就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんを表情豊かな子に育てたい!乳児の笑顔の種類と笑わない原因

赤ちゃんを表情豊かな子に育てたい!乳児の笑顔の種類と笑わない原因

赤ちゃんの笑顔は本当に可愛いですよね。親であれば、我が子を表情豊かな子に育てたいと願うのではないでしょうか。一方で、表情が乏しい赤ちゃんに自閉症の心配をするママもいます。この記事では、赤ちゃんの笑顔の種類と笑わない原因についてご紹介します。また、表情豊かな子に育てる工夫もお伝えします。

赤ちゃんの笑顔はいつから見られる?

生後2カ月頃まで「新生児微笑」

我が子の笑顔を早く見たいと楽しみにしているママやパパは多いと思います。赤ちゃんの笑顔の特徴は、主に二つに分けられます。それは、「新生児微笑」と「社会的微笑」です。

新生児期から生後2カ月頃まで見られる赤ちゃんの笑顔を、「新生児微笑」といいます。新生児微笑は生理的微笑とも呼ばれ、赤ちゃんが意識的に笑うのではなく、本能的な行為であるといわれています。

それは、赤ちゃんが笑うことで、周囲の人が優しくお世話をして守ってくれるという自己防衛のための行為だと考えられています。生まれて間もないのに、自分を守るため本能的にこのような行為をするのはすごいですね。

眠っているときに見られることが多いようですが、授乳後や抱っこでも見られることがあるそうですよ。

3カ月頃から始まる「社会的微笑」

一方、生後3カ月頃から始まる笑顔を「社会的微笑」といいます。社会的微笑はママやパパにあやしてもらったり、興味を感じたりしたときに見せる笑顔だといわれています。

これは、赤ちゃんが自ら意識的に笑おうとしているわけではなく、周囲の刺激に反応して見せる笑顔です。この頃の赤ちゃんは視覚が徐々に発達してくるので、ママの笑った表情を認識して笑い返すというようなことが見られるようになりますよ。人とつながる社会性が育つ始まりですね。

社会的微笑には個人差もあるので、時期がもう少し先になる子もいます。赤ちゃんにできるだけよい刺激を与えるためにも、ママやパパなど周囲の人が積極的に笑いかけてスキンシップをはかるようにしたいですね。

声をあげて笑うのは5〜6カ月頃

生後5~6カ月頃から声をあげて笑う特徴が見られるようになります。感情表現が豊かになってきた赤ちゃんは、嬉しいときや楽しいときによく笑います。そんな赤ちゃんの反応を見てママやパパは嬉しくなり、どんどん笑わせたくなるかもしれませんね。

笑い方は赤ちゃんそれぞれなので、声をよく出して笑う子もいれば、にこっとする子もいます。笑いのツボもそれぞれです。あやすことで赤ちゃんが笑ってくれたら、気持ちが通じ合ったような気がして嬉しいですよね。

赤ちゃんが笑いやすい雰囲気を作りましょう。気は人に伝わりやすいので、ママがリラックスして赤ちゃんの相手をすると、赤ちゃんも同じようにリラックスできてたくさんの笑顔が見られるかもしれませんね。

笑わないのはなぜ?考えられる原因

発達障害の一つ「自閉症」の可能性

自閉症とは、一般的に先天性の発達障害であるといわれています。何らかの要因によって脳に障害が起こったと考えられ、3歳くらいまでには「言葉が出ない」や「感覚が非常に敏感」など気になる症状が見られるようです。

自閉症の子の場合、健常児に比べると笑うことが少ないといわれています。しかし、我が子が自閉症である診断を受けたママが、後で自分の子が「あのときはあまり笑わなかった」と感じることがあるかもしれませんが、笑わないこと自体が診断の決め手とはなりません。一般的に3歳頃までは診断が難しいため、ほかの症状がないか合わせて様子を見ていく必要があります。

あまり反応がなかったり目を合わせなかったりなど気になる症状がないかよく様子を見ましょう。

感情表現が乏しくなる「サイレントベビー」

サイレントベビーとは、泣いたり笑ったりせず感情に乏しい赤ちゃんのことを指します。サイレントベビーの原因は何でしょうか。

それは、泣いても長時間放置を繰り返された赤ちゃんが、誰からも相手をしてもらえないと諦めて泣くのをやめてしまうということです。赤ちゃんの本来備わっている本能的な行為がなくなると、心身に大きく負担がかかってしまいます。このような状態が続くと、将来の発達にも影響が出てしまうといわれています。

あまり赤ちゃんに話しかけたり触れたりせず、コミュニケーションが少ない場合もサイレントベビーになる可能性があるといわれています。短期間相手をしないからといってなるわけではありませんが、それほど愛情は大切なものなのでしょう。

発達の個人差による場合も!不安なら相談を

我が子をほかの赤ちゃんと比べて、笑うのが少ないと心配するママもいるかと思います。しかし、子どもの発達には個人差があるので、あまり心配しすぎないようにしましょう。まだ分からないことを悩みすぎてママがストレスで笑顔を失うことの方が、赤ちゃんにとってよくありません。

大切な我が子が心配な場合は、専門医や育児相談サービスに話を聞いてもらうこともできます。ママの不安な気持ちを伝えれば、プロの視点からいろいろとアドバイスをしてくれます。

育児で不安になるのは誰でも当たり前のことなので、相談することにためらわなくて大丈夫ですよ。ママひとりで悩むより誰かに相談することで、気持ちが落ち着くのではないでしょうか。

赤ちゃんの豊かな表情をつくるトレーニング

ママがお手本!いろんな表情で接しよう

表情は、言葉以上に人に感情を伝える手段として効果があるといわれています。ですから、表情が豊かな人は、上手に相手とコミュニケーションがとれるようです。我が子にも表情豊かな子に育って欲しいと願うママは多いことでしょう。

赤ちゃんは周りの人の反応や表情を見て、真似をしながら表現を学んでいきます。そして、しだいに表情と感情のつながりも理解するようになります。そのため、赤ちゃんの表情はママがお手本になっているということを意識してください。

赤ちゃんの豊かな表情をつくるためにも、ママは赤ちゃんにいろんな表情で接しましょう。また、大好きな赤ちゃんの前では笑顔が多めだと、同じように赤ちゃんもママの前で笑顔をたくさん返してくれるかもしれませんね。

優しい声と言葉で読み語り

赤ちゃんの表情を豊かにするには、感情も豊かであることが大事です。感情を豊かにするには、共感能力を育む絵本の読み語りが効果的だといわれています。

絵本の読み語りは、聞いている赤ちゃんの感情に働きかける「大脳辺緑系」を活性化する効果があるとされています。また、読み語りをしているママも気持ちが落ち着き安定する効果があるようですよ。

絵本の読み語りによって、ママの優しい声と言葉に包まれた赤ちゃんは安心感で満たされます。ママとの絵本の時間は、赤ちゃんにとってきっと楽しいものになっていくことでしょう。感情を豊かにするだけでなく、親子の絆をも深める絵本の読み語りは、ぜひ赤ちゃんのうちから取り入れたいですね。

赤ちゃんに大きくリアクションしよう

赤ちゃんとスキンシップを取るときは、大きくリアクションをしましょう。例えば、目をしっかり開けて少し大げさなくらいの笑顔を見せたり、身振りや手振りを入れたりするなどです。声のトーンなども大きく変化をつけて赤ちゃんを楽しませましょう。

赤ちゃんが笑ってくれたら、どんどんリアクションを増やして笑わせましょう。笑うことは感情にとてもよい刺激を与えリラックス効果が期待できます。きっと楽しい親子のコミュニケーションになりますよ。

ほかにも、おむつ替えや授乳タイムなど赤ちゃんのお世話をする際に優しく声をかけると、赤ちゃんは安心します。赤ちゃんにママの顔がよく見えるように、心持ち近づいて声をかけてあげてくださいね。

まとめ

赤ちゃんの笑顔は、新生児の頃から見ることができる「新生児微笑」と生後3カ月頃からの「社会的微笑」があります。声を出して笑うようになるのはだいたい生後5~6カ月頃です。

笑わない赤ちゃんに自閉症を心配するママもいますが、笑わないこと自体が診断の決め手にはなりません。発達にも個人差があるため、心配であれば一度専門のサービスに相談してみましょう。

赤ちゃんを表情豊かな子にするために、スキンシップをたくさんとって積極的に話しかけ、親子の絆を深めましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR