就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りの原因と対処の仕方

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りの原因と対処の仕方

突然始まる赤ちゃんの人見知り。お出かけする先々で赤ちゃんに大泣きされ、戸惑うママもいるでしょう。赤ちゃんに泣かれてしまった相手にも気を使いますよね。でも、人見知りにはきちんと理由があります。ここでは、人見知りの原因や対処の仕方をご紹介していきます。

赤ちゃんの人見知りとはどんな状態?

人見知りとはどんな行動?

赤ちゃんは、生まれてしばらくは誰にでもニコニコと愛想がよく、かわいい笑顔を見せてくれます。ところが、ある時期から、知らない人や久しぶりに会う人など、自分が慣れていない人を避ける行動を取るようになります。

今まで誰に抱っこされてもご機嫌だったのに、慣れていない人に抱っこされた途端に泣き出し、怖がったり、警戒したりして近寄らなくなります。また、知らない人がたくさん居る場所では、ママから離れられないことも。このような行動が人見知りです。

久しぶりに会うおじいちゃんやおばあちゃん、その他かわいがってくれる人に、赤ちゃんが人見知りしてしまうと、なんだか気まずいし、申し訳ない気持ちになるママもいますよね。

人見知りはいつから始まる?

赤ちゃんは、生後6~8カ月ごろから、ママなど特定の人を特別な相手であることを認識し、愛着対象に選びます。そうなると、その他の人へ警戒心を持つようになり、人見知りが始まります。ただ、人見知りが始まる時期には個人差があるため、生後3~4カ月で始まることもあれば、1歳過ぎてから始まることもあります。

生後8カ月ごろに始まる人見知りは「8カ月不安」と呼ばれ、後追いが激しくなるのもこのころ。ママの姿が見えなくなると、大泣きすることもよくあります。ママにしてみれば、ちょっとトイレに行くのも大変な時期ですよね。

でも、人見知りをするのは、赤ちゃんの認識能力が発達した証拠。また、愛着が着実に形成されている、ということでもあります。

人見知りはいつごろまで続く?

人見知りは一般的には1歳ころ、長くても2~3歳の間にはなくなるといわれています。

身体能力が発達し、ハイハイしたり、歩いたりが出来れば、不安な対象から自分で逃れることが出来るようになります。そのため、泣くことが減り、必要以上に不安な気持ちにならなくてもよくなるのです。

また、いろいろな人に関わるにつれ、人見知りをしなくても大丈夫であることを学んでいきます。ただ、人見知りがいつまで続くかは、赤ちゃんの本来の性格や、人見知りが始まった時期、人と会う機会の頻度によって、個人差があるものです。

大人でも、人見知りな人がいるように、赤ちゃんにも人見知りの子はいます。人見知りも個性のひとつとして捉えることも大切です。

赤ちゃんの人見知りが始まる原因と理由

赤ちゃんの視力の成長

生後間もない赤ちゃんの視力は0.02程度です。これは抱っこをされたときに、相手の顔にちょうど焦点が合うくらいの視力です。その後、視覚的な機能は生後6カ月ごろまでに少しずつ発達していきます。

生後6カ月ごろになると視力は0.2程度になり、自分の周りの人や物をはっきりと認識できるようになります。大好きなママの顔がはっきり認識できるようになりますよ。これまでも赤ちゃんは、においや声でママを認識していましたが、視力の成長によって、よりはっきりとママのことを認識できるようになります。

このため、ママ以外の人に抱っこされたり、目が合ったりすると不安になり、泣き出してしまうことがあるのです。可愛いですね。

赤ちゃんの記憶力が高まる

赤ちゃんの人見知りは、記憶力が高まっているからこそだと言えます。ママなど身近な人のことをちゃんと記憶していなければ、人見知りはできません。特別な存在であるママをしっかり記憶できているから、ママが居なくなると不安になって泣くのです。

また、ママが安心できる存在である一方で、知らない人や慣れていない人のことは怖かったり、不安を感じたりします。これは、感情が豊かに育っている証拠です。

つまり、人見知りをするのは記憶力が付いているというだけではなく、感情面でも発達しているということでもあります。

人見知りは赤ちゃんが成長していく大切な過程です。と言っても、赤ちゃんの人見知りで、ママが気疲れしてしまうことがあるのも事実です。

赤ちゃんの心に愛着と葛藤が生まれる

赤ちゃんは自分の欲求に応え、守ってくれる人を、特別で安心できる存在だと徐々に認識するようになります。そして、ママなど特別な人に対して情緒的な絆(愛着)を築いていきます。

赤ちゃんは誰かに守ってもらわなければ、生きていけません。このため、安心できる人の側にいようとする性質を、生まれながらに持っています。ママが居なくなると泣いたり、後追いをしたり、しがみついたりする行動は愛着行動と言われ、ママと赤ちゃんの間で、情緒的な絆が形成されていることの証です。

赤ちゃんは本来、好奇心でいっぱいです。ママ以外の人にも、本当は近づいてみたいし、関心はあるようです。でも、不安で近づけない、ママとも離れたくない、という葛藤から人見知りしてしまうのです。
52 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版