就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

気になる赤ちゃんのおちんちん事情!洗い方の注意点や包皮について

気になる赤ちゃんのおちんちん事情!洗い方の注意点や包皮について

赤ちゃんは生まれた日からウンチやおしっこをするため、最初にぶつかる育児の壁は「おむつ交換」になりやすいようです。なかでも、赤ちゃんが男の子だと「おちんちん」をどう扱えばよいかわからず困ってしまうのではないでしょうか。今回は赤ちゃんのおちんちんの洗い方で注意することや包皮の扱い方を紹介します。

おむつ替えの方法とおちんちんの洗い方

かぶれ防止のためにおしっこのときも拭こう

おちんちんは体の前面ついているため、風通しがよく蒸れる心配がないように思えます。しかし、おむつをはいた状態でおしっこすると尿が全体に広がるため、体が汚れるのは男の子も女の子も同じです。

ウンチのときはもちろん、おしっこのときも拭いてかぶれを予防しましょう。おむつが当たる部分を全体的にサッと拭いたあと、おちんちんを先から根元に向かって拭いてください。

おちんちんの裏側や袋の部分、シワの間は蒸れやすく汚れもたまりやすいので、見えない部分もしっかり拭きましょう。ウンチのときは袋の裏側に汚れが残ることが多いので注意が必要です。

拭き終わったら乾燥させてから新しいおむつをはかせてください。乾燥させずにはかせると蒸れてかぶれの原因になることがあります。

石けんを使って優しく洗おう

女の子の尿道がある割れ目の内側は「粘膜」ですので、石けんで洗うのは避けるべきです。しかし、おちんちんの外側は「皮膚」なので石けんで洗っても問題ありません。

とはいえ、デリケートな部分なので石けんを直接こすりつけてゴシゴシ洗うと皮膚を傷つけてしまいます。手で石けんを泡立て、泡を塗るように優しく洗いましょう。

包皮のなかは外側を洗っているときに自然と汚れが取れます。すみまで石けんが行き届くよう、しっかり泡立てておくのがポイントです。

おちんちんの裏側や袋、シワの間もしっかり洗い、最後に肛門を洗ったあとは石けんを洗い流しましょう。石けんの成分が残るとかぶれの原因になりますので、シワの間なども忘れずに流してくださいね。

無理に包皮を引っ張って洗わなくても大丈夫

赤ちゃんの包皮は巾着袋のようにすぼまっています。おしっこの汚れや皮脂が包皮のなかに残って病気になるのではないかと心配なママも多いのではないでしょうか。

包皮のなかは汚れがたまりやすいため毎日洗う必要がありますが、むこうとすると皮を傷つける可能性があります。むいたあと皮が戻らなくなることもあるため、無理に引っ張るのはやめましょう。

よく泡立てた石けんを使っていれば包皮がむけていなくても外側を洗うときに汚れは落ちます。

汚れなどが原因でおちんちんの先が赤くなったり腫れたりすることがありますが、毎日洗い続ければ治ることがほとんどです。ただし、腫れが引かないときや痛がる様子があるときは小児科を受診しましょう。

おちんちんの包皮はむくべきなのか

むくかどうかの判断は専門家でも難しい

包皮のなかを清潔に保つためには、包皮をむいた状態で洗うのがもっとも確実といえます。しかし、赤ちゃんのうちに包皮をむくかどうかの判断は専門家でも意見が分かれているようです。

包皮をむくと「亀頭包皮炎」や「排尿障害」などの予防ができます。成長してから包茎で悩むことがなくなるためコンプレックスを持ちにくくなるというのもメリットです。

しかし、むくときに包皮が切れて出血したり痛い思いをしたりするほか、傷から菌が入って化膿するかもしれません。また、思春期ごろになると自分で包皮をむけることが多いため、赤ちゃんのうちにむく必要はないともいわれています。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、むくかどうかは慎重に考えたほうがよいでしょう。

新生児のうちに割礼手術をする国も

包皮を切り取る手術というと成人男性が受ける包茎手術のイメージがありますが、新生児のうちに包皮を切り取る「割礼手術」を行う国もあります。

ユダヤ教とキリスト教の聖典である「旧約聖書」には割礼に関する記述があります。このことからユダヤ教では信仰の証として割礼を行う人が多く、キリスト教でも割礼を行う人がいるそうです。

また、「コーラン」には割礼に関する記述はありませんが、第二聖典である「ハーディス」に記述があることから習慣的に行われています。ただし新生児ではなく思春期に入ってから行うケースもあるようです。

アメリカでは宗教的な意味合いのほか衛生上の理由で行われています。お風呂につかる習慣がない国ならではかもしれませんね。しかし近年は減少傾向にあります。

ママだけで悩まずパパにも相談を

女性であるママにとって赤ちゃんのおちんちんは扱いがわかりにくいものです。ケアの方法に悩むことも多いでしょう。

こんなときはママだけで悩まずパパにも相談してみましょう。ママは「将来のためにむいた方がよい」と思っていても、パパは「ママにむいてもらったことを知ったときにショックを受ける」と考えるかもしれません。

メリットとデメリットをしっかり伝え、お互いに納得のいく結論が出るよう話し合ってください。男性にとってデリケートな問題なので、意見が分かれたときはできるだけパパの意見を尊重したほうがよいでしょう。

また、おちんちんのケアに不安を感じるときはパパに協力してもらうと安心です。洗うときの注意点や力加減もパパならよくわかるはずです。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版