就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れの買い物にキャッシュレスが便利な理由は?方法や注意点

子連れの買い物にキャッシュレスが便利な理由は?方法や注意点

レジで待っているとき、子どもがぐずることがありますよね。財布からお金を出すという簡単な動作でも、子連れだと一苦労です。そんなときにおすすめなのがキャッシュレス会計。ここではキャッシュレスが便利な理由について知り、その方法や注意点について考えてみます。

子連れにキャッシュレスが便利な理由

現金を下ろす手間や手数料がかからない

ママにとってキャッシュレスが便利な一番の理由は、手間がかからないことでしょう。レジでの支払いで財布の中の小銭を探す必要がないのはもちろんのこと、銀行に行ってお金を下ろす手間もいらないのです。

クレジットカードでは、使った分だけ月末にクレジットカード会社から請求され、銀行口座から自動的に引き落とされます。

電子マネーでは、プリペイド型のものがあり、先にお金をチャージしておいて、そこからお金を使います。電子マネーがお財布のような役目をしているのですね。

手数料も、銀行で現金を下ろすと、時間によって手数料がかかる場合があります。でもクレジットカードや電子マネーは、何時に使っても手数料はかかりません。時間もお金も節約できるのがキャッシュレスなのですね。

電子マネーなら子連れでもスムーズな会計

子どもはレジで待つのが苦手な子が多いです。待っているのがつまらなくなって、近くの商品を触ってしまったり、お店の中にまた戻って行こうとしたり。レジで泣いている子も見かけますよね。できるだけ早くレジを通り抜けたいというのが、ママ共通の願いではないでしょうか。

キャッシュレスなら、財布の中のお金を触ることなく、さっとカード1枚、もしくはスマホを取り出して、専用の機械にかざせば会計が終わります。後ろの人を気にして慌てて支払うことも、床にお金を落として探し回ることもなくなりますね。

お金をあまり持ち歩かないと、財布がすっきりします。子どもの物でいつもカバンがずっしり重いママにとっては、少しでも荷物が軽くなるのは嬉しいことですよね。

ネットショッピングなら家でゆっくり選べる

今はインターネットさえあれば、どこからでもネットショップで買い物ができる時代になりました。食料品やおもちゃなど、なんでも買えますよね。支払いはキャッシュレスで、クレジットカード情報などを入力すれば支払い完了です。何度も買い物するショップには、個人情報を登録しておくと、毎回改めて入力しなくてすむのでよりスムーズですね。

ネットショッピングは、子どもが家で遊んだり寝たりしている間に、ママがゆっくりお買い物できるというメリットもあります。先に商品をチェックして、後から買うこともできますし、時間があるときにとぎれとぎれでも買い物を続けられるのも嬉しいですよね。

商品は自宅まで届けてくれますし、ネットショッピングは子育てママの強い味方といえるでしょう。

自分にあったキャッシュレスの方法を探そう

ポイントが付いてお得「クレジットカード」

クレジットカードや電子マネーで買い物をすると、ポイントが付きます。例えば200円買い物すれば1ポイント付き、1ポイントは1円に換算されて、次の買い物に使うことができるのです。

クレジットカードはこれ以外にも「景品交換」「商品券交換」「電子マネーなどへの移行」「マイル交換」などがあって、自分が利用しやすい形にポイントを交換できます。交換方法を選びたい人には、クレジットカードがおすすめですよ。

ポイントを貯めるコツは、できるだけカード払いすることです。光熱費や携帯代など、毎月確実に支払うものをカード払いにすれば、毎月ポイントが貯まりますね。各カード会社でポイントが多めにつくキャンペーンも行っていますので、うまく利用すれば早くポイントが貯まりますよ。

支払いをスムーズにしたい「電子マネー」

レジでの支払いがよりスムーズなのが電子マネーです。クレジットカードもキャッシュレスなので支払いはスムーズですが、カードを提示し、暗証番号を入れたり、サインしたりすることもあります。でも電子マネーは、なにも提示する必要がなく、タッチパネルにピッとすれば支払い完了です。

子ども連れの買い物では、よりスムーズな電子マネーを使ってみたいですね。ただ電子マネーはクレジットカードに比べて利用できるショップが少ないようです。

クレジットカードは日本国内だけでなく、海外でも使えるので海外旅行先でも利用できますよね。電子マネーは、特定のグループ店だけでしか使えない場合もあり、自分がよく行くショップで利用できる電子カードを選んで持つ必要があります。

即時決済で現金に近い「デビットカード」

デビットカードは、銀行口座と直結しているカードです。ショップで買い物をするとすぐに、自分の銀行口座からお金が引き落とされます。口座にあるお金がなくなれば買い物もできないので、財布から現金を出してお買い物をしているのに似た感覚ですね。

「キャッシュレスに挑戦したいけど、使いすぎるかもしれないし、ちょっと怖い」という人には、このデビットカードがおすすめです。口座にお金がなくなると支払いできなくなるので、使いすぎることはありません。

銀行口座があれば審査なしで15歳以上からカードは作れますし、クレジットカードなどと同じくポイントも付きます。デビットカードは、キャッシュレス初心者におすすめのカードといえますね。

キャッシュレスで買い物する際の注意点

お金を使った実感が少ないので注意しよう

実際にお金をやり取りする現金払いと違い、キャッシュレスはお金を使った実感があまりありません。使用履歴を確認して、使いすぎに注意しましょう。

使いすぎを心配する人は、プリペイド方式の電子マネーやデビットカードがおすすめです。電子マネーは、使ってもよい分だけチャージしておき、それ以上使わないように気をつけます。自動チャージのシステムは利用せず、自分でまめに残金を確認し、減ってきたら自分でチャージするようにすれば、お金を使った実感がわきやすいでしょう。

デビットカードは、給料が振り込まれるメインバンクの口座とは別に口座を開き、その口座でデビットカードを作ります。残金が減ったらメインバンクから振り込むようにすれば、使いすぎたことが実感できますね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC