就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ストレスを感じやすい5歳児の性格。原因や対処法、発散方法をご紹介

ストレスを感じやすい5歳児の性格。原因や対処法、発散方法をご紹介

5歳は言葉も増え、自分の気持ちを相手に伝えたり、相手を思いやったり、我慢することも上手になる時期です。心がぐっと成長する一方で、その分ストレスをためてしまう子もいます。子どものストレスサインに早期に気付き、適切な対処をしてあげるためにも、ストレスについて学んでいきましょう。

5歳児のストレスを感じやすい性格と原因

子ども自身が気遣いのできる性格

お子さんはどういった性格でしょう。穏やかな性格ですか?それともかんしゃくを起こしやすい性格でしょうか。

5歳になると、状況を把握したり、相手がどう思ったかなど、少しずつ理解して行動できるようになってきます。お子さんによってはまわりを気遣い、自分の考えや気持ちを出せず、ストレスに感じてしまうこともあります。

また、先生に怒られたり、友達とケンカしたとしても、まったく気にしない子もいれば、しばらくの間引きずってしまう子もいます。

その後も、同じことが起こらないようにと、物事を先回りして考えたり心配したりする子は、知らない間にストレスを溜めてしまう危険性があります。

大人が思っている以上に、子どもは色々と考えているものです。

子ども自身が頑張りすぎてしまう性格

5歳になると、親の顔色を伺うようなことも出てきます。また、お子さんによっては「頑張り屋さん」を通り越して、頑張りすぎてしまう子もいます。

先生や親に褒めてもらいたい、怒られないようにしなければ…と思うあまり、必要以上に頑張りすぎてしまうのです。

また、完璧主義で小さなことでも見逃せないような性格ですと、上手に息抜きが出来ず、心身ともに休まらず、疲れてしまうことがあります。

人は、応援するときに「頑張って」「頑張れ」と言います。でも、頑張りすぎてもう苦しい子に「頑張って」というのは…実はとても酷なことかもしれませんね。

そのような過度の頑張り屋さんの場合、自分で気づかないうちにストレスを蓄積させてしまいます。

家庭内での関係が原因であることも

子どもは親が思っている以上に敏感で、まわりの空気を読んでいるものです。

ご夫婦の仲はどうでしょう。お子さんの前でケンカなどしてませんか?

また、ご兄弟がいる場合、ケンカのイライラを引きずっていたり、弟や妹がいるために甘えられず、寂しい気持ちを抱えている子もいます。

家庭内の環境は、思った以上に子どもに大きな影響を与えています。パパとママがケンカしたり険悪な雰囲気でいると、お子さんは何かを感じ、さりげなく仲直りさせようとわざとおどけてみたり、いつも以上にたくさん話をしたりします。親にまで気を遣ってしまうのです。

その小さな積み重ねが、子どもの小さな心を占拠していき、気付かないうちに大きなストレスへとなっていくこともあります。

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

PR

多くの子が一度は夢中になる汽車や電車のおもちゃ。年齢や興味に合わせ遊び方を変えられるので、長く遊べる点が魅力ですよね。今回は本格的なレール遊びに興味を持ちはじめた3歳頃のお子さまにぴったりなレール玩具・BRIO「スマートテックサウンド」シリーズを紹介します。ワクワクするしかけやアプリとの連携で、楽しみながらテクノロジーにも触れられる最新のおもちゃの世界をのぞいてみましょう。

5歳児が訴えるストレス症状とは

腹痛は代表的なストレスサイン

お子さんが「お腹が痛い」と頻繁に言ったり、「お腹が痛いからお休みしたい」と言ったことはありますか?また、それがストレスからきている可能性があるのをご存知でしょうか。

幼稚園や保育園に行きたくなくて「お腹が痛い」と仮病を使っているのかな…と思ってしまいがちですが、あながち仮病とは言えないこともあります。

ストレスをかかえていると、本当にお腹が痛くなったり、体に不調を感じることがあるのです。大人でもそうですね。体がSOSを出しているのです。

そんなときに、「本当に痛いの?」「お休みしたいからでしょ」と疑ったり頭から否定しては、お子さんは気持ちの行き場がありません。

お子さんを信用し、きちんと話を聞いてあげることが大切です。

ひどいと心因性嘔吐の可能性も

ストレスにより、体がSOSを出すのは腹痛以外にも「心因性嘔吐」というものがあります。「心因性嘔吐」とは、嘔吐する明らかな原因がなく、心理的ストレスなどで嘔吐してしまうことです。

これは、緊張や不安を感じたときに出る症状で、本人は無自覚なことも多いといいます。

また、車酔いをして嘔吐してから、車を見ると嘔吐したりする「条件付け」によって嘔吐が起こる場合もあると言われています。

そこまでのストレスをかかえた子どもの気持ちを考えると…胸がつぶれそうになってしまいます。どうにかして救ってあげたいものです。

緊張や不安の場面から解放されれば治まる傾向にありますので、注意して見極め、適切な対処をするようにしましょう。

発熱を繰り返す場合は要注意

「腹痛」「嘔吐」の他にも、発熱する場合があります。
「心因性発熱」といい、38℃を超える高熱を出す場合もあれば、37℃台の軽い微熱が長引くこともあります。

大人にも子どもにもみられる症状ですが、子どもは体温機能の調節が未熟なため、大人よりも高熱を出すことが多くみられます。

こういった発熱に解熱剤は効きません。しかしながら、発熱の原因となった問題が解決すれば急に熱が下がったりします。

幼稚園に行く前に発熱し、お休みの連絡をしたら急に熱が下がるようなことがあります。
これは「心因性発熱」によくみられる症状です。

仮病と勘違いされがちですが、決してそうではありません。発熱を繰り返すようであれば、専門機関を受診しましょう。
28 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版