就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児に使える英語フレーズや表現集!育児の隙間にできる英語勉強法

育児に使える英語フレーズや表現集!育児の隙間にできる英語勉強法

近ごろ、英語を育児に取り入れるママが増えているようです。今後さらにグローバル化する世界を見すえ、早いうちから子どもを英語に触れさせるのはとてもよいことですよね。日常生活で使えて育児に役立つ英語のフレーズや、育児と家事のすきま時間を使ってできる英語学習の方法についてまとめました。

育児に英語を取り入れるメリットは?

自然と英語に親しみを覚える

言葉は、日常の生活をしていく中で「自然と」身についていくものですよね。耳で聞いた言葉や表現を真似して繰り返し使っているうちに、知っている言葉や言い回しが増えていきます。

多くの場合、小さな子どもが一番耳にするのはママやパパの言葉ですよね。小さな子どもが大人の口癖を真似する様子はかわいいものです。

子どもが「自然と」英語に親しみを覚えるには、ママやパパが日常に英語を取り入れるのが効果的でしょう。英語の音楽を流したり、可能であれば英語のテレビ番組などを見たりなど、英語がそばにある環境を作ってみてはどうでしょう?

子どもは、楽しみながら自然と、英語のフレーズを真似して話したり、耳慣れした歌を口ずさんだりするようになるでしょう。

英語で注意すると子どもに柔らかく伝わる

育児に英語を取り入れようと考えているものの、「何から始めたらよいのだろう?」と思っている方も多いかもしれません。まずは日常的に英語に触れる環境を作り、英語に対する抵抗感をなくしていくことから始めてみましょう。

簡単なあいさつから始め、たとえ1フレーズでも毎日必ず英語を使う習慣をつけましょう。

生活の中で、子どもに注意をしなければならない場面もありますよね。そういう時にもぜひ英語で話してみてください。日本語だとついつい長いお説教のようになってしまうことも、母国語ではない英語だと、簡潔でやわらかい表現になるはずです。

また、英語を使おうと一旦考えることで、感情にまかせて注意することが減り、子どもには柔らかく伝わるというメリットもあります。

英語で褒めると英語が好きになる    

何かに興味を持つと、それが上手にできるようになりたいという気持ちも自然と生まれます。英語を使うのが楽しい、もっと英語を知りたい、と子ども自身が思うような機会を増やすにはどうすればよいのでしょう?

先ほど、英語で注意することについて少し触れましたが、ここでは英語で褒めることのメリットについて話していきましょう。“Good job!” (よくできたね!)など、褒めるときに英語のフレーズを使ってみてください。

子どもは、ママやパパに褒められるととても嬉しい気持ちになります。その際に英語のフレーズを使う習慣を持つと、英語に対する好意的な印象作りが可能になります。もっと褒めてもらいたい気持ちから英語のフレーズを使う頻度が増えるということになりますね。

ゆっくり英語を馴染ませる「スカイガーデンプリスクール」の園生活

PR

小学校の英語教育が始まるとともに、子どもに小さな頃から英語を習わせたいと、習い事や園を考える方も多いと思います。今回、英語中心の園生活を通じて、子どもが英語を身につけることができる「インターナショナルプリスクール」の一つを取材してきました。

子どもが英語を必要とする環境作り

ママやパパが英語の話し相手になる

子どもがアメリカやイギリスとのハーフだと、自然と英語を話すようになるのでは?と思いますよね。ですが、実際のところは英語圏出身のママでも、子どもが日本語中心の生活に慣れていると、子どもの英語教育には苦戦するようです。

ママが英語で話しかけても、子どもは日本語で返すということもあるようです。日本語中心の方が、子どもにとっても楽です。そのため、英語を必要とする環境を大人が作っていかなければ、英語を習得することは難しいでしょう。

まずは、ママやパパが英語の話し相手になって、子どもが英語に触れる機会を作っていきましょう。英語があまり得意ではないママやパパにとっては大変かもしれませんが、一緒に学ぶ姿勢を見せることも大切ですよ。

英語で話す場所に出かける

ママやパパが英語で話しかけることは英語に触れる第一歩です。ですが、子どもも日本語が伝わるとわかっているので、飽きてきたり、わからない単語が出てきたりすると、日本語で話したくなるものです。

そのため、英語しか通用しない場所に出かけることで、より高い学習効果が期待できます。余裕があれば、英語しか使ってはいけない英会話スクールに通ってみるのがベストです。中には無料で英会話レッスンに通える教室もあるようですよ。

また、イングリッシュキャンプを体験してみるのもよいでしょう。期間は1週間と短いものから、1カ月くらいの長期のものがあります。国内で行われているものもあるようなので、興味のある方は調べてみてくださいね。

映像教材はサポートとして利用する

英語が苦手なため、英語のテレビ番組やDVDなどの映像教材に頼ってしまう家庭もありますよね。テレビ番組やDVDでの学習でも効果が期待できないわけではありませんが、対コミュニケーションの中で学ぶよりは効率が悪いようです。

特に乳児期は他者との直接的なかかわりの中で言語や認知などが発達するとわかっています。つまり、触れ合いながら英語を耳にすることで、高い学習効果が得られるというわけです。

英語が苦手、嫌いというママも育児の中で積極的に英語を使ってみてください。もちろんパパでも大丈夫です。映像教材を使用することは決して悪いことではありませんが、学習効果を考えるとサポートとして捉えておいた方がよいでしょう。
57 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版