就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

11月に読みたいおすすめ絵本!親子で楽しくふれあい絵本タイム

11月に読みたいおすすめ絵本!親子で楽しくふれあい絵本タイム

暑かった夏がようやく終わり、読書に最適な気候になってきました。こんな気持ちのよい季節には、テレビを消して、親子のふれあい絵本タイムなどはいかがでしょう。子どもをひざの上に乗せ、お互いの温かさを感じながら、穏やかに秋の夜長を過ごしましょう。数ある絵本の中から、11月にピッタリの絵本を紹介します。

文化の日に読みたいアート絵本【0~1歳】

色とものの名前が学べる「いろいろバス」

文化の日に、こんなアート絵本はいかがですか?

「いろいろバス」は、色をテーマにした絵本です。絵本を見ながら、色とものの名前を学ぶことができますよ。

赤いバスから降りてきたのは真っ赤なトマト、そして乗車するのは赤いタコです。色彩表現がおしゃれで、思わず絵に見入ってしまいます。

作者のtupera tupera(ツペラ ツペラ)さんは、亀山達矢さんと中川敦子さんによるユニットです。絵本やアニメーション制作など、様々な分野で活躍しています。

どの作品にも「びっくり」と「楽しい」が詰まっており、この「いろいろバス」でも、予想外の展開が次々と繰り広げられます。バスの色を見ながら、なにが降りてくるのか想像して読んでみると楽しいですね。

わくわくしかけえほん「ぼうしとったら」

わくわくしかけえほん「ぼうしとったら」も、tupera tuperaさんの作品です。ここでも、楽しい「びっくりワールド」が展開されていきますよ。

普段は帽子の中など見たいとは思いませんが、この絵本には、つい中をのぞいてみたくなるような、そんなワクワク感たっぷりの人たちがでてきます。「ぼうしとったら」のくり返しなのですが、予想もしないものがゾロゾロ出てきて、大人でもゲラゲラ笑ってしまいます。

帽子の中は、しかけをめくることで見えてきます。子どもに予想させて、静かに、そしてちょっとじらしながら、少しずつ見せていきましょう。「早く見せて」と絵本に目がくぎづけになることでしょう。

寝る前やお出かけのときなど、繰り返し何度でも読める絵本です。

かわいい昆虫が出てくる「てんてんてん」

かわいい昆虫が出てくる「てんてんてん」は、小さい子ども向けの絵本を多数執筆している、「王さまシリーズ」でよく知られたイラストレーター和歌山静子さんの絵本です。

ページいっぱいに黒い斑点があり、「なんだろう?」と思って次のページをめくると、「てん てん てん てんとうむし」と、リズミカルな文章とともに、かわいいてんとう虫が登場します。「ぐる ぐる ぐる」や「かさっ かさっ かさっ」などもありますよ。さて何でしょう?

「てんてんてん」は、子どもたちを楽しい虫の世界に誘います。太めの線にはっきりとした色合いだったり、同じ言葉の繰り返しだったりで、子どもの好きなものがいっぱい詰め込まれた絵本です。虫の名前を覚えることもできますね。

七五三には成長を感じる絵本【2~3歳】

初めての緊張と不安「はじめてのおつかい」

初めておつかいを頼まれた子どもの、緊張と不安、そして成長が伝わってくる絵本です。1976年に月刊誌「こどものとも」で初めて発表され、1977年に福音館書店から初版が出版し、以来40年間も出版され続けています。

5歳の女の子みいちゃんは、ママに頼まれて近くのお店に牛乳を買いに行きます。自転車をよけてぴたっと塀にはりついたり、坂で転んで握りしめていたお金をなくしそうになったり、初めてひとりで行くおつかいは冒険がいっぱい。お店について、さあ牛乳を買おうとするみいちゃんですが…。ドキドキしたり、勇気をふりしぼったり、最後はホッとして、そして心地よい感動が残ります。みいちゃんと一緒に、小さな大冒険に出発しましょう。

成長の喜び「おおきくなるっていうことは」

絵本の中で、園長先生が「おおきくなるっていうことは、じぶんよりちいさなひとが、おおきくなるってこと」といいます。どういう意味なのでしょうか。

中川ひろたかさん作「おおきくなるっていうことは」は、そんな「成長」について考える絵本です。ピーマン村シリーズの中の一冊になります。

よく大人は、子どもに「大きくなったね」と声をかけます。しかし、「大きくなる」っていったいどういうことなのでしょう。この絵本は、そんな「成長」についての疑問を、子どもと一緒に考えてくれます。

気づかないうちに、子どもはどんどん成長していくものです。七五三のこの時期に、子どもの成長を喜びながら、こんな絵本を一緒に読むのも素敵ですね。

子どものがんばりが伝わる「ちょっとだけ」

ちょっとだけ切ない絵本です。なっちゃんのひとりっきりのがんばりが伝わってきて、胸がキュンとなります。

赤ちゃんが生まれたママは大忙し。ママを助けたいなっちゃんは、色々なことを自分1人でやってみます。お姉さんになったからと頑張るなっちゃんですが、眠くなったときだけはどうしてもママに甘えたくなります。

「ちょっとだけ」は、お姉さんになったことで感じる切なさ、それを乗り越えることで成長していく子どもの姿を、ママの深い愛情とともに描いている作品です。シンプルな絵が子どもへの愛しさを一層かき立てます。

作者は実際に3人の子どもを持つ瀧村有子さん。体験者だから描ける、子どもへの愛情がいっぱい詰まったストーリーになっています。

勤労感謝の日はお仕事の絵本【4~5歳】

色々なパンが楽しい「からすのパンやさん」

勤労感謝の日にちなんで、お仕事に関する絵本を三つ紹介します。

「からすのパンやさん」は、色々楽しいパンが登場する絵本です。売れないパンが、突然売れるようになった秘密とは?

いずみがもりに「からすのパンやさん」がありました。このパン屋に4わの子どもが生まれますが、子どものお世話が忙しすぎて、パンがすっかり売れなくなってしまいます。

売れ残ったパンは、4わの子どものおやつになりますが、そのパンがあまりにもおいしそうなので、急にパン屋は大繁盛するようになります。そのパンとは…。

「からすのパンやさん」は、かこさとしさんの代表作の一つです。なんといっても、圧巻は、見開きいっぱいに描かれたユニークなパンたちで、今すぐパンが食べたくなりますよ。

働く楽しさ「どんぐりむらのぼうしやさん」

どんぐり村では、のっぽのどんぐりの「ぽー」、ちいさなどんぐりの「ちい」、まきげの「くりん」が暮らしています。3人はそこで帽子屋さんをしていますが、なかなか売れません。

そこで、3人は、街へ帽子の売り方の研究にでかけます。ある日、帽子を買ってくれたねずみたちがしていることを見て、自分たちの帽子にたりなかったものに気づきます。それは…。

働く楽しさを教えてくれる絵本「どんぐりむらのぼうしやさん」の作者は、「そらまめくん」シリーズの、なかやみわさんです。まるごと一冊、どんぐりの魅力にあふれた絵本です。

「どんぐり」と「帽子屋」という、絶妙な組み合わせもおもしろいのですが、帽子のデザインの豊富さが、見るものを飽きさせない内容になっています。

人気のお仕事を学べる「しごとば」

「しごとば」は、お仕事紹介の絵本です。作者は鈴木のりたけさんで、自分の興味があるお仕事や人気のあるお仕事などを、絵本の中で学ぶことができますよ。

絵本には、九つの職業の人たちが、それぞれ「しごとば」という自分の城を持っています。そして、その「しごとば」を、自由に見て回ることができます。子ども向け絵本ではありますが、お仕事の内容にそって、忠実に現場が再現されているのが特徴です。

描かれているのは、「美容師」「新幹線運転士」「すし職人」「自動車整備士」「木のおもちゃ職人」「革職人」「歯医者」「パティシエ」「グラフィックデザイナー」と、あと一つはおまけです。とにかく絵がリアルで、いつもは入れない、職場の裏側まで見せてくれますよ。

まとめ

11月の「文化の日」「七五三」「勤労感謝の日」にちなんだ絵本を、3冊ずつ紹介してきました。11月は、まだ残暑の残る10月と、あわただしくなる12月に挟まれて、比較的落ちついて過ごせる月でもあります。お休みの日には、お家でポカポカ暖まりながら、まったりとした絵本との時間を過ごしましょう。

絵本の魅力は、ストーリーはもちろんですが、絵の美しさも重要です。ここで紹介した絵本は、どれも魅力的な絵がたくさん描かれているものばかりですから、図書館や書店で見かけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね。
35 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj