就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんを表情豊かな子に育てたい!乳児の笑顔の種類と笑わない原因

赤ちゃんを表情豊かな子に育てたい!乳児の笑顔の種類と笑わない原因

赤ちゃんの豊かな表情をつくるトレーニング

ママがお手本!いろんな表情で接しよう

表情は、言葉以上に人に感情を伝える手段として効果があるといわれています。ですから、表情が豊かな人は、上手に相手とコミュニケーションがとれるようです。我が子にも表情豊かな子に育って欲しいと願うママは多いことでしょう。

赤ちゃんは周りの人の反応や表情を見て、真似をしながら表現を学んでいきます。そして、しだいに表情と感情のつながりも理解するようになります。そのため、赤ちゃんの表情はママがお手本になっているということを意識してください。

赤ちゃんの豊かな表情をつくるためにも、ママは赤ちゃんにいろんな表情で接しましょう。また、大好きな赤ちゃんの前では笑顔が多めだと、同じように赤ちゃんもママの前で笑顔をたくさん返してくれるかもしれませんね。

優しい声と言葉で読み語り

赤ちゃんの表情を豊かにするには、感情も豊かであることが大事です。感情を豊かにするには、共感能力を育む絵本の読み語りが効果的だといわれています。

絵本の読み語りは、聞いている赤ちゃんの感情に働きかける「大脳辺縁系」を活性化する効果があるとされています。また、読み語りをしているママも気持ちが落ち着き安定する効果があるようですよ。

絵本の読み語りによって、ママの優しい声と言葉に包まれた赤ちゃんは安心感で満たされます。ママとの絵本の時間は、赤ちゃんにとってきっと楽しいものになっていくことでしょう。感情を豊かにするだけでなく、親子の絆をも深める絵本の読み語りは、ぜひ赤ちゃんのうちから取り入れたいですね。

ママが大きくリアクションしよう

赤ちゃんとスキンシップを取るときは、大きくリアクションをしましょう。例えば、目をしっかり開けて少し大げさなくらいの笑顔を見せたり、身振りや手振りを入れたりするなどです。声のトーンなども大きく変化をつけて赤ちゃんを楽しませましょう。

赤ちゃんが笑ってくれたら、どんどんリアクションを増やして笑わせましょう。笑うことは感情にとてもよい刺激を与えリラックス効果が期待できます。きっと楽しい親子のコミュニケーションになりますよ。

ほかにも、おむつ替えや授乳タイムなど赤ちゃんのお世話をする際に優しく声をかけると、赤ちゃんは安心します。赤ちゃんにママの顔がよく見えるように、少し近づいて声をかけるようにするとよいですね。

豊かな表情作りに欠かせないスキンシップ

抱き癖は関係ない!たくさん抱っこして

赤ちゃんの表情を豊かにするスキンシップで欠かせないものに「抱っこ」があります。赤ちゃんにとってママやパパが抱っこしてくれることは気持ちよく、「自分は大切にされている」と自己肯定感を高める効果があります。抱っこされると安心でき、気持ちが満たされます。そしてママやパパとの信頼関係が深まり、豊かな表情を見せるようになりますよ。

抱っこしすぎると「抱き癖」がついてしまうかも、と心配に思うママがいるかもしれませんね。ですが、抱き癖はついてよいのです。赤ちゃんが泣くのは不安を感じているサインです。このサインを放置すれば赤ちゃんはますます不安に思い泣き続けやがて諦め「サイレントベビー」となってしまうのです。

たくさん抱っこして、赤ちゃんと触れ合ってくださいね。

ベビーマッサージでリラックスタイム

ベビーマッサージはママの手と赤ちゃんの肌が直接触れ合うスキンシップです。近年誕生したものと思われがちですが、日本では「小児按摩(しょうにあんま)」として江戸時代には似たようなスキンシップが行われていたようですよ。

ママが優しい声で語りかけながら手のひらを使い優しくマッサージをすることで、赤ちゃんはリラックスするため表情が豊かになります。赤ちゃんの嬉しそうな表情を見ると、自然とママもリラックスでき、自然と笑みを浮かべることでしょう。このママの笑顔を見ることで、赤ちゃんはますますリラックスしてより表情豊かになっていきますよ。

自宅でもベビーマッサージは行えます。ママの時間や心の余裕があるときで、赤ちゃんのご機嫌がよいときに行ってみましょう。

パパと一緒のバスタイムでパパも笑顔に

日中はなかなか赤ちゃんと過ごす時間がとれないパパは、バスタイムを活用して赤ちゃんとのスキンシップをはかるとよいですね。肌と肌が触れ合うバスタイムは赤ちゃんの笑顔が見られやすく、パパもリラックスできます。赤ちゃんも大きなパパの手に安心感を持つかもしれませんね。バスタイム中は愛しの我が子を独り占めできる貴重な時間になるのではないでしょうか。

パパと一緒にお風呂に入ってくれれば、ママもほっと一息つけますよね。さらにママはひとりでバスタイムを過ごすことができるため、家事や育児で感じる疲れをゆっくりと癒すことができるでしょう。ゆっくりとできる時間があることでママもリラックスし、笑顔がさらに優しくなるかもしれませんね。

まとめ

赤ちゃんの笑顔は、新生児のころから見ることができる「新生児微笑」と生後3カ月ごろからの「社会的微笑」があります。声を出して笑うようになるのはだいたい生後5~6カ月ごろです。

笑わない赤ちゃんに自閉症を心配するママもいますが、笑わないこと自体が診断の決め手にはなりません。発達にも個人差があるため、心配であれば一度専門の医療機関に相談してみましょう。

赤ちゃんを表情豊かな子にするために、スキンシップをたくさんとって積極的に話しかけ、親子の絆を深めましょう。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND