就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

食器用中性洗剤は色々と使える!活用方法と食器を洗うときの使い方

食器用中性洗剤は色々と使える!活用方法と食器を洗うときの使い方

食事の後の食器洗いに欠かせない中性洗剤ですが、食器以外を洗う使い道はあるのでしょうか。また、食器用洗剤を選ぶときに注意したい成分、その成分によって変わる洗剤の特徴、正しい洗剤の使い方など、毎日の家事の中で生まれるママの素朴な疑問にお答えします。

食器用洗剤を選ぶときは成分を意識しよう

油汚れをしっかり落とす弱アルカリ性洗剤

一口に食器用洗剤といっても色々な種類がありますね。食器用洗剤には大きく分けて「弱酸性」「中性」「弱アルカリ性」とあり、どの性質の洗剤を選ぶかによって汚れとの相性や使い心地が変わってきます。

食器洗いで一番厄介なのがベタベタの油汚れですね。この油汚れに効果的なのが弱アルカリ性の洗剤です。なぜ「弱」なのかといえば酸性にしてもアルカリ性にしても強すぎるものは肌への刺激が強すぎるためです。

弱アルカリ性洗剤は油やたんぱく質に強く、しっかり汚れを落とすことができます。しかし、弱アルカリ性とはいえ、人間の肌は弱酸性なので刺激は強めで肌荒れしやすいともいえます。弱アルカリ性洗剤を使う場合は、ゴム手袋などをして直接触れないようにするのがよいでしょう。

軽い汚れ向きで肌荒れを防ぐ弱酸性洗剤

食器用に限らず洗剤には酸性、アルカリ性などの液性があり、人間の肌と同じ弱酸性のものは肌への刺激が少なくなります。ボディソープなどでもよく見かける弱酸性の洗剤は、肌に優しいのが一番の特徴です。その分、油汚れ、たんぱく質の汚れには効果が薄いですが、酸性の汚れである水あかには高い効果を発揮します。

また、食器用洗剤には油と水が混ざるようにするため界面活性剤が添加されています。これを加えることにより洗浄力がアップしますが、界面活性剤は肌への刺激が強いため、弱酸性の液性であっても界面活性剤の配合率が高いと肌荒れする可能性があります。

肌への優しさを重視する場合は、弱酸性かつ界面活性剤の配合量が少ないものを選ぶようにしましょう。

汚れ落ちがよく肌への負担も少ない中性洗剤

酸性の汚れにはアルカリ性、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うと効果が高いのですが、洗剤の成分を見てみると「中性」と書かれているものをよく見かけます。中性はアルカリ性と酸性の中間なので、どちらの性質の汚れにもあまり強くはありません。

ただし、偏った性質がない分、肌や素材にも優しく軽い汚れ全般に使え、素手で扱っても手荒れしにくいのが特徴です。たとえば毎日の食器洗いならゴシゴシ力を入れてこすらなくても汚れが落ちることがほとんどですよね。

肌への刺激が少ない中性洗剤でも界面活性剤の力で軽い油汚れならサッと落とすことができるので、日常的に使うには扱いやすい性質の洗剤といえます。洗剤の成分に迷ったら中性洗剤を選ぶのがよいでしょう。

食器用中性洗剤は忙しいママも大助かり!

食べこぼし汚れのシミ抜きができる

小さな子どものいる家庭では、毎日のように食べこぼしの被害を受ける衣類が出てしまいますね。ケチャップやカレーなど色の強い調味料や食品は早めに対処しないとシミとなって取りにくくなってしまいます。

ただ、本格的にシミ抜きをするとなると特別な洗剤や漂白剤などが必要になり、換気や子どもの手に触れないようにするなどの注意も必要になってきます。そこでキッチンにいつでもある台所用中性洗剤を使うと、食品汚れに効果的でシミ抜きがもっと手軽で簡単になりますよ。

ついたばかりのシミなら軽くすすいで洗剤でつまみ洗いをするだけでかなりきれいになります。洗剤の成分が残っていると新たなシミや変色の原因になるので、しっかりすすいでからいつもの要領で洗濯をしましょう。

シャボン玉液作りにもぴったり

子どもの大好きなシャボン玉。100均などでも気軽に購入できますが、シャボン玉液は意外とすぐなくなってしまいますよね。

食器用中性洗剤ならシャボン玉液を作るのにもぴったりです。王道の作り方には洗濯のりを混ぜる方法がありますが、洗濯のりの代わりに砂糖で代用してもきれいなシャボン玉が作れますよ。

水100ccにグラニュー糖5gを加えてよく溶かします。そこへ食器用中性洗剤5ccをゆっくり注ぎ入れます。最後にかき混ぜますが、泡立ってしまうとシャボン玉が作りにくくなるので、割りばしなどを使ってゆっくりかき混ぜるようにしましょう。

材料は身近な物だけなので、配合さえ覚えておけばいつでもシャボン玉遊びができます。ぜひ試してみてくださいね。

食器以外の掃除にも代用できる

家の中のお掃除用にお風呂、トイレ、壁や家具、床など様々な場所ごとに専用洗剤を用意しているママも多いのではないでしょうか。汚れの性質がそれぞれ違うので、専用の洗剤が必要と思ってしまいがちですが、実は食器用中性洗剤は家中の汚れに対応可能な万能洗剤でもあるんです。

専用洗剤にはその場所に適した特別な効果を持った成分が含まれていることが多いですが、すべての洗剤に共通して含まれているのが界面活性剤です。中性洗剤はデリケートな素材に対しても使いやすく、軽い汚れであれば場所を選ばず十分な洗浄効果が期待できます。

トイレやお風呂掃除には原液のまま、床掃除や壁紙の拭き掃除には薄めて目立たないところで試してから使うようにしましょう。

食器洗い洗剤の使い方を見直してみよう

洗剤の適正量を確認しよう

普段何気なく使っている食器用中性洗剤ですが、その使用量についてあまり気にすることもないですよね。スポンジでたっぷり泡立てて使いたいので洗剤はたっぷり使いたいママもいるかもしれません。

使用している洗剤の種類によって適量は違いますが、おおむね「水1Lに対して洗剤0.75ml」が適量となっています。プッシュ式のボトルだと1プッシュで1~5mlほど出てくるので、0.75mlはかなり少ない量ですね。

ただ、食器を洗うときはスポンジに直接洗剤をつけて水を出しっぱなしで洗うことも多く、実際に水をどれだけ使っているかは分かりづらいものです。本来は水で薄めて使うことを前提にしているので、最初に薄めてから使うようにしてもよいかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC