就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティでもおしゃれな夏服が着たい!選ぶコツや買い足したいもの

マタニティでもおしゃれな夏服が着たい!選ぶコツや買い足したいもの

「たとえ妊娠中であってもおしゃれを意識した服装を心がけたい」というママは多いのではないでしょうか。今回はとくに、夏場のマタニティ服を選ぶときに気をつけてほしいポイントや、手持ちの服に買い足すと重宝するアイテムについてご紹介していきたいと思います。

マタニティ期の夏服えらびで気を付けること

汗をかきやすい妊娠中は吸水性のよい生地を

「妊娠してから汗をかきやすくなった」と身体の変化を感じるママは多いと思います。ただでさえ妊娠中は体温が上がって汗をかきやすいものですが、気温や湿度が上がる夏場にはより多くの汗をかいてしまうものです。

脱水や熱中症対策として水分補給が欠かせない時期ですので、汗をかくことは避けて通れない問題でしょう。

汗を身体の表面に残したままにしておくと、汗のせいで身体が冷えてしまう恐れがあります。妊婦に冷えは大敵ですので、こまめに着替えをしたり吸水性の高い服を着たりするなどの対策が必要です。

また、妊娠中は肌が敏感になって荒れやすくなります。綿や麻などのように、さらりとした肌ざわりで汗をよく吸ってくれる天然素材のものは、肌への負担も少ないのでおすすめですよ。

ゆったりサイズで身体を締め付けないものを

「妊娠中にしか着れないものだから、妊娠したからといってマタニティ服をわざわざ買うのはもったいない」と、手持ちの服で間に合わせたいと思う方は少なくないでしょう。

たしかにゆったりとしたデザインのワンピースなどであれば着ることは可能ですが、お腹が大きくなってくる妊娠5カ月ごろから次第に締め付けを感じはじめることも多いものです。お腹だけでなく、バストやヒップ部分の体型も変化しますので、臨月になってもゆったり着られるマタニティ服に少しずつチェンジしていきましょう。

きつい服を無理して着ると、締め付けにより血流が悪くなる、つわりがひどくなるなどのマイナートラブルも引き起こしかねません。妊娠初期から産後まで着用できる機能的なマタニティ服を選ぶとよいですよ。

夏でも冷える!下着えらびにも気を配って

「妊婦に冷えは大敵」という話を聞いていたとしても、猛暑が続くとつい薄着をしてしまいたくなるものですよね。しかしいくら暑いからといって、ワンピース一枚で過ごしたり身体を冷やすものを口にしたりするのは考えものです。

妊娠中に身体が冷えてしまうと、つわりがひどくなる、お腹がはる、血管が収縮して赤ちゃんにうまく栄養が運ばれなくなるなど、母子ともによいことは一つもありません。

無理をして厚着をする必要はありませんが、夏場でもきちんとマタニティインナーを着用することでお腹を冷えから守ることができます。身体にフィットしたインナーが汗を吸収することにより体温を下げる効果も期待できますので、汗をかく夏場こそ吸湿性のよいインナーをきちんと着用しましょう。

準備しておきたいマタニティ用ボトムス

マタニティレギンスは長く着まわせて便利

着られる期間が限られてしまうマタニティウェアは、たとえおしゃれなデザインのものを見つけたとしてもつい購入をためらってしまいますよね。

手持ちの服の中にお腹まわりに余裕のあるチュニック丈のトップスやワンピースがあれば、マタニティ用として十分機能します。しかし、スカートやパンツなどのボトムスはお腹が大きくなるにつれて妊娠前のものをはくことは困難になりますので、数枚は用意した方が無難ですよ。

「夏場はできるだけ薄着で過ごしたいから、ボトムスは必要ない」というママでも、大切な母体を冷えから守るためにワンピースの下にはマタニティレギンスを着用しましょう。ベーシックカラーであればコーデがしやすいですし、ストレッチが効いているので臨月まで長く着用できますよ。

締め付け感がなくて涼しいワイドパンツ

お腹のふくらみが目立ちだす妊娠4〜5カ月ごろから着用をはじめることが多いマタニティパンツですが、スキニーパンツやカーゴパンツ、オールインワンなどさまざまなデザインや素材のものが出ていますよね。

股上が深くお腹をすっぽり包んでくれるデザインのもの、ウエストのサイズが調節できて長くはけるものなど、快適に過ごせるよう機能面に注目して選びたいところ。しかし夏場に着用する場合にはそれに加え、涼しくはけるかどうかにもこだわって選ぶとよいでしょう。

とくに、お腹まわりや下半身を締め付ける心配がなく、着脱もラクチンなワイドパンツはおすすめです。丈が長いのでエアコンの冷えからも守れますし、吸湿性にすぐれた素材のものを選べばより快適に過ごせますよ。

仕事着としても重宝するきれい目ズボン

働く女性が多い現代においては、妊娠中であっても産休ギリギリまで働くママは多いですよね。カジュアルな服装での出勤が可能な方であれば体型の変化に合わせて服を選ぶことができますが、スーツやジャケットの着用が必要な場合には着る服に困ってしまうことでしょう。

スーツの着用が必須の勤め先であればマタニティ用のスーツを購入しなければなりませんが、少しカジュアルなものでもよいのであれば、きれいめマタニティパンツにシャツやジャケットを合わせたスタイルで乗り切ることも可能です。

臨月近くなっても着られるようお腹だけでなくお尻や太もものラインを拾わないシルエットのものや、手持ちのスーツのジャケットに合わせてもおかしくない生地や色のものがおすすめですよ。

産後も使える!マタニティ期に活躍する夏服

着まわしコーデに使える「キャミワンピ」

妊娠すると、自身の体調の変化や体型の変化に対応するために、身体を締め付けないゆったりとした服を選ぶようになりますよね。

「手持ちの中のゆったりした服や、買い足したマタニティ服を組み合わせてどうにかコーデを考えても、どうしても着まわしが限られてしまう」という悩みを持つママも多いことでしょう。

そこでおすすめしたいのが、ベーシックカラーのキャミワンピです。お腹を締め付けないデザインのものであれば産前産後を問わず着られますし、インナーや羽織ものを変えるだけでさまざまなコーデを楽しむことができますよね。

また、大きなお腹で転倒しないようスニーカーやフラットシューズを履く場合にも、キャミワンピであれば組み合わせやすいですよ。

さらっと着られて楽ちん「ワンピース」

さらっと一枚着るだけでよいワンピースはマタニティファッションには欠かせないものですよね。とくに通気性がよいリネン素材や綿素材のものであれば、夏の暑い時期もさわやかに着ることができるので数枚あると助かりますよ。

エアコンでお腹が冷えるのが気になるのであればレギンスやパンツを合わせることもできますし、袖つきのものは上に羽織らなくても腕が隠せるので暑い時期には重宝することでしょう。

妊娠後期になってお腹が前に出てきても着られるデザインのもの、お腹を冷やさないように丈の長いもの、産後の授乳にも対応できるように前開きのものなどがおすすめです。ワンピースはお腹に圧迫感もなく、リラックスして着られますので、部屋着としても使えますよね。

ロング丈でスタイルアップ「カーディガン」

赤ちゃんの成長は嬉しいものですが、お腹が大きくなることでマイナートラブルが増え、肉体的にも精神的にもつらくなることが増えていきますよね。出産や子育てへの不安から、情緒不安定になってしまう方も少なくありません。

そんなママにとって、マタニティファッションを楽しむことはよいリフレッシュになりますよね。妊娠したことでお気に入りだった服が着られなくなることもありますが、手持ちのものとマタニティ服での新たなコーデを楽しむきっかけにもなるものです。

カーディガンは冷えを防止するために欠かせないアイテムですが、ロング丈のダークカラーのものであれば引き締まって見えるのでスタイルアップ効果が期待できます。産前産後を通しておしゃれアイテムとして大活躍してくれますよ。

まとめ

マタニティ期は自身の体型や体調が気になるあまり、ファッションを楽しむ余裕もないというケースはめずらしくありません。汗をかきやすい夏場であればさらに、いかに快適に過ごすかばかりに気を取られてしまうことでしょう。

しかし、たとえ妊娠中であってもおしゃれ心は忘れたくないものですよね。服の素材や機能性などこだわるべきポイントはありますが、それらを考慮しながらマタニティ服やアイテムを選ぶことで妊娠中でもファッションを楽しむことは可能です。ぜひ記事を参考に、妊娠中のおしゃれを楽しんでみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018