就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

悪い姿勢と肩こりに悩むママ向け!原因と改善法を知って体をラクに

悪い姿勢と肩こりに悩むママ向け!原因と改善法を知って体をラクに

簡単にできるストレッチで解消

肩こり解消や骨盤の歪みを改善するために、家で簡単にできるストレッチをご紹介します。テレビを見ながらでも座ったままでもできる方法もあるので、試してみてくださいね。

・肩の緊張をほぐす
1.両手を体の後ろで軽く組んで肩を落とし、肩を上げずに肩甲骨を寄せ合うイメージで斜め下後ろに腕を伸ばしてストレッチをする。
2.伸ばし切ったところで5秒キープする。
3.組んだ手を解き、力を抜く。
4.1~3を3回繰り返す。

・骨盤のバランスを整える
1.床に座って足を前に伸ばす。
2.右足は左足の外側にくるように膝を曲げる。
3.左腕は伸ばした状態で右足の外側に置き、右手は体の後ろに軽く添える。上半身は右後ろを振り返るようにねじる。
4.反対側も同じ要領でおこなう。

ストレス軽減が血行不良の予防に

赤ちゃんの夜泣きで寝不足が続いている、買い物中に子どもが大泣きしてしまう、毎日掃除しても部屋が片づかないなど、子育て中にストレスを感じることはたくさんありますよね。こういったストレスも肩こりの原因になっていることが多いようです。

ストレスが多いと自律神経が乱れて血液の循環が悪くなったり、ストレスホルモンの影響で血管が狭くなったりして血流不良になることがあります。この血行不良は肩こりの原因になりますので、改善するにはストレスを軽減することも大切ですよ。

ストレスを完全になくすのは難しいかもしれませんが、ゆっくりお風呂に入る時間を作ったり、時々深呼吸をしたりなど、自分なりのリフレッシュ方法を見つけて少しでもストレスを解消しましょう。

まとめ

なぜ子育て中に姿勢が悪くなったり、肩がこりやすくなったりするのかを知るにあたり、当てはまる原因がいくつか見つかったのではないでしょうか。

普段の何気ない姿勢によって骨盤の歪みを引き起こすことがあります。骨盤の歪みは放置する期間が長いほど改善するのに時間がかかりますので、出産後は早めに対策をおこなうことが大切です。

正しい姿勢を心がけるだけなら子育てで忙しいママも続けられるでしょう。隙間時間などを見つけてストレッチにも取り組んでみてくださいね。
26 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事