就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

腕輪が子どもとのプール遊びには便利!人気の腕輪をご紹介

腕輪が子どもとのプール遊びには便利!人気の腕輪をご紹介

夏に子どもとプールに行くにあたり、新しい浮き輪を探しているママもいると思います。浮き輪といっても、定番のドーナツ型や足入れ浮き輪、腕輪タイプなど色々あって迷ってしまいますよね。そこで今回は、腕輪タイプの浮き輪についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【種類別】浮き輪のメリットデメリット

腕輪型の浮き輪のメリットデメリット

海やプールでも、腕輪型の浮き輪ってあまり見かけないですし、ちゃんと浮くのか不安ですよね。ここでは腕輪型の浮き輪のメリットとデメリットについてご紹介します。

【メリット】
コンパクトなので、空気を入れていない状態で収納すると、プールバッグの中でもかさばりません。小さいので、空気を入れて膨らますのにもママが疲れることなくすぐに膨らますことができます。腕にはめればよいだけなので、子どもが浮き輪にしがみつく必要もなく、なにもせずに水の中で浮かんでいられます。

【デメリット】
片方だけでは浮かばないので、右と左、二つセットで揃えなければなりません。片方だけ装着するとバランスがわるく、浮き輪の意味がありません。

足入れ浮き輪のメリットデメリット

幼児がよく使っているのを見かける足入れ浮き輪。一見とても便利そうですが、ここではそのメリットとデメリットについてご紹介しますね。

【メリット】
自分で座ることができるようになったら、中に座ってぷかぷかと水面に浮かび、遊ぶことができます。屋根つきなど色々なデザインのものが出ているので子どもも遊具に乗っているような気分になり、楽しめます。

【デメリット】
3歳ぐらいになると、身長が伸びてくるので上半身が不安定になり、ひっくり返りやすくなります。一度ひっくり返ると自力では起き上がれないので、常に大人がそばでつき添っている必要があります。ハンドルなどの装飾部分が多いと、持ち運びにかさばってしまいます。

ドーナツ型浮き輪のメリットデメリット

浮き輪というと、このドーナツ型のものを思い浮かべるママも多いと思いますが、子どもにとって使いやすいのかどうか気になりますよね。ここではドーナツ型浮き輪のメリットとデメリットについてご紹介します。

【メリット】
輪の中にすっぽりと入って浮かんだり、お尻を輪に入れて足を投げ出して浮かんでみたりなど、色々な使い方ができます。3歳以上から大人までと幅広く対応しているので、一度買えば長く使えるのも魅力的です。デザインも豊富ですね。

【デメリット】
対象年齢は3歳からなので、3歳以下の子どもにはおすすめしません。輪に入って浮かぶ場合、浮き輪にしっかりとつかまっていないと、すっぽりと水中に落ちてしまうので、腕が疲れます。

腕輪が子どものプール遊びにおすすめの理由

両手足が自由に動いて水泳の練習になる

水遊びしながら、そろそろちょっと水泳の練習もさせてみたい、と考えているママもいることでしょう。できるだけ早い時期から泳ぎを覚えて欲しいものですよね。

腕輪型の浮き輪なら、両手足が自由に動くので、水泳の練習にもなりますよ。慣れるまでは、なにもつかまらず手足が自由な分、ちょっと不安を感じる子どももいるかもしれません。

しかし慣れてくれば何もしなくても水中に浮かんでいられることがわかり、水中で足をバタバタして前に進もうとするようになります。ちょっと人にぶつかっても、浮き輪から滑り落ちる心配もないので、ママも安心して見守ることができますよ。

腕輪型の浮き輪は18カ月以上からの使用が推奨されているので、気をつけて下さいね。

着脱が楽で、着けていても邪魔にならない

足入れ浮き輪などは、大人が浮き輪を支え、上から子どもを入れるなど子どもが自分一人でつけて遊ぶのはちょっと難しいですよね。腕輪なら、子どもでも自分で着脱することができます。

もちろん水の中では勝手に外さないよう、事前に子どもへ注意するようにしたいですね。また、腕輪はコンパクトなので子どもの体の動きが妨げられることなく、着けていても邪魔になりません。

