就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳って実は危険?添い乳のメリットや危険といわれる理由をご紹介

添い乳って実は危険?添い乳のメリットや危険といわれる理由をご紹介

添い乳は寝かしつけが楽そうなのと、赤ちゃんを抱っこしながら授乳するよりも体の負担が少なそうなのでやってみたいけど大丈夫かな、と思っているママも多いと思います。そこで今回は、この授乳スタイルのメリットやデメリットを確認した上で、行うときに注意する点や、添い乳以外の寝かしつけの方法などをご紹介します。

そもそも添い乳とはなにかをおさらいしよう

添い乳とは横になって授乳すること

添い乳とは、ママが赤ちゃんと向かい合い、寝ながらおっぱいをあげる授乳スタイルです。まずは顔だけでなく体ごと横向きになるようにし、赤ちゃんの背中をママの手や丸めたタオルなどで支えましょう。

ママは枕を使い、下側の腕を曲げて枕の下に入れると楽ですよ。まずは下になっているおっぱいの乳首の位置に赤ちゃんの口がくるように、赤ちゃんの下にタオルを入れたりママの手で調節したりします。

途中で反対側のおっぱいをあげるときは、ママが体を傾けて赤ちゃんの口に上側のおっぱいを近づけてもよいですが、ママが赤ちゃんの反対側に移動して、赤ちゃんと向き合い、まだあげていない下になったおっぱいを含ませると授乳しやすいですよ。

コツは、赤ちゃんとママが楽な姿勢を見つけることです。

メリットはママの体の負担がなくなること

出産という大仕事を終えたママは、体力が戻らないうちに赤ちゃんのお世話が始まります。体が本調子でない上に育児に慣れていないママは心まで緊張してしまいますよね。

寝ながら授乳できるようになると、ママも少し楽になれます。座ってする授乳は腰が痛くなったり、授乳クッションを使っても赤ちゃんを抱っこしたりする必要があるので、腕に負担がかかってしまい、ひどくなると腱鞘炎になることも。

また前かがみになりやすいので肩や首も痛くなりがちです。夜中も布団から出ずに授乳できる添い乳は、特に寒い冬などに助かりますよね。

けれども、赤ちゃんがまだうまくおっぱいを飲めずに添い乳が難しいときは、無理せず抱っこで授乳して、上手におっぱいが飲めるようになるまで待ちましょう。

寝かしつけが楽になりスキンシップにもなる

赤ちゃんにも個性があり、寝つきのよい子もいればなかなか寝ない子もいます。長時間ママが立って抱っこでゆらゆらさせないと寝ない子の場合、ママは自分の体力がもたないのではないかと不安になってしまうこともあります。

やっと眠っても、赤ちゃんを布団に置いたとたんに目を覚まして泣いてしまう…なんてことはありませんか?添い乳の場合は赤ちゃんはすでに布団の上にいるので、授乳後はママの匂いや体温を感じながら、そのまま安心して寝てくれることが多いようです。

ママも一緒に横になれるので、気持ちに余裕ができてゆったりと赤ちゃんの様子を見てあげることができます。布団の中で密着しているとお互いの体温を感じて赤ちゃんは安心し、ママは幸せな気持ちで授乳ができるでしょう。

ママのお悩み・子育ての疑問について動画で楽しく解説♪ №1~15

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

添い乳が危険といわれるのはなぜ?

げっぷができないことによる吐き戻し

げっぷはミルクなどと一緒に飲み込んでお腹にたまった空気を抜くための生理現象ですが、赤ちゃんはミルクも一緒に吐いてしまうことがあります。添い乳でげっぷをさせずにそのまま寝かせ、睡眠中にげっぷと一緒にミルクが出た場合、それが喉につまって窒息する可能性があります。

個人差はありますが5~6カ月以上になると自分でげっぷができるようになるといわれます。赤ちゃんのげっぷが上手になるまでは、ママが出させてあげましょう。

げっぷが出ないこともありますし、げっぷをしても吐き戻す可能性もあるので、赤ちゃんの背中にタオルなどで頭が上になるように傾斜をつけて寝かせたり、うつ伏せにならないように注意して右を下に横向きに寝かせたりすると、吐き戻しの心配が少ないですよ。

おっぱいで鼻がふさがることによる窒息

ママがうとうとして眠ってしまうと、おっぱいで赤ちゃんの口や鼻を塞いでしまい窒息させてしまう可能性があります。「赤ちゃんの窒息死の多くは、添い乳でママが覆いかぶさったことが原因」というデータもあります。

添い乳には賛否両論があり、産院でも入院中から添い乳をすすめるところと添い乳を禁止しているところの両方があります。

この授乳スタイルだとママの体の負担が少ない反面、ママが疲れているときや睡眠不足のとき、気を付けていても布団の中で温かい赤ちゃんの体温が心地よくてつい眠ってしまい、無意識に赤ちゃんに覆いかぶさってしまうことがないとはいいきれません。

赤ちゃんの安全が第一です。自信がないときは無理に添い乳をせずにほかのスタイルで授乳をした方がよいですね。

眠りが浅くなり夜泣きにつながることも

添い乳だと少しずつしか飲めずにすぐにお腹が空いて夜に泣いてしまう場合があります。またおっぱいを口に含んで寝るのが習慣になると、浅い眠りのときに夜中に口におっぱいがないことに気付いた赤ちゃんが不安になって、泣いておっぱいを求めるようになるともいわれます。

おっぱいがおしゃぶりのようになっている状態といえるでしょう。もちろん低月齢では昼夜の区別がつかずに眠りが浅いので、夜中に何度も目を覚ますことがありますが、生後6カ月くらいでも夜中に何度も起きて泣くのは、添い乳が原因かもしれません。

添い乳をやめたら夜泣きがなくなったというママもいます。ママの考え方によりますが、夜泣きが続くのが気になったときはやめてみることも考えましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版