就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがお腹で動くと痛い!妊娠後期の胎動が痛い理由とその対処法

赤ちゃんがお腹で動くと痛い!妊娠後期の胎動が痛い理由とその対処法

妊娠後期は赤ちゃんが生まれてくる準備をする時期。赤ちゃんの体が大きくなるので筋力もついてきます。お腹の中で蹴ったりぐにゅっと動いたりすると、ママの方が「痛い!」と感じてしまうこともあります。妊娠中に痛みがあるのは、心配ですよね。この記事では妊娠後期の胎動が痛いと感じる原因や、対処法をお伝えしていきます。

妊娠後期に赤ちゃんが動くと痛い理由は?

筋力や循環器の発達で動きがダイナミックに

出産が近づくと赤ちゃんは生まれるための準備を整えます。手や足の力が強くなったり、循環器の発達が進んだりしてきますよ。

お腹の中を蹴ったりグルンと体を回転したり、とにかく元気に動き回ります。早くママに会いたいと伝えているのかもしれませんね。

「苦しいのでは?」と思うほどお腹の中で、激しく動く赤ちゃんもいますよ。赤ちゃんの動きが異常だと感じたら不安になってしまいますよね。

赤ちゃんが活発なのは育っている証拠。ママが痛みを感じても、赤ちゃんは元気に成長していて問題ない場合がほとんどのようです。

いつも動き回っている赤ちゃんが、急に大人しくなったときは気を付けましょう。心配なときは産婦人科を受診することをおすすめします。

赤ちゃんが起きている時間が増えてきた

赤ちゃんはママのお腹の中で、「寝たり起きたり」を繰り返しています。心地よい環境で、のんびりと過ごしているのですね。

妊娠中は、まだ赤ちゃんには夜や昼の区別はありません。24時間を通して「寝たり起きたり」していますよ。

妊娠後期になると、赤ちゃんの起きている時間が増えてくるものです。ママが夜眠ろうとしたときに、赤ちゃんが動き出すこともよくあることです。

赤ちゃんがポコポコと動き出すのは、元気なことがわかってよいのですが、眠たいときは気になって眠れず困ってしまいますね。

赤ちゃんがよく動くのは元気な証拠だとわかっていても、胎動に痛みがあるとつらいものです。早く元気に生まれてきてほしいものですね。

赤ちゃんがママの体で遊んでいることも

ポコポコ蹴ったり叩いたりするのは、赤ちゃんが「一緒に遊ぼう」といっているのかもしれませんね。赤ちゃんも生まれて、早くママと遊びたがっているのでしょう。

赤ちゃんが、尿がたまって膨れた膀胱をポコン!と押してくることがあります。その弾みで尿が漏れることもあるので気を付けてくださいね。

妊娠後期は尿をためないように、こまめにトイレに行きましょう。尿漏れパッドを利用すると便利ですよ。

赤ちゃんが胃のあたりをポコン!と蹴ることもあります。胃が膨らみ過ぎていると痛く感じるので、胃の膨らみを抑えるために食事は少しずつ取るようにしましょう。

胃の痛みは、ほかの病気による場合もあります。胃の痛みは病院で相談しましょう。

痛いほど激しく動いても大丈夫!

激しい胎動は赤ちゃんが元気な証拠

はじめは赤ちゃんが動くのが楽しみだったママも多いでしょう。赤ちゃんがお腹にいることが実感できて嬉しかったですよね。

しかし赤ちゃんの動きに痛みを感じるようになると、「ママや赤ちゃんの体は大丈夫なの?」と心配になってしまいますよね。「痛い!やめて!」と叫びたくなるママもいるでしょう。

赤ちゃんが元気に動くことは問題なさそうです。前にもお伝えしたように、赤ちゃんが育っている証拠だと考えておきましょう。

元気だった赤ちゃんの動きが減ってしまった場合は、万が一のことを考えて産婦人科を受診した方がよいでしょう。

陣痛と胎動の痛みを間違えることもあるようです。痛みの原因がわからないときも、産婦人科で相談した方がよいですよ。

痛いほど動いても破水しない

胎動が激しいときは胎児を包んでいる羊膜が破れて、破水してしまうのでは?と考えるママも多いようです。一般的には「赤ちゃんが痛いほど動いても破水することはない」といわれていますよ。

妊娠中期は赤ちゃんの体がまだ小さいので、羊水にプカプカ浮いています。元気よく動いても余裕があるくらいです。

妊娠後期は赤ちゃんの体が大きくなり力も強くなるので、赤ちゃんがお腹の内側からママを蹴ったり叩いたりすると、ママは痛みを感じてしまうというわけです。

痛みの原因がわかっても、破水がどうしても心配だというママもいるでしょう。

妊娠中にストレスは禁物です。気になるときは産婦人科に相談し、悩みすぎないようにしましょう。

胎動の迷信に惑わされないようにしよう

妊娠中は赤ちゃんの動きから成長の段階が伝わってくることもありますね。胎動の強さによって、赤ちゃんの発達が噂されることもありますよ。

胎動の強弱と、赤ちゃんの先天的な病気との関係の噂もあるでしょう。妊娠中に周りから聞く情報で、 赤ちゃんのことを心配し過ぎないようにしてくださいね。

どうしても赤ちゃんの病気が気になるママは、出生前診断をしてみるのも一つの方法です。しかし、出生前診断によってわかるのは、たくさんある先天異常の中の一部だけです。

赤ちゃんの育っている様子や、出産の時期が近づいていることが胎動からわかることもありますよ。 妊娠中は根拠のない噂を気にせず、赤ちゃんに会えることを楽しみにして待ちましょう。

胎動が痛くてつらいときの対処法

お腹を優しくゆすってみよう

妊娠後期に胎動が痛くてつらいと、「こんな痛みには耐えられない!」「早く生まれてほしい!」と思ってしまいますよね。赤ちゃんが生まれた方が、ママの体は楽になりそうですね。

赤ちゃんの動きが痛いときは、お腹をゆすって優しく刺激を与えてみましょう。 赤ちゃんの体の場所が変われば、痛みも軽くなるかもしれませんよ。

ママのお腹のゆれを感じて、赤ちゃんが体勢を変えてくれることもあるでしょう。ゆするときはお腹に刺激を与えすぎないように注意してくださいね。

ソファにゆったりと座ったり横になったりして体勢を変えてみるのもよいでしょう。お腹が張らないように気を付けながら、赤ちゃんの姿勢が変わる方法を試してみましょう。

抱き枕を使ってみよう

前に赤ちゃんは昼夜関係なく動くことがあるとお伝えしましたね。眠たくても胎動が痛くて眠れなかったら、ママはストレスがたまってしまいますよね。

妊娠後期になるとお腹が大きくなるので、リラックスした体勢が取りづらいものです。そんなときは抱き枕を使ってみてはいかがでしょうか?

抱き枕を抱え込むと、手や足を少し広げることができるので楽な姿勢になるでしょう。お腹の位置を痛くない角度にすることもできるでしょう。

抱き枕の種類は多いものです。色や大きさ、硬さなど、ママが使ってみたいと思うものを試すのも気分転換になりますよ。姿勢だけでなく癒しの効果も、期待できるかもしれませんね。

抱き枕の代わりに、毛布を丸めて使うのもおすすめの方法ですよ。

赤ちゃんに話しかけてみよう

お腹を優しくゆすったり体勢を変えたりしても、痛みが治まらないときは困ってしまいますよね。なにかよい方法はないのでしょうか…?

妊娠中期頃から赤ちゃんには、お腹の外からの音が聞こえるといわれています。話しかけや音楽は、ちゃんと赤ちゃんに届いているのですね。

お腹の外から「優しく動いてほしいな」「強く蹴らないでほしいな」などと話しかけてみてはいかがでしょうか? ママと赤ちゃんは繋がっているので、ママの気持ちが赤ちゃんに届くかもしれません。

ママがお気に入りの音楽をかけてリラックスすれば、赤ちゃんも心地よくなるはずです。胎動が痛くてつらいかもしれませんが、いろいろな姿勢を試しながら赤ちゃんに話しかけてみましょう。

まとめ

赤ちゃんは妊娠後期になると、体が大きくなり筋力もついてきます。動きも活発になるので、胎動に痛みをともなうママもいるでしょう。

痛みがあるとママや赤ちゃんの体が心配になってしまいます。破水するのでは?と考えてしまいますよね。

胎動を感じるのは赤ちゃんが元気だということです。痛みを感じても問題ないといわれていますが、ほかの病気が隠れている可能性もあります。気になるときは産婦人科を受診しましょう。

胎動の痛みはつらいものですが、赤ちゃんに会えるのを楽しみにして妊娠期を乗りきりましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018