就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

こけしの由来や種類を知ろう!子どもたちが親しめる作品や体験教室も

こけしの由来や種類を知ろう!子どもたちが親しめる作品や体験教室も

近年、こけしは現代になじむデザインのものも多く販売されており、外国人にも人気の高いお土産として注目を集めています。そこで今回は、こけしの魅力を今一度知っていただくために、こけしの由来や誕生の経緯、産地ごとの特徴などについて紹介していきます。

こけしとはそもそもどんなもの?

女の子の顔が描かれた木製の人形

「こけし」と聞くと、「東北地方のお土産店や温泉宿泊施設などで販売されている木の人形」というイメージを持っているママが多いですよね。近年では海外からの旅行者のお土産としても人気の高いこけしですが、そもそもこけしとは何なのかご存知でしょうか。

こけしとは一般に、円筒状に削られた胴体に球形の頭につけて、女の子の顔を描いた、手足のない木製の人形のことをいいます。胴体のくびれや模様、顔の表情や髪の毛の描き方などは地域によって異なります。

一般的なこけしは、高さ10cm〜50cmくらい、太さ3cm〜10cmくらいのものが多く、2,000円ほどで購入できるものが多いですよ。なかには、マトリョーシカのようにこけしの胴から小さなこけしが出てくるものもあります。

昔は縁起物や子どものおもちゃだった

どこか神秘的で美しく、かつ可憐さも合わせ持ったこけしは、今や日本の各地で見られる伝統的な人形ですよね。

こけしと聞くと、素朴で可愛らしいイメージ、あるいは人を模した人形であることから、怖いイメージを持つ方もいるかもしれません。もともとはこけしの起源である東北において、以下のことを目的として江戸時代末期から作られるようになったそうですよ。

・天然痘などの病から子どもを守るための赤物(赤い染料が使われたお守り)

・ろくろを用いて茶碗などの木工品を作る職人(木地師)が、山の神信仰をもとにして作った子どものおもちゃ

・五穀豊穣を願った農民の祈り

・湯で病を治す、疲れをいやすという湯治の習慣により、温泉地に観光に来た客のお土産

伝統的なこけしだけでなく現代的なこけしも

一口にこけしといっても様々で、製作年代や製作方法などによって、以下の2種類に大きく分けられます。

・伝統こけし
作られ始めた当初の様式にしたがって作られたこけしのことで、製作される産地や形式、伝承経緯などによって、さらに細かく分類されます。頭と胴体を一体の木で作るもの、頭と胴体を別々に作成し、頭部の穴に胴体をはめこむものなど、実に様々です。

・新型こけし、創作こけし
京都や群馬などの、こけしの発祥地である東北地方以外の地域において普及したこけしのことを指します。手足がついたもの、アニメにちなんだキャラクターものもあります。伝統こけしの流れを受けながらも、それぞれの地域で発展してきた、オリジナリティの高い工芸品です。

こけしは全国各地で生産されている

宮城県を中心に東北地方はこけしが有名

宮城県内には有名な温泉地が数多くあり、農作業の疲れを癒す湯治の場として、古くから人々に親しまれてきました。

それぞれの観光地においてこけしはお土産品として重宝されたため、こけしを飾ったり子どものおもちゃとして与えたりする文化が、宮城県を中心とする東北地方において根づいたとされています。

こけしは江戸時代末ごろから作られはじめ、長きにわたって技術や特徴が代々伝えられてきました。とくに、鳴子系、遠苅田系、弥治郎系、作並系、肘折系、という宮城県の5系統に関しては、経済産業大臣より伝統工芸品の指定を受けています。

系統ごとに、由来や姿かたち、顔の描き方がやや異なるため、それぞれの魅力を楽しむことができますよ。

大きさや表情などの特徴も様々

伝統こけしにはその土地独特の特徴があり、大きくは10の系統に分類されます。同じ宮城県内のものでも地域によって大きさや表情などの特徴は様々です。

・弥治郎(やじろう)系
白石市の弥治郎という集落で作られるこけしのことです。頭は胴に対して大きめで、頭にベレー帽のようなろくろ模様(ろくろを回して入れた線の模様)、胴にも太い幅のろくろ模様があります。

・遠苅田(とおがった)系
遠刈田温泉を中心に作られています。三日月型の切れ長の目や、頭部から耳の横にかけての赤い線、菊や梅の模様が描かれています。

・鳴子(なるこ)系
鳴子温泉を中心に作られています。胴が太く安定感があり、首を回すとキュッキュッと音がします。重ね菊という写実的な模様も特徴的です。

お土産として女性や外国人にも人気が高い

日本各地で技術が伝承され、長年作り続けられてきたこけしですが、最近では若い世代や外国人を中心に人気を集めているようです。とくにこけしを愛好する女性は「こけし女子」という愛称で呼ばれており、こけしをインテリアとして集めたり飾ったりするなど、一大ブームを起こしています。

また、こけしは完全に日本発祥の人形であることから、海外で似たようなデザインのものは見られませんよね。日本独自の文化や歴史を象徴するお土産として、こけしは海外の人たちにも人気が高いようですよ。

近年では、こけしをオブジェとして自宅にコレクションする外国人が珍しくないほど、世界でもこけしは日本の代表的な伝統工芸品として浸透してきているのです。

子どもも親しみやすいこけし作品や教室も

かわいい雛こけしや便利な明かりこけし

目が細い独特の顔つきや黒色の髪、着物を連想させるデザインの伝統こけしも魅力的ですが、近代的なデザインや画期的な機能が加わった新しいタイプのこけしも人気です。

・明かりこけし
こけしといえば、床の間などに飾る木彫りの人形というイメージかもしれませんね。しかし明かりこけしの場合、横にすると自動的にライトが点灯する機能がついているため、災害時に活躍してくれます。震度3〜4程度の揺れでこけしが倒れ、自動的に光るよう設定されていますよ。

・雛こけし
伝統こけしの技術や描き方を取り入れて作られた雛人形のことです。木の温もりを感じられる、眼差しがやさしいので子どもが怖がらないなどの理由から、人気を集めています。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC