就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児に使える英語フレーズや表現集!育児の隙間にできる英語勉強法

育児に使える英語フレーズや表現集!育児の隙間にできる英語勉強法

近頃、英語を育児に取り入れるママが増えているようです。今後さらにグローバル化する世界を見すえ、早いうちから子どもを英語に触れさせるのはとてもよいことですよね。日常生活で使えて育児に役立つ英語のフレーズや、育児と家事のすきま時間を使ってできる英語学習の方法についてまとめました。

育児に英語を取り入れるメリットは?

自然と英語に親しみを覚える

言葉は、日常の生活をしていく中で「自然と」身についていくものですよね。耳で聞いた言葉や表現を真似して繰り返し使っているうちに、知っている言葉や言い回しが増えていきます。

多くの場合、小さな子どもが一番耳にするのはママやパパの言葉ですよね。小さな子どもが大人の口癖を真似する様子はかわいいものです。

子どもが「自然と」英語に親しみを覚えるには、ママやパパが日常に英語を取り入れるのが効果的でしょう。英語の音楽を流したり、可能であれば英語のテレビ番組などを見たりなど、英語がそばにある環境を作ってみてはどうでしょう?

子どもは、楽しみながら自然と、英語のフレーズを真似して話したり、耳慣れした歌を口ずさんだりするようになるでしょう。

英語で注意すると子どもに柔らかく伝わる

育児に英語を取り入れようと考えているものの、「何から始めたらいいのだろう?」と思っている方も多いかもしれません。まずは日常的に英語に触れる環境を作り、英語に対する抵抗感をなくしていくことから始めてみましょう。

簡単なあいさつから始め、たとえ1フレーズでも毎日必ず英語を使う習慣をつけましょう。

生活の中で、子どもに注意をしなければならない場面もありますよね。そういう時にも是非英語で話してみてください。日本語だとついつい長いお説教のようになってしまうことも、母国語ではない英語だと、簡潔でやわらかい表現になるはずです。

また、英語を使おうと一旦考えることで、感情にまかせて注意することが減り、子どもには柔らかく伝わるというメリットもあります。

英語で褒めると英語が好きになる    

何かに興味を持つと、それが上手にできるようになりたいという気持ちも自然と生まれます。英語を使うのが楽しい、もっと英語を知りたい、と子ども自身が思うような機会を増やすにはどうすればよいのでしょう?

先ほど、英語で注意することについて少し触れましたが、ここでは英語で褒めることのメリットについて話していきましょう。“Good job!” (よくできたね!)など、褒めるときに英語のフレーズを使ってみてください。

子どもは、ママやパパに褒められるととても嬉しい気持ちになります。その際に英語のフレーズを使う習慣を持つと、英語に対する好意的な印象作りが可能になります。もっと褒めてもらいたい気持ちから英語のフレーズを使う頻度が増えるということになりますね。

育児に使える英語フレーズや表現は?

日常場面でよく使える英語フレーズ  

ここからは、日常生活において使える英語のフレーズを取り上げていきましょう。

朝は“Good morning!”と元気に声をかけてあげましょう。“Did you sleep well?” ( よく眠れた?)と続けてもいいですね。

“Let’s have breakfast.”(朝食にしよう)、と呼びかけ、“What shall we do today?”(今日は何をしようか?)と聞いてみると、子どもの回答をうながすことになり、会話が始められますね。

“Are you hungry?”(お腹がすいた?)や、“Are you thirsty?”(のどが渇いた?)も育児をする上で知っておくと便利なフレーズですね。

前向きな気持ちにする英語フレーズ   

子どもを褒めたいとき、励ましたいときにはどのようなフレーズを使うとよいのでしょう。

何かをやり遂げたわが子には、“You did it!” (やったね!)や、“I’m so proud of you!”(誇りに思うよ!)などの表現がふさわしいでしょう。“I know you worked really hard.”(一生懸命頑張ったことは知ってるよ)、といってもらえると、自分の努力を見てくれていた人がいる、とまた次の挑戦に立ち向かう気持ちを持てるのではないでしょうか。

“You can do it!” (あなたならできるよ!)、や“I believe in you!”(あなたの力を信じてるよ!)は、子どもを励ましたいときに使えますね。

簡単シンプルフレーズで英語を表現しよう 

育児中によく使うけれど、英語ではどう表現するのだろう?というフレーズをいくつかご紹介しましょう。

赤ちゃんのお世話におむつ替えはつきものですが、「おむつを替えようね」は英語では“Let’s change your diaper.”といいます。また、「お昼寝しようね」は“Let’s take a nap.”といいます。

こういったフレーズを日頃から使うようにすると、赤ちゃんの頃から英語を耳にする習慣がついてよいですよね。

保育園や幼稚園に通う年齢の子どもに、「今日は何をしたの?」と聞く場合は、“What did you do today?”が使えますね。このくらいの年齢の子どもとは、英語で質問、回答をすることで、会話の練習にもなります。

育児に使える英語フレーズやおすすめ表現集

井原さんちの英語で子育て  

筆者である井原香織さんは、ご自身は日本人でありながら、育児に英語を取り入れられた方です。英語で育児をしようと思われたきっかけは、「思いつき」だったとか。井原さん自身もおっしゃられているように、「意外となんとかなる」ものなのだそうです。

こちらの本は、半分が井原さんファミリーの英語育児の体験記、半分が子育てに役立つ英語フレーズ集という構成です。実際に体験された英語育児の生活風景がイラストで描かれているので、楽しく読み進められます。

英語の発音のCDもついており、これから英語で育児にチャレンジしたい、と考えている方にお薦めの1冊です。

ちなみに、息子さんは高校時代、英語の偏差値が高く、リスニング力が非常に高かったということです。
45 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC