就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒にお絵描きを楽しもう!メリットや年齢別の絵の特徴とは

子どもと一緒にお絵描きを楽しもう!メリットや年齢別の絵の特徴とは

子どもの成長にお絵描きがよいといわれているのは知っていても「何歳ごろからお絵描きで楽しめるの?」と疑問に思うママもいますよね。ここでは、お絵描きをすることで子どもにどのような効果があるのかや、年齢によって違うお絵描きの楽しみ方などをご紹介します。

お絵描きのメリットと始める年齢

手先の力加減や表現する楽しさを学べる

昔からお絵描きは、子どもの遊びの中でも人気がありますよね。ここでは、お絵描きで遊ぶと、子どもにどのようなメリットがあるのかを見て行きましょう。

・クレヨンや色えんぴつなど、描く物によって力加減をうまく調節できるようになる
・手先が器用になる
・言葉が話せなくても、お絵描きで自分の気持ちを表現する楽しさを学べる
・頭の中で想像をしながら描くので、想像力が豊かになる
・お絵描きは席に座ってすることが多く、集中力が身につく
・遊びながら色や物の名前などを学べる
・観察力や発想力が身につく

お絵描きは手先が器用になるだけでなく、子どもの心の成長にも役立てられるのですね。パパやママと一緒に楽しむことで、コミュニケーション力も自然と身につきますよ。

子どものお絵描きは1歳前後から

「お絵描きは3歳ごろからじゃないと、上手に遊べないよね?」と思っているパパやママも多いかもしれませんね。お絵描きは上手に絵を描くのがよいのではなく、子どもが自由に描いて楽しむことが大切です。

クレヨンをしっかり握れるようになる、1歳前後からお絵描きで遊ぶことができますよ。最初は画用紙に描けなくても、クレヨンを持って感触を楽しむことから始めてみましょう。

パパやママが画用紙にお絵描きしているお手本を見せると「こうやって描くんだ」と子どもは学べるので、子どもの手をとって一緒に楽しむのもよいですね。子どもの「やりたい」を引き出せるように、なるべく子どもの自由にお絵描きを楽しめる環境を作るとよいですよ。

はじめは口に入れても安全なクレヨンで

1歳前後からお絵描きを始める場合「子どもがクレヨンを口に入れ食べようとするから危ない」「クレヨンを持つと必ず口に持って行く」など、クレヨンを口に入れようとする子どもに困っている方も多いでしょう。1歳前後の子どもは、興味のあるものを口に入れて感触や味を確かめようとします。

カラフルなクレヨンは子どもの好奇心を刺激しやすいので、子どもが口に入れてもよいように安全な素材で作られたクレヨンを購入しましょう。たとえば、野菜やお米が原料となっているものや、蜜蝋で作られているものなど、赤ちゃん用に作られているクレヨンは色々な種類のものが販売されていますよ。

子どもの成長とともに、素材やサイズなどを変えていくとよいでしょう。

年齢別のお絵描きの特徴を知ろう

殴り書きから丸も描けるようになる1~2歳

先ほどご紹介したように、子どもがお絵描きで遊ぶと自分を表現する楽しさや想像力、発想力を身につけるなど、脳や心の成長によいといわれています。子どもの成長とともにお絵描きにも変化が現れてくるので、お絵描きを見守りながら成長を実感できるとよいですね。

お絵描きを始めた1歳ごろはなにかを描こうとしているのではなく、手の運動を楽しんでいるので殴り書きのようになります。殴り書きから線や点を描けるようになり、2歳ごろには丸を描けるようになる子も多いですよ。

手の動きが活発になり手先も器用になっていくことで、描ける線の形が増えていきます。子どもの運動機能を高めるためにも、自由に殴り書きができるようにお絵描きスペースを確保しましょう。

3~4歳ころには絵に意味が出てくる

2歳ごろは描いた線や点を見て「これはママ」「これは犬」など、あとから絵に意味をつけることがありますよね。3~4歳になると「ママを描くから見ていてね」「お家を描くよ」と描く前からどのような絵を描くかをイメージするまでに成長していきますよ。

ただ手を動かしてお絵描きをしていたころとは違い、自分の描きたいものを想像しながら表現していくので、子どもの絵に個性が出て見ているほうも面白いでしょう。しかし、まだ物の形をしっかりと想像して表現できるわけではないので「全然違うじゃない」などと子どもの絵に対して指摘しないように注意してくださいね。

子どもの世界を一緒に共有して楽しむことで、自分を思いっきり表現する楽しさを学んでいくでしょう。

5歳を過ぎると空間も描くように

5歳を過ぎると、自分の知っている物やママの顔など、頭の中で想像したものを形にして描けるようになります。物だけでなく空間までも描けるようになるので、さらに子どもの個性が発揮されるお絵描き遊びができるでしょう。

たとえば「家を描いて」とママがリクエストしたとします。3~4歳のころは自分の想像している家を描いているだけだったのが、家の中に家具を置いたり、家の周りにお花を描いたりと、空間までも表現できるようになる子が多いです。

心の成長とともに、自分の置かれている環境や家族との関係などをしっかり認識できるようになります。子どもによって同じ家の絵でも、描くものに大きな違いが出てくるので見ていると面白いですよ。

親子でお絵描きを楽しむポイント

観察力や想像力を伸ばす働きかけを

子どもがひとりでお絵描きをするよりも、パパやママと一緒にお絵描きを楽しんだほうが子どもの成長にはよい効果が現れますよね。子どもの観察力や想像力を伸ばせるように、日ごろから動物や乗り物など、色々な物をじっくり観察する習慣をつけておきましょう。

たとえば、絵本に出てくる猫を見て「猫かわいいね」と言うだけでなく「猫は目が大きくてしっぽは長くて、足は4本あるんだね」と、猫の特徴を口に出してみるのです。言葉にすることで子どももじっくり観察するようになり、目で見たものを頭の中で想像して形を描くようになります。

また、魚や果物、野菜など、本物をじっくり観察してお絵描きするのもよいでしょう。本物にふれることで、立体感のある絵を描けるようになる子も多いですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC