就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りの原因と対策方法

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りの原因と対策方法

突然始まる赤ちゃんの人見知り。お出かけする先々で赤ちゃんに大泣きされ、戸惑うママもいるでしょう。赤ちゃんに泣かれてしまった相手にも気を使いますよね。でも、人見知りには、ちゃんと理由があります。そこで、人見知りの原因や対策をご紹介していきます。

赤ちゃんの人見知りとはどんな状態?

人見知りとはどんな行動?

赤ちゃんは、生まれてしばらくは誰にでもニコニコと愛想がよく、かわいい笑顔を見せてくれます。ところが、ある時期から、知らない人や久しぶりに会う人など、自分が慣れていない人を避ける行動を取るようになります。

今まで誰に抱っこされてもご機嫌だったのに、慣れていない人に抱っこされた途端に泣き出し、怖がったり、警戒したりして近寄らなくなります。また、知らない人がたくさん居る場所では、ママから離れられないことも。このような行動が人見知りです。

久しぶりに会うおじいちゃんやおばあちゃん、その他かわいがってくれる人に、赤ちゃんが人見知りしてしまうと、なんだか気まずいし、申し訳ない気持ちになるママもいますよね。

人見知りはいつから始まる?

赤ちゃんは、生後6~8カ月頃から、ママなど特定の人を特別な相手であることを認識し、愛着対象に選びます。そうなると、その他の人へ警戒心を持つようになり、人見知りが始まります。ただ、人見知りが始まる時期には個人差があるため、生後3~4カ月で始まることもあれば、1歳過ぎてから始まることもあります。

生後8カ月頃に始まる人見知りは「8カ月不安」と呼ばれ、後追いが激しくなるのもこの頃。ママの姿が見えなくなると、大泣きすることもよくあります。ママにしてみれば、ちょっとトイレに行くのも大変な時期ですよね。

でも、人見知りをするのは、赤ちゃんの認識能力が発達した証拠。また、「ママが大好き!」という愛着が着実に形成されている、ということでもあります。

人見知りはいつごろまで続く?

人見知りは、一般的には1歳頃、長くても2~3歳の間になくなると言われています。

身体能力が発達し、ハイハイしたり、歩いたりが出来れば、不安な対象から自分で逃れることが出来るようになります。そのため、泣くことが減り、必要以上に不安な気持ちにならなくてもよくなるのです。

また、いろいろな人に関わるにつれ、人見知りをしなくても大丈夫であることを学んでいきます。ただ、人見知りがいつまで続くかは、赤ちゃんの本来の性格や、人見知りが始まった時期、人と会う機会の頻度によって、個人差があるものです。

大人でも、人見知りな人がいるように、赤ちゃんにも人見知りの子はいます。人見知りも個性のひとつとして捉えることも大切です。

赤ちゃんの人見知りが始まる原因と理由

赤ちゃんの視力の成長

生後間もない赤ちゃんの視力は、0.02程度です。これは、抱っこをされたときに、相手の顔にちょうど焦点が合うくらいの視力です。その後、視覚的な機能は生後6カ月頃までに少しずつ発達していきます。

生後6カ月頃になると、視力は0.2程度になり、自分の周りの人や物をはっきりと認識できるようになります。大好きなママの顔がはっきり認識できるようになるのも、この頃です。これまでも赤ちゃんは、においや声でママを認識していましたが、視力の成長によって、よりはっきりとママのことを認識できるようになります。

このため、ママ以外の人に抱っこされたり、目が合ったりすると不安になり、泣き出してしまうことがあるのです。

赤ちゃんの記憶力が高まる

赤ちゃんの人見知りは、記憶力が高まっているからこそだと言えます。ママなど身近な人のことをちゃんと記憶していなければ、人見知りはできません。特別な存在であるママをしっかり記憶できているから、ママが居なくなると不安になって泣くのです。

また、ママが安心できる存在である一方で、知らない人や慣れていない人のことは怖かったり、不安を感じたりします。これは、感情が豊かに育っている証拠です。

つまり、人見知りをするのは記憶力が付いているというだけではなく、感情面でも発達しているということでもあります。

人見知りは赤ちゃんが成長していく大切な過程です。と言っても、赤ちゃんの人見知りで、ママが気疲れしてしまうことがあるのも事実です。

赤ちゃんの心に愛着と葛藤が生まれる

赤ちゃんは、自分の欲求に応え、守ってくれる人を、特別で安心できる存在だと徐々に認識するようになります。そして、ママなど特別な人に対して情緒的な絆(愛着)を築いていきます。

赤ちゃんは誰かに守ってもらわなければ、生きていけません。このため、安心できる人の側にいようとする性質を、生まれながらに持っています。ママが居なくなると泣いたり、後追いをしたり、しがみついたりする行動は愛着行動と言われ、ママと赤ちゃんの間で、情緒的な絆が形成されていることの証です。

赤ちゃんは本来、好奇心でいっぱいです。ママ以外の人にも、本当は近付いてみたいし、関心はあるようです。でも、不安で近付けない、ママとも離れたくない、という葛藤から人見知りしてしまうのです。

赤ちゃんがパパに人見知りする理由 

なぜパパに人見知りするの?

知らない人や慣れていない人に対して、泣いたり警戒したりする人見知り。しかし、赤ちゃんによってはパパにも人見知りしてしまうことがあります。パパが抱っこすると大泣き…、となるとパパはショックですよね。

赤ちゃんは、生まれるまでの約10カ月間、ママのお腹の中で守られて過ごします。生まれてからも、授乳やオムツ替えなどで、多くの場合はパパよりママとの関わりが圧倒的に多いと言えます。

赤ちゃんがママのことをはっきり認識できるようになると、ママ以外の人に対して人見知りが始まります。それが、パパにも起こってしまうのです。例えばパパの帰宅が夜遅く、赤ちゃんと十分なスキンシップが取れないことが続くと、赤ちゃんはパパのことを身近な人だと認識しないのです。

パパ見知りの対策方法

赤ちゃんに泣かれると、ショックで自信をなくしてしまうパパもいるかもしれませんね。でも、赤ちゃんはパパが嫌いなわけでありません。パパ見知りも、大好きなママのことを他の人と区別できるようになった成長の証なのです。

パパは、赤ちゃんとコミュニケーションを取る時間を増やすことが大切です。赤ちゃんとたくさん遊びましょう!赤ちゃんに泣かれても諦めないで、優しく抱っこしてくださいね。笑顔でいることも大切です。

また、赤ちゃんはママのことをよく見ています。ママの表情や行動を介して、多くのことを判断します。パパとママが良い関係を築いていて、ママが笑顔でパパと関わっていれば、次第に赤ちゃんはパパのことを安心できる相手だと認識するようになります。

パパと赤ちゃんの信頼関係を築こう

パパと赤ちゃんとの信頼関係を築くには、パパができるだけ育児に参加することが大切です。仕事が忙しくて、なかなか赤ちゃんのお世話ができないというパパも、お休みの日は積極的に赤ちゃんと関わる時間を作りましょう。

パパにもできることはたくさんあります。オムツ替えやお風呂のお世話ができると、ママは助かりますね。また、赤ちゃんと遊ぶのはもちろん、一緒にお散歩もよいですよ。ただ、泣いている赤ちゃんを、無理矢理ママから離すことは逆効果なのでやめましょう。

何も特別なことをするのが大切なわけではなく、赤ちゃんと一緒に過ごす時間の長さが大切です。赤ちゃんはパパと一緒に過ごす過程で、パパのことを信頼していくでしょう。

初対面の人や場所に人見知りする場合

初対面の人に人見知りと対策

初対面の人に人見知りをするのは、不安が大きいから。「この人は誰?」「安心していい人なのかな?」と不安に感じているのです。

それに、赤ちゃんはママの反応をよく見ています。ママが相手に対して苦手意識があると、赤ちゃんはそれをよく感じ取ります。ママの表情や反応を見て、赤ちゃんはいろいろなことを判断するため、ママが苦手な相手に対しては、赤ちゃんも人見知りしてしまうというわけです。

赤ちゃんが安心できるよう、抱っこして相手に近付くなど、その人が怖くないことを赤ちゃんに繰り返し伝えましょう。ママはなるべく笑顔で!

また、普段からいろいろな人に会って、人に慣れることも大切です。地域の児童館や育児サークルに是非、足を運んでみてくださいね。

場所に対する人見知りと対策

場所に対するいわゆる「場所見知り」は慣れない場所に戸惑いを感じ、不安や恐怖を感じているため起こります。赤ちゃんの観察力が発達してきた成長の証でもあります。

ですが、せっかくお出かけしても、いつも赤ちゃんに大泣きされては、ママの気分転換にもならず、疲れてしまいますよね。

まずは、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせることが大切です。ママは、赤ちゃんを優しく抱っこして、「大丈夫だよ」と声がけしてみましょう。ママの落ち着いた様子を見て、赤ちゃんの不安も徐々になくなります。

また、普段使っているおもちゃや絵本などを持って行くことで、不安を逸らせることができます。それでも泣き続ける場合は、一度その場から離れ、静かな場所で落ち着くのを待ちましょう。

赤ちゃんの人見知りに関する気になる疑問

人見知りをしない赤ちゃんもいる

人見知りは心の成長の証、と言いましたが、中には人見知りをしない赤ちゃんも。人見知りをしない子は発達に問題がある?それとも愛情不足?と考えてしまうママもいるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

生まれつき人懐っこい性格だったり、普段からママ以外の人に会う機会が多かったりなど、さまざまな理由で人見知りをしない場合があります。また、人見知りをしない子だと思っていたけれど、2歳を過ぎてから突然人見知りが始まったなんていうことも。

きょうだいでも人見知りの有無や度合いが違う場合があるように、個人差が大きいのです。人見知りせず、誰にでもニコニコできるということは、素敵な個性ではないでしょうか。

あまり手がかからない赤ちゃん

人見知りしない赤ちゃんは、ママにとっては手がかからなくて楽ですよね。でも実は、人見知りしないいことと、手がかからないことは無関係ではないようです。

あまり手のかからない原因のひとつに、ママとのスキンシップ不足の可能性も。この場合、将来的に、言語面や社会性に、発達の遅れが出ることがあります。ママが側にいなくても平気、感情を表に出さない、じっとしていることが多い、周囲に関心がない、などの様子が見られる場合は注意が必要なこともあります。

ただこれは、ネグレクトなどの極端な例。手がかからない子=発達障害とは限りません。多くの場合は、赤ちゃんの個人差の範囲内です。

とはいえ、ママが積極的に赤ちゃんと関わることは大切ですよね。

泣いている赤ちゃんを落ち着かせる方法

人見知りでなかなか泣きやんでくれない赤ちゃん。どうしたらいいのか、ママは困ってしまいますよね。でも、焦りは禁物です!ママの不安や焦りが赤ちゃんに伝わってしまい、結果、ますます泣いてしまうことも。

まずはママが、どっしりと構え、リラックスすることが大切。赤ちゃんが泣いていることに過剰に反応せず、抱っこして「大丈夫だよ~」と赤ちゃんに繰り返し伝えます。

また、泣いている赤ちゃんに注目すると、赤ちゃんはますます緊張してしまいます。赤ちゃんを会話の中心にせず、笑顔でさりげなく受け流しましょう。

赤ちゃんの大好きなおもちゃなどで、気を引いてみるのもよいですね。そちらに注目している間に、泣くことを忘れてくれたら大成功です。

まとめ

赤ちゃんの人見知りは、成長する上で大切な通過点です。ママに対する愛着が順調に形成され、ママを認識できるようになったという、むしろ喜ばしいことなのです。

ただ、人見知りは個人差が大きいため、ママは心配しすぎたり、不安になり過ぎないようにしましょう。発達段階には、それぞれの赤ちゃんのペースがあります。人見知りの有無や始まる時期、終わる時期もそれぞれ違うのです。

大らかな気持ちで見守りながら、人見知りの時期を乗り越えられるとよいですね!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018