。

電動自転車は、20インチや22インチなど、タイヤが小さいものが多いです。重心が低いと安定しやすいですよね。24インチや26インチの電動ママチャリもあります。ママの身長に合わせて選んでみてくださいね。

おしゃれヘルメット「nicco(ニコ)」で自転車デビューはいかが?

PR

子どもの通園通学やお出かけで利用する自転車。ママの後ろに乗る小さな頃からヘルメットが必要になります。子どもの安全を守り長く使う物だからこそ、ヘルメット選びにもこだわりたいですよね。今回は豊富なカラーとおしゃれなデザインが魅力の日本製ヘルメット「nicco(ニコ)」をご紹介。自転車コーデが楽しくなりますよ!

子どもを乗せるなら電動自転車がおすすめ!

子ども1人であれば前乗せタイプを選ぼう

前乗せタイプは何歳から何歳まで乗せることができるでしょうか?子どもの発達具合や、体格によって前後しますが、だいたい1歳で乗せることができます。前乗せタイプの多くは4歳までと設定しています。しかし年齢はあくまでも目安です。身長100cm以下、体重15kgまでなどと表記されているので、注意してくださいね。

前乗せタイプは、子どもの様子がわかることや、子どもが景色を見られて飽きづらいことなど、メリットがあります。後ろ乗せタイプは後から付けることができるので、まずは前乗せタイプを選ぶとよいかもしれません。

また、前乗せタイプでも前カゴと運転者との間に子どもを乗せられるタイプもあります。子どものサイドを守るものがないですが、前にカゴを設置できるので便利です。

バッテリー持ちのよさは容量で決まる

電動なので、充電をしなくてはなりませんね。自転車のバッテリーを取り外し、専用の充電器にバッテリーを置くだけです。特別な作業はなく、とても簡単です。電気代は1回あたり約10円以下、決して高いとはいえないのではないでしょうか。

充電自体は簡単ですが、バッテリー持ちがよいのは重要なポイントの一つ。なぜなら、電動自転車のバッテリーは小さいですが、車体は重いです。バッテリーが切れると、自転車から降りて、子どもと荷物を乗せた、重い自転車本体を押さなければならないため大変なのです。

バッテリーの容量が多いと、その分長持ちします。車種により違うので、電動自転車を選ぶときは、バッテリーの容量にも注目して選んでみましょう。

安定性重視なら小さめタイヤを選ぶ

街で見かける、子ども乗せタイプの電動自転車は、タイヤが小さなものが多いですよね。小さめタイヤにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、安定性です。タイヤが小さい方が安定しやすくなります。また、小柄なママでも足がしっかり地面に付きやすいので、いざというときに足でふんばることができます。次に、ママの負担が軽くなります。タイヤが小さいことで、地面から近くなるので、子どもを乗せたり、降ろしたりするときの負担が軽くなります。13kgの子どもを前乗せタイプに乗せるとき、声が出てしまうくらい力が必要になりますよ。

安定性や、ママの負担をとっても、小さめのタイヤにはメリットがあります。強いこだわりがない場合は、小さめのタイヤを選んでみてはいかがでしょうか。

快適な1台を探す!人気のママチャリを紹介

家族みんなで使えるベーシック型

老若男女問わず家族みんなが乗りやすい、ベーシックタイプの自転車の一部をご紹介します。

・Punk Rock…6段ギアが付いていて、どんな道も走りやすくなっています。夜間に自動点灯するライトも付いているので、通勤・通学に安心です。そして1番の特徴はパンクしづらいタイヤを搭載していること。パンクはできるだけしないほうが助かりますよね。

・アシスタファイン 2018モデル…ブリヂストンの電動自転車です。明るい色から落ち着いた色まで、カラーバリエーションが豊富なので、色を選ぶのが楽しそうですね。身長135cmから乗れるので、家族みんなで使うことができますね。また、別売りのチャイルドシートを後付けすることができます。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC