就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

渋滞中の子どものトイレ問題とは!緊急時の便利アイテムや事前の対策

渋滞中の子どものトイレ問題とは!緊急時の便利アイテムや事前の対策

GWや年末年始など、長期休暇を利用して家族で旅行にいく機会もあると思います。交通手段に車を選択すれば、自由度も高いですし小さな子どもがいるとパパママも気楽ですよね。しかし、車移動の際に気になるのが渋滞に巻き込まれたときのトイレの問題です。今回は、緊急時の便利アイテムや対策法をまとめてみました。

一般道路と高速道路で異なる渋滞中のトイレ

一般道路ならコンビニやスーパーで借りる

一般道路の場合には、突然子どもが「トイレに行きたい」といい出したときでも、それほどトイレ探しに苦労することはないと思います。山道や人気の少ない場所を除けばコンビニやスーパーを見かけることも多いですよね。

「ご自由にトイレをお使いください」と大きな看板を掲げているお店もありますので、トイレ目的だけであったとしても、嫌な顔をされることは少ないと思います。高速道路に乗ってしまうと、混雑時には自由にトイレにいくことも難しくなりますので、コンビニやスーパーであらかじめトイレを済ませておけば安心ですね。

トイレ休憩のついでにお菓子や飲み物なども購入すればお店側も喜んでくれること間違いなしだと思いますよ。

高速道路では渋滞中でも車外に出るのは危険

おそらくこの手段をとろうとする人は非常にまれではあるとは思いますが、子どもがどうしてもトイレに行きたいからといって高速道路の路肩に車を止めて、おしっこをさせるということを考える人がいるかもしれません。

渋滞中で車がほとんど動いていない場合だと、危険度も少なくなるのでは?とも感じてしまいますよね。しかし、どんな場合でも高速道路上で車外にでることはとても危険な行為です。

車の間をバイクが勢いよく通り抜ける危険もありますし、突然渋滞が解消されて車が動き出すことも考えられます。どうしてもトイレに行きたいときには、車内でできる他の手段を考えるしか方法はありません。

高速道路上で車外に出るときは、命を落とす危険が隣り合わせなのだと認識しましょう。

料金所やバス停でトイレが借りられることも

高速道路上にトイレがある場所はサービスエリアとパーキングエリアですよね。しかし、それ以外にもトイレが設置されている場所があります。

一つは料金所です。最近では、ETCが主流になり無人の場所もありますが、ETCを搭載していない車は従来通りスタッフと顔を合わせてから料金を支払いますよね。

彼らが利用するトイレがすぐそばにありますので、お願いすれば借りることができるかもしれません。そして、もう一つは、高速バスのバス停です。

高速バスのバス停はあまり広くは知られていないかもしれませんが、高速バスを乗降する際に止まるバス停です。ここにもトイレが設置されている場合がありますのでどうしても我慢できないときにはチェックしてみてくださいね。

車の中で用を足せる便利なアイテム三つ

子どもが嫌がらなければ使える紙おむつ

小さな子どもが使う紙おむつは、どしてもトイレが我慢できない場合にはとても便利な簡易トイレとなります。最近の紙おむつは吸収できるおしっこの量も多いので、紙おむつの適応年齢より年齢が高くても使うことができるほどです。

ただ、トイレトレーニングを完了した子どもの場合には、おむつですることに抵抗を感じることもあります。これ以上我慢すると漏れてしまうと割り切って使ってくれればよいですが、かたくなに拒否をすることもあるかもしれません。

あともう少しのところにトイレがあるということがわかっていれば我慢するのもよいかもしれませんが、あまりにも長時間我慢することは体にもよくありません。膀胱炎になる恐れもありますので注意してくださいね。

携帯トイレはお出かけのときにあると安心

車に乗って長時間移動するときには、万が一トイレに行きたいときのために携帯トイレを用意しておくと安心です。携帯トイレがあれば、子どもだけでなくパパやママがトイレに行きたくなったときにも車内で済ますことができます。

携帯トイレにはいろいろな種類がありますが、おしっこをした後に凝固剤をかけて固めるタイプが多いです。手を汚す心配も少ないですし、すぐに固めて袋を閉じてしまえばにおいがもれるということも避けられます。

うんちができるタイプもありますので、両方用意したり、どちらも利用できるものがあると安心です。携帯トイレは、使用した後にトイレに流せるものや燃えるゴミとして捨てることのできるものもあります。

手作りの簡易トイレを用意しておくのもあり

携帯トイレよりもさらに簡単に用意できるのが手作りの簡易トイレです。手作りということで、失敗するリスクやにおいが漏れてしまうリスクがあることもありますが、それでも辛い思いをして我慢するよりはましですよね。

簡易トイレを作るのにあるとよいアイテムが、プラスチック製の容器とビニール袋、おしっこを吸収するためのトイレットペーパーやタオルなどでしょうか。容器やビニール袋はサイズが大きいほうが失敗するリスクも少なくなります。

紙おむつがあると、おしっこをしっかりと吸収してくれますのでなおよいでしょう。簡易トイレが車の中に用意してあると思えば、気持ち的にも楽ですよね。

トイレは突然行きたくなります。もしものときのために用意しておきましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版