プールサイドなどの水辺で遊んでいるときも、万が一のためにつけたままにしておくと安心です。足を滑らせてプールの中に誤って落ちてしまった場合でも、腕輪をつけていれば溺れる心配がありません。

腕輪をつけるときは、簡単に外れることがないよう、できるだけ肩に近い二の腕にはめるようにしましょう。

空気量で大きさが変わるので長く使える

腕輪型の浮き輪を膨らませるとき、中に通す子どもの腕の太さに応じて空気量を調整することができます。空気量で浮き輪の大きさが変わるので、ドーナツ型や足入れ浮き輪などと違い、比較的長く使えるのも大きな魅力です。

子どもによっては5年近く使えてしまうこともあるようですよ。毎夏買い替える必要がないので、ママやパパの懐に優しいのもありがたいですね。

空気を入れるときは、最初からあまりパンパンに膨らませると子どもの腕が通りにくく、腕が絞めつけられてしまうので、調整しながら膨らませるようにしましょう。

子どもの好きなキャラクターの絵が描いてあるものなら、大事に長く使ってくれるかもしれません。子どもと一緒にお店で選んでみてもよいですね。

子どものプール遊びにおすすめな腕輪3選

コールマンのパドルジャンパー

腕輪型の浮き輪といっても色々なタイプが出ているので、どれにするか悩んでしまいますよね。コールマンのパドルジャンパーなら、3歳から6歳ぐらいまでと長く使えるのでおすすめです。

浮き輪内にはポリエチレンフォームが入っているので、ママが空気を入れて膨らませる必要はありません。腕輪部分を通し、胴部分を装着、背中でバックルを止めれば装着完了です。

うっかり腕から浮き輪が落ちる心配もなく、胴部分もしっかりと浮くので、安心して水の中で遊ばせることができます。水を怖がってしまいがちな子どもも、溺れる心配なく泳ぎの練習をすることができますよ。

カラーバリエーションも豊富なので、子どもと一緒に好きな色を選んでみてくださいね。

オーシャンパシフィックのアームリング

アメリカ、カリフォルニア発のサーフブランド、オーシャンパシフィックのアームリングも子どもにおすすめですよ。アメリカンサーフブランドらしく、デザインもポップで可愛らしいものが揃っています。

アームリングをはめ、胴の後ろでバックルをはめるタイプになっています。アーム部分と胴部分のバックルを外すと別々に使用することも可能です。中に発泡ポリエチレンが入っているので、ママが膨らませる手間もありません。

子どもの成長にともない、腕輪が不要になったら胴部分だけ着用することができるので便利ですよね。楽天やAmazonなどの通販サイトで購入することができるので、子どもと一緒にお気に入りの柄を探してみましょう。

アガツマ アンパンマンアームリング

アンパンマンが大好きな子どもも多いと思います。大好きなアンパンマンの絵が大きくついた、アガツマのアンパンマンアームリングもおすすめですよ。値段も700円以下と手ごろなので、ママの懐に優しいのもありがたいですね。

裏と表にアンパンマンの絵がついているので、どちら側を見ても、大好きなアンパンマンが見えるので子どものテンションもあがりそうです。色使いがはっきりとしていて目立つので、万が一姿を見失ったとき、人の多いプールや海辺などでも探しやすいのもよいですね。

どんな腕輪を買おうか悩んだとき、最初から高いものを買わずに、とりあえず最初にこれを買って実際にプールで使い、腕輪の使用感などを見てみるのもおすすめです。

まとめ

今回は浮き輪の中でも特に腕輪型の浮き輪についてお話をしましたが、いかがでしたか?夏の暑い日、子どもとプールに行って水遊びを楽しみたいと思っているママも多いと思います。夏は子どもの水難事故が増える傾向にあるので、しっかりと腕輪をつけてアクシデントから身を守るようにしたいですね。

浮き輪をつけているからといって安心せず、子どもが水に入っているとき、もしくは水辺で遊んでいるときは目を離さずにそばで見守るように心がけましょう。子どもと安全に遊びながら、夏のプールを楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